Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年神奈川版

キャリア教育の現場から

関東学院中学校

「働くとは何か」
根源から考える講座を開講

生徒自身が自分の将来を見据え、やりたいこと、働くことを1年間にわたり見つめる新たな講座が始動しました。
清水徹也さん(「たら×れば」代表)清水徹也さん
(「たら×れば」代表)

 自分のもつ力を他者とともに用いる人間の育成を掲げる同校。中高一貫6年間のプログラムを通して、その土台となる「自分を知り、他者を知る」「自分と社会との関係に気づく」「目標を定め、進路を拓く」という3つのステージを設定しています。その3ステージを深化させるべく、これまで数多くの希望制講座を開講してきた同校に、2022年4月から新たな講座が加わりました。それが中3~高3の希望者を対象に、生徒自らが将来のキャリアを根源から考える講座「考働学」です。

 授業を担当するのは、同校OBで生涯教育支援サービス「たら×れば」代表の清水徹也さん。大学在学中に起業する一方、広告代理店にも勤務して数々の企業PRを手がけている清水さんが提唱する「考働学」とは、「将来を考え、働くを学ぶ」というキャリアをテーマにした中高生向けの新しい学びです。

「この講座の根幹は、『働くとは何なのか』を生徒たちとともに真剣に考えることにあります。我々講師が何かを教えるというよりは、生徒たちに考える時間をもってもらい、1年間25回の講座を通じて、自分のキャリア選択を言語化できるようにすることを重要視しています」

 取材に訪れたのは、体験授業となる講座の初回。隣の席の生徒同士での対戦型ゲームやRPGを模したオリジナルゲームを織り込みながら、「将来やりたいことは何ですか?」「“働く”とは何だと思いますか?」「“働く”ことはポジティブorネガティブ?」などの問いかけが次々となされていきます。

「大切なのは考える力です。今日参加した生徒たちのなかにも、将来やりたいことが複数あって、どちらに進めばよいのかわからない生徒がいました。それは大人が教えることではなく、答えは彼ら彼女らの内に眠っています。それを自分で掘り起こし、考えるヒントを与えるのがこの講座です。
 また、中高生は憧れの職業はあっても、その仕事への具体的なイメージが少ないことが大半ですから、実際に就職したときに、抱いていたイメージと違うことも起こりえます。そんなケースがある可能性を知っておくことは大切ですし、生徒たちが将来のキャリア形成に関するリスクや正しい認識を持ったうえで、大学に進学できるようにしたいと考えています」

 コミュニケーションの基礎能力、就業体験、社会人との交流などで構成される全25回の講座の最終回に、改めて「働くとは何なのか?」という質問をしますと生徒たちに伝えた清水さん。

「キリスト教の理念が身についている関東学院の生徒たちは、考える軸をもっています。講座の最終回に同じ質問をするときには、より具体的な回答となるだけでなく、自分のキャリアについて一つの答えを見つけているでしょう」

「関東学院戦記」と名付けられたRPGタイプのゲーム。
授業では毎回、その日のテーマを生徒が楽しく直感的に学ぶためのオリジナルゲームが多数用意されています。

この日は、中3=4人、高1=6人、高2=18人が参加。学年もクラスも異なる生徒2~6名がグループとなり、ゲームやお互いが記入したワークシートを見せ合いながら、考えたことについて対話を重ねていきます。この日は、中3=4人、高1=6人、高2=18人が参加。学年もクラスも異なる生徒2~6名がグループとなり、ゲームやお互いが記入したワークシートを見せ合いながら、考えたことについて対話を重ねていきます。
人生における働く時間、家事と仕事の違い、人生で転職ができる回数など、楽しくなごやかな雰囲気ながら、大人でもハッとするような命題を先生と生徒が一緒に考えていきます。人生における働く時間、家事と仕事の違い、人生で転職ができる回数など、楽しくなごやかな雰囲気ながら、大人でもハッとするような命題を先生と生徒が一緒に考えていきます。
「働くとは何なのか」を記入するシート。意見を見せ合うことで、自分にない他者の考えに気づきます。「将来やりたいこと」の回答では、職業はもちろん、「城を建てたい」「長生き」など回答も千差万別。「働くとは何なのか」を記入するシート。意見を見せ合うことで、自分にない他者の考えに気づきます。「将来やりたいこと」の回答では、職業はもちろん、「城を建てたい」「長生き」など回答も千差万別。
社会人OBとの対話やビジネスコンテストで
将来のキャリアを考える

「考働学」講座は前期12回、後期13回の全25回。カリキュラムは、大きく3パートに分けられます。

「最終的に生徒たちがキャリアに関して、『これでいい』ではなく、『これがいい』と自分なりの答えを決めることをゴールとしています。将来、別の道に進むとしても、一つの答えを中高年代に出すことで、後に自分のキャリア形成を考え、職業を選択していく際にも基点として振り返ることができます。

 世の中にどういった業種や職種があるかを知識として学ぶことはもちろんですが、文字上の情報として知るのではなく、生きた知識を身につけてほしいと考えています。そのために講座の後期では、さまざまな分野で活躍している卒業生をゲストにお迎えして、対話の時間を設ける予定です。つたない言葉でも自分の知りたいことを聞き、考えをまとめながら話すことが重要です。

 また、生徒たちがキャリアを意識しやすいのは、働くことを体験したとき。そこで講座の中期では、ビジネスコンテストに参加します。一つのビジネスを動かすことで、顧客像、商品価格をはじめ、製造費や人件費、宣伝方法や広告費、自分がどれくらいの生活レベルの給料を得られるのかなどがわかり、実社会に対する興味がわき、自分の立っているポジションが見えてきます。

 その前段として講座前期では、プレゼンテーションなどコミュニケーションