Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年11月号

大学合格力強化計画

関東学院中学校

3つの軸で真の学力を伸ばす
キャリア教育

高1生は、探究活動の一環で「横浜学 横浜ロゲイニング」を実施。横浜の街でSDGs的課題を探し、写真と文章で表現します。

高1生は、探究活動の一環で「横浜学 横浜ロゲイニング」を実施。横浜の街でSDGs的課題を探し、写真と文章で表現します。

「STREAM」を
教育の根底に置く

 21世紀型の教育として「STEM教育(科学・技術・工学・数学の4分野を重視する教育)」が提唱されることが多くなっていますが、同校が提唱するのは、「STREAM」です。STEMに、芸術・教養(Art/liberal Art)を加え、EにEnglishの意味をこめ、さらに同校の建学の精神であるキリスト教、すなわちReligionのRを置いています。

 STREAMを根底に、将来の夢を実現するためのキャリア教育を行っています。そうすることで、一人ひとりが自分の未来の設計図を描けるようになり、大学合格力も高まります。

 キャリア教育について、地歴科教諭の新堀雄介先生にお聞きしました。

「キャリアを探究するには、自分を知ること、社会を知ること、大学を知ることの3つをらせん状に描きながら高めていくことが求められます。
 自分の適性ややりたいことを見つめ、将来社会でどのようにしていたいか、そのためには、どの大学で何を学ぶとよいかを考ます。中高6年間で多くの経験に出合い、視野を広げていくことでよい選択ができ、モチベーションを高く保った状態で勉強を進めていけるのです」

企画・探究活動・教科指導を
3つの軸とする

 同校のキャリア教育には3つの軸があります。

 1つめは、社会や大学を知るためのさまざまなイベントや企画です。2020年7月には30校近くの大学を招いて高校生全生徒を対象に大学の説明や模擬講義を受ける出張オープンキャンパスが実施されました。ほかにも、高2生が関東学院大学に行き、講義や研究室の体験をする「知のフロンティア」、中2生から高3生までの生徒を対象とする職業体験学習などが行われています。

 2つめは、「総合的な探究の時間」に行う探究活動です。高1で林業従事者の方や地域医療に従事している方など、社会で活躍する人に触れたり、街で課題を探したりして興味や課題を見出し、高2で課題を解決に導くための方法論を学びます。高3ではそれらを踏まえてそれぞれの研究計画書にまとめ、発表します。この行程を経て、自分がやりたいことがより現実的に描けるようになり、大学進学やその先の将来についても具体的に考えられるようになります。

 3つめは、教科での指導です。中学の3年間では、参加型授業を重視し、発信力を養います。英語は授業数を多くとり、ベルリッツメソッドの導入、ネイティブ教員による指導など、4技能をバランスよく伸ばすことに力を入れています。

「中学で基礎力をしっかりつけているので、高校では、理科や社会科の科目にじっくり取り組むことができます。受験勉強の中で、理科や社会科の科目は、高3になってからあわてて取り組みがちですが、本校では早い時期からこれらの科目にも取り組んでいるので焦りがありません」

教員が工夫した
オリジナル教材

 教科の指導では、多くの教科で、オリジナル教材が使われているのも特筆すべきことです。新堀先生も世界史の授業で独自の教材をつくっています。

「世界史が苦手な生徒をなんとかしたいという思いから、1回ごとの授業内容を整理して理解しやすくなるプリントをつくったのがきっかけです。今は、過去の入試問題で頻出する語句を分析し、重要度の高い語句を覚えられるようなプリントを用意しています。生徒のレベルに合わせて異なる種類のものを作成しており、共通テスト対策としても役立つものです」

 こうした工夫はほかの教科でも取り入れられており、生徒は学校の授業をしっかり受け、自分の勉強で補完することで大学合格に必要な学力を身につけられます。予備校の講師を招き講座を設けて受験指導をしている高校もありますが、同校では、受験指導もすべて教員が携わり完結させています。生徒の個性を最もよく知る先生方の指導により、今後さらに大学合格力が強化されることが期待されます。

