Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

上級者向け 受験マニアックス

2021年7月号 2022年度首都圏高校入試の変更点(公立・私立)(第1弾:2021年4月〜6月発表分)

今号では、来年度の首都圏公立・私立高校入試について、現時点で発表されている変更点をご紹介します。大勢が判明する秋頃に、第2弾をご紹介する予定です。

公立高校の選抜日程

首都圏各都県の選抜日程が発表されましたので、まとめてご紹介します。

東京都

★推薦による選抜

項目 日程
願書受付日 2022年1月12日(水)~17日(月)郵送必着
実施日 2022年1月26日(水)・27日(木)
合格者の発表 2022年2月2日(水)

★学力検査等による選抜(一般入試)

第一次募集および分割前期募集 分割後期募集および第二次募集
項目 日程 日程
願書受付日 2022年1月31日(月)~2月4日(金)郵送必着 2022年3月4日(金)窓口
実施日 2022年2月21日(月) 2022年3月9日(水)
合格者の発表 2022年3月1日(火) 2022年3月15日(火)
★分割後期募集は、あらかじめ定員の一部を割り振って必ず実施されるのに対して、二次募集は、一次募集を終えて定員に満たない場合に実施されます。
  • 2022年度もインターネット出願が試験的に実施されます(2021年度は立川高校で実施)。この場合の出願日程は今後別途定めます。
  • インフルエンザ等対応の追検査は分割後期募集・第二次募集の日程で、追検査が受検できなかった場合のさらなる追検査は3月22日出願、25日が検査実施、28日合格発表です。
  • 推薦入試では原則として集団討論が実施されますが、2021年度は新型コロナウイルス感染症対策で中止されました。2022年度も集団討論は実施されません。
神奈川県
共通選抜 募集期間 2022年1月25日(火)~27日(木)は郵送のみ
28日(金)・31日(月)・2月1日(火)は窓口
志願変更 2022年2月4日(金)・7日(月)・8日(火)
学力検査 2022年2月15日(火)
面接・特色検査 2022年2月15日(火)・16日(水)・17日(木)※1
追検査 2022年2月21日(月)・22日(火)・24日(木)※2
合格者の発表 2022年3月1日(火)
定通
分割選抜
募集期間 2022年3月3日(木)・4日(金)
志願変更 2022年3月7日(月)・8日(火)
学力検査 2022年3月11日(金)
面接・特色検査 2022年3月11日(金)・14日(月)※1
合格者の発表 2022年3月18日(金)
二次募集
(全日制)・追加の検査※3
募集期間 2022年3月3日(木)・4日(金)
志願変更 2022年3月7日(月)・8日(火)
学力検査 2022年3月10日(木) 面接実施の学校あり
合格者の発表 2022年3月16日(水)
★二次募集は、全日制では共通選抜を終えて定員に満たない場合に実施されます。
  • クリエイティブスクールおよびインクルーシブ教育実践推進校特別募集は学力検査を実施せず、面接・自己表現活動です。
  • 1 学校によって異なります。
  • 2 原則2月21日、一部に22日や24日の場合もあります。
  • 3 新型コロナウイルス感染症対応の追加の検査は出願や志願変更はなく、3月10日の検査と16日の発表のみ。
千葉県
入学願書等の提出期間 2022年2月9日(水)・10日(木)・14日(月)
変更受付期間 2022年2月17日(木)・18日(金)
学力検査等の期日 第1日目 2022年2月24日(木) 学力検査国数英
第2日目 2022年2月25日(金) 学力検査理社 各高校で定めた検査実施
《面接・集団討論・自己表現・作文・小論文・適性検査・学校独自問題・その他の検査など》
追検査受付期間 2022年2月28日(月)・3月1日(火)
追検査の期日 2022年3月3日(木)
入学許可候補者の発表 2022年3月7日(月)

第2次募集(地域連携アクティブスクールを含む。通常の全日制では欠員が出た場合のみ実施)

入学願書等の提出期日 2022年3月10日(木)
変更受付期日 2022年3月11日(金)
学力検査等の期日 2022年3月15日(火) 学力検査、必要に応じて各校が定めた面接等
入学許可候補者の発表 2022年3月17日(木)
埼玉県
出願期間 2022年2月10日(木)・14日(月)・15日(火)
2月10日は郵送のみ受け付け
志願変更 2022年2月17日(木)・18日(金)
学力検査 2022年2月24日(木)
面接・芸術系の実技検査等 2022年2月25日(金)実施校のみ
入学許可候補者発表 2022年3月4日(金)
追検査 2022年3月7日(月)
追検査入学許可候補者発表 2022年3月9日(水)
  • 当初の予定を変更、郵送専用の出願日程を追加し、新型コロナウイルス罹患に備えて追検査を通常の合格発表の後に変更、合格発表も別途設定。

【公立・私立高校】大きく変わる学校

共学化、コース制の改編など、大きく変わる学校を紹介します。その他の学校にもコース改編をはじめ、いろいろな変更点があります。変更点については付録の「2021年4月~6月に発表された変更点一覧」をご覧ください。また、変更点はまだまだ増えると見込まれますので、志望校のウェブサイトはときどき確認するようにしてください。

公立高校
東京都
  • 足立地区チャレンジスクール(仮称)
    荒川商業跡地に2022年度「足立地区チャレンジスクール(仮称)」が開校予定です。定時制ですが、朝・昼・夕と全日制と同じような感覚で通うことができ、どちらかというと学び直しに主眼を置いた学校となっています。

  • 立川
    2022年度に「理数に関する学科」が新設されます。進学指導重点校のため、レベルも高水準となります。推薦入試は男女合同定員になり、出願時に科学的な取り組みに関するレポート、研究実績報告書として提出することになっています。

  • 両国、大泉
    2022年度から高校募集を停止します。東側の地域の代表的な進学校だったため、両国のレベルを求めていた受験生は日比谷など隅田川の西側に向かっていくと思われます。

  • 五日市
    2022年度から「ことばと情報」コースを通常の普通科に転換します。

  • 田柄
    2022年度から「外国文化」コースを通常の普通科に転換します。実質的には普通科の募集定員を増やすということになります。

神奈川県
  • 横須賀工業
    2022年度から建設科を新設予定です。

  • 海洋科学
    2022年度から一般コース・船舶運航コースを船舶運航科・水産食品科・無線技術科・生物環境科に改編します。どちらかというと海洋科学というより水産業のイメージが強くなるような改編です。

千葉県
  • 佐倉南
    2022年度から「サンスクール」に転換します。足立地区チャレンジスクールと同じように、学び直しに主眼を置いて、午前や午後など自由に選択して授業を受けることができる学校になります。

  • 市立稲毛
    2022年度から中等教育学校へ移行、中学段階の募集定員が80名から160名に拡大します。また、高校募集定員を削減、2025年度から高校募集停止します。途中で国際教養科は発展的解消となりますが、募集停止年度は未定です。

埼玉県
  • 市立大宮北
    2022年度から普通・理数とも学校選択問題に切り替えます。

私立高校
共学化
  • サレジアン国際学園
    星美学園は2022年度から共学化し、校名を「サレジアン国際学園」に変更します。高校はグローバルスタディーズコースと本科クラスの2コース制で、グローバルスタディーズコースは長期・短期の海外留学プログラムが前提となります。本科クラスは「個人研究」に力を入れた探究の取り組みを充実させ、大学入試改革での総合型選抜や推薦入試にも対応するほか、一般入試対策も行っていきます。

上位コースを新設・強化する改編
  • 朋優学院
    最難関大学目標の国公立TGコースを新設します。推薦入試はなく、一般入試は5教科になります。

  • 自由ヶ丘学園
    複雑な改編となります。特別選抜PGコースはPGプログレス(国公立・難関私大)コースに変更、特別選抜ADコースはILA国際教養コースとSTEAM理数コースに分離します。選抜進学GコースはGIグローバルイノベーションコース、選抜進学SRコースはSRサイエンスリサーチコース、選抜進学ASコースはASアスリートサイエンスコース、選抜進学FコースはHS文理(ヒューマニティ&サイエンス)コースとします。総合進学Fコースは募集を停止します。

  • 秋草学園
    特選コースSクラスを新設します。特進選抜コースは特選コースAクラス、進学選抜コースは選抜コースに、進学コースはAGコースに、幼児教育・保育進学コースは幼保コースに変更します。

  • 湘南学院
    サイエンス(特進理数)コースを新設します。国公立アドバンスクラスとアドバンスクラスは統合してアドバンス(特進)コースとし、選抜スタンダードクラスはアビリティ(進学)コース、スタンダードクラスはリベラルアーツ(総合)コースに改編します。

新学習指導要領に合わせたコース改編

高校の新学習指導要領が2022年度の入学生から順次スタートし、従来よりも思考力や表現力を重視した教育課程になりますが、この動きに合わせた変更を紹介します。

  • アレセイア湘南
    現在設置している特進選抜、特進、進学の3コースを、特進と探求コースの2コース制に改編します。なお同校に確認したところ、「探究」ではなく、あえて「自ら求める」と言う意味を込めた「探求」にしたとのことです。

  • 昭和第一学園
    工学科の募集を停止、総合進学コースは総合進学コース文理進学クラスとし、別途総合進学コース探究クラスを新設します。

  • 工学院大附属
    ハイブリッドサイエンスコースとハイブリッド文理先進コースを統合して先進文理コースとし、ハイブリッド文理コースは文理コースに変更、ハイブリッドインターナショナルコースはインターナショナルコースに変更します。なお、コースによって一般入試の科目に英数理などもありましたが、国数英に統一されます。

  • 十文字
    スーパー特選コースと選抜コースを統合して特選コースとし、進学コースはリベラルアーツコースします。別途自己発信コースを新設します。

  • トキワ松学園
    特進コースと進学コースを統合し文理探究コースアドバンスト・スタンダードクラスとします。美術デザインコースに変更はありません。

  • 共立女子第二
    英語コース新設をします。また、現在設置しているAPクラスが特別進学コース、Sクラスが総合進学コースとなります。更に高校2年次からの選択で共立女子大への内部進学を前提とした共立進学コースを作ります。

2021年4月~6月に発表された変更点一覧

現段階(2021年7月時点)で判明している2022年度首都圏高校入試の変更点一覧をご紹介します。



[筆者紹介]

首都圏中学受験・高校受験に関わるようになって○十年。現在でも多くの私立学校説明会やイベント、研究会などに顔を出し、日々私立学校の情報を収集・発信している。

一覧に戻る

ページトップ