Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

上級者向け 受験マニアックス

2020年8月号 2021年度首都圏中学入試の変更点(第1弾:2020年4月〜6月発表分)

今号では、来年度の首都圏中学入試について、現時点で発表されている変更点をご紹介します。大勢が判明する秋頃に、第2弾をご紹介する予定です。

新設開校

2021年度に開校する学校をご紹介します。

【東京都私立:広尾学園小石川中学校】

2021年度より東京都文京区の村田女子高校が、校名を「広尾学園小石川中学校・高等学校」に変更して共学化し、中学校の募集を始めます。同校は、広尾学園と教育連携協定を結んで学校改革に取り組んでいて、新たな取り組みの一環としてのスタートです。広尾学園は、都内の城南地区や神奈川県からの通学に便利な一方、都内北部~埼玉県や千葉県からは通学に時間がかかる立地にあります。こうした通学に時間のかかる地域の生徒たちにとって、広尾学園小石川は今までよりも通いやすい学校となるでしょう。

教育内容は「広尾学園と同等、同質の教育」を実施します。入学時点で本科コースとインターナショナルコースの2コースを設定、インターナショナルコースはさらにAG(アドバンストグループ)、SG(スタンダードグループ)の2つのグループができます。本科は日本の難関大学進学を実現していくコース、インターナショナルAGは主に英語圏からの帰国生やインターナショナルスクール出身者、英検準一級程度の英語力を持っている生徒のグループ、SGは英語初学者のグループとなっています。定員は1学年120名で、本科は40名、インターナショナルコースAG、SG各40名の募集です。1学年240名募集の広尾学園よりも小規模で、インターナショナルコースの定員の方が多いため、広尾学園と少し雰囲気が変わるかもしれません。コースやクラス編成は分かれていますが、クラブ活動や学年行事などは一緒に活動していくため、垣根をつくらず相互刺激でお互いに刺激し合う環境づくりを目指しています。また、広尾学園にある医進・サイエンスコースはキャパシティの面で広尾学園小石川には設置しませんが、希望する生徒には医進・サイエンスコースの取り組みにも参加できるようにするとのことです。

【埼玉県公立中高一貫校:川口市立高等学校附属中学校】

2018年に市立川口、市立県陽、川口総合の3校が統合して生まれた川口市立高校に、新たに中学校が併設されます。中高6年間を「フェーズ1 基礎・体験(中1・中2)」「フェーズ2 探究・実践(中3・高1)」「フェーズ3発展・挑戦(高2)/飛躍・敢為(高3)」の3期に分けて教育内容を編成します。1、2年次は1クラス30名未満と少人数のクラス編成となっており、フォローアップに重点を置くとのことです。高校からは高校入学者と内部進学の生徒をそれぞれ別カリキュラム、別クラスにして、本格的な中高一貫校を目指しています。東京都や埼玉県の私立中学校との併願を強く意識しており、入学手続きの期日も都内私立進学校の動向に合わせたスケジュールになっています。出願資格としては、川口市在住が条件となっていますので、川口市以外からは、残念ながら出願できません。

大きく変わる学校

共学化やコース制実施など、大きく変わる学校をご紹介します。

【共学化】
芝浦工業大学附属中学校

2017年に板橋区から江東区豊洲に移転して、芝浦工業大学附属中学校に改称、長らく男子校でしたが、高校入学のみ女子の募集を開始しました。男子校として人気の高い学校でしたが、女性の技術者・研究者や、理工系のマインドを持って文系に進学する人材の育成を目指し、いよいよ2021 年度からは中学からも女子を募集し、共学化することになりました。

光英ヴェリタス(VERITAS)中学校(現:聖徳大学附属女子中学校)

2021年4月より中高ともに共学化して校名を光英ヴェリタス中学・高等学校に改称して新たにスタートします。「理数サイエンス」と「英語グローバル」を2大教育コンテンツに位置づけて、進学校としての内容の充実を打ち出していきます。

【新規コース実施】
昭和女子大学附属昭和

中3から設置されていたスーパーサイエンスコースが、2021年度より中1からの募集へと拡大されることになります。既存の本科・グローバル留学コースとは別定員の募集となります。もともとスーパーサイエンスコースは理数系分野に関心のある生徒のために設置したコースで、1期生は現在の高2にあたります。これから理数系分野、特に科学や生命倫理、情報系に力を入れていくと思われます。2020年度の入試ではとても人気が高かったため、一気に難化している学校のため、来年度の動きに注目されます。

【開智中高一貫部】

これまで先端クラスと一貫クラスの2コース制として募集を行ってきましたが、2021年度から一貫クラスを募集停止として先端クラスに統一、新たに先端クラス内に、将来の希望に合わせて4つのコースに分けて設置します。4つのコースは先端ITコース、先端GBコース、先端MDコース、先端FDコースとなります。先端ITコースは、主に国公立、早慶などを目標にしています。先端GBコースはグローバルな世界での活躍や、これからの社会での新しい方向性に挑戦しようとする生徒が対象で、英語に重点を置いたコースとなります。先端MDコースは、医師や歯科医師、薬剤師、獣医師などを希望する生徒が対象で、医学の基礎となる教科内容や医療従事者としての意識や姿勢を学ぶ取り組みが行われます。先端FDは、将来何をしたいか、これから考える生徒が対象のコースです。幅広い分野で探究の取り組みを実践します。
1・2年次は各コースとも主要教科のカリキュラムは共通していて、習熟別の学習も従来通りですが、コースによって総合的な学習の時間の取り組みや行事などに違いがあります。このため、入学段階でのコースの選択は原則希望制となっています。

【江戸川女子中学校】

早くから実践的な英語教育に取り組み、海外語学研修の実施では先駆的存在だった江戸川女子ですが、2021年度より、さらに英語教育をブラッシュアップさせた国際コースを中1から新設します。入学時点で英検3級以上の英語力を持つ生徒はスタンダードクラス、英検2級以上の英語力を持つ生徒はアドバンストクラスに分かれます。英検2級レベルの英語特化型入試の合格者は全員国際コースに入学します。普通入試の場合でも、英検3級以上取得、もしくは学校独自で実施される英語チャレンジテストに合格すれば、国際コースに入学できます。また一般コースに入学後でも基準を満たせば、国際コースへの移動も可能ということです。蓄積してきた英語教育のノウハウを生かし、英語を自在に使いこなして活躍する人材の育成に力を入れていきます。

【佼成学園】

2021年度よりグローバルコースが中1から新設されます。目標として海外大学進学を目指していくということです。通常の入試のほかに、英語に特化した入試で募集していきます。グローバルコースの特徴として、グローバルな視点、マインドを育成するため、徹底的な海外体験の実施が挙げられます。単に英語ができるだけでなく、さまざまなことに取り組む時の発想そのものがグローバルであることを目指していて、新規の起業提案を作成し、アメリカで現地の投資家へのプレゼンテーションを行うなどの活動を通して、グローバルに活躍できる起業家の育成を目指していきます。

【駒込】

本科と国際先進の2コース制でしたが、2021年度から国際先進コースに統一、その中でグレード別にクラスを編成します。高校段階では理系先進、国際教養、S(難関大学進学目標)の目標別3コースに分かれますが、中高一貫生は中学段階から国際先進に統一されますので、「Society5.0志向」の学びを実践することになります。「Society5.0」とは、内閣府が将来の日本の姿として目指しているもので、サイバー空間(仮想空間)と、フィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立しようとする社会です。

【北鎌倉女子学園】

元駐米大使の理事長先生、開成中高の元校長の学園長先生が改革を進めています。
普通コースと音楽コースの2コース制の学校で、2021年度から普通コースを先進コースとします。これからの大学入試に柔軟に対応できる教育システムの整備や、英語教育の抜本的な強化として、地域に根ざした取り組みと組み合わせた「鎌倉で開くとびら」プロジェクト、考古学ワークショップなどの取り組みも実践します。また、音楽コースも音楽校舎もリニューアルしてレッスンの環境が大きく改善されています。

新たなタイプの入試を実施する学校

【江戸川学園取手】

適性検査型入試を新設します。来年開校する土浦第一の併願受験生をターゲットにしていると思われます。

【啓明学園】

英語1科入試を新設します。

【昭和学院をはじめ、算数1科入試を実施する学校の増加】

適性検査型入試を実施していた学校の中で、新たな切り口として算数1科入試を始める傾向が見られます。昭和学院では、算数1科入試の新設に加え、オンライン入試の導入も予定されています。しかし、現時点では、まだ具体的な方法などは決まっていません。

2020年4月〜6月に発表された変更点一覧

現段階(2020年7月時点)で判明している2021年度首都圏中学入試の変更点一覧をご紹介します。神奈川大学附属中のように入試日程を大きく変更する学校も出ています。



[筆者紹介]

首都圏中学受験・高校受験に関わるようになって○十年。現在でも多くの私立学校説明会やイベント、研究会などに顔を出し、日々私立学校の情報を収集・発信している。

一覧に戻る

ページトップ