2022年度 進学実績(抜粋)
(既卒生を含む)
学名 人数




神奈川県立保健福祉大学 1
電気通信大学 3
東京藝術大学 1
東北大学 1
名古屋市立大学 1
横浜市立大学 1
横浜国立大学 3
学名 人数



関西学院大学 3
慶應義塾大学 7
学習院大学 5
国際基督教大学 1
上智大学 5
青山学院大学 14
早稲田大学 6
中央大学 14
東京理科大学 9
法政大学 12
明治大学 12
立教大学 15
立命館大学 1
近畿大学 1
國學院大学 7
東京都市大学 10
東京農業大学 9
玉川大学 10
駒澤大学 4
工学院大学 1
芝浦工業大学 9
神奈川大学 15
成城大学 6
成蹊大学 7
専修大学 9
東海大学 34
東京電機大学 3
東洋大学 20
日本大学 28
明治学院大学 24
関東学院大学 22
指導力と面倒見のよさが特徴
地歴科教諭 新堀雄介 先生地歴科教諭
新堀雄介 先生

 生徒の受験対策の指導を教員が進んで行っているのが本校の特徴です。難関大を志望する生徒を対象とした論述指導や、早朝の補習など、生徒の希望を受けて教員が自主的に実施しています。教員は生徒一人ひとりのレベルや個性に合わせ、いつどのようなことを勉強したらよいかなど、きめ細かく指導をしています。

 本校では、ベルリッツメソッド、探究活動など、早くからいろいろな試みを実施してきましたが、これらの体制が確立して、これから大きな成果として実を結ぶと考えています。

(この記事は『私立中高進学通信2022年11月号』に掲載しました。)

関東学院中学校  

〒232-0002 神奈川県横浜市南区三春台4
TEL:045-231-1001

進学通信掲載情報

【キャリア教育の現場から】「働くとは何か」 根源から考える講座を開講
【大学合格力強化計画】3つの軸で真の学力を伸ばす キャリア教育
【キャリア教育の現場から】「働くとは何か」を根源から考える講座を開講
【注目! News and Topics】「OLIVE STREAM」を合言葉に100年の伝統を今に伝える
【制服物語】主体性を重視し 伝統と先進性を兼ね備えた制服
【実践報告 私学の授業】絵から言葉を紡ぐ国語の探究授業
【生徒に聞く学校生活】生徒それぞれの個性を大切にする校風
【未来を切り拓くグローバル教育】生徒が英語を使いたくなる3つの英語の授業を連携
【私学の光輝】生徒の心の中にしっかりと根付くキリスト教教育
【私学の英語最前線】3形態の授業の相乗効果が4技能を効果的に伸ばす
【SCHOOL UPDATE】クリスマスツリー点灯式 キリスト教の「奉仕の精神」で共生社会に貢献する人間性を育む
【本音で語る保護者座談会】生徒一人ひとりに向き合いやりたいことを尊重する手厚いサポート
【未来を切り拓くグローバル教育】使うことで伸びる英語力授業に“実践”の場を提供
【目標にLock On!! 私の成長Story】まずはやりたい気持ちを発信そうすれば道は自ずと拓ける!
【その先に備える キャリア教育】同窓 次代を担う人間性豊かな人材を「同窓」で結ばれた絆が支える
【熱中!部活動】【ダンス部/バドミントン部】生徒の自主性を原動力に伝統を創り、受け継ぐ
【SCHOOL UPDATE】部活動を通した社会貢献 音楽を通して地域や社会に貢献
【グローバル時代の学び方】グローバル社会に触れ気づきを得る海外研修
【The Voice 校長インタビュー】学外にも活躍の場を広げ 21世紀を生き抜く調整力を育む
【Students' Chat Spot】キリスト教精神のもと「人になれ 奉仕せよ」の校訓を掲げ 他人との関わりを大切にした教育
【大学合格力強化計画】基礎学力定着のための地道な努力と体験型学習で着実に伸びる合格実績
【学校生活ハイライト】徹底したマンツーマンの英語研修で豊かな国際感覚を身につける
【大学合格力強化計画】着実な伸びを示す大学合格実績 起点は2008年導入の新カリキュラム
【Students' Chat Spot】ユニークな行事が盛りだくさん 関東学院の魅力
【部活レポート】マーチングバンド部発祥の伝統校 華やかな演奏で観客をわかせます!
進学通信 2022年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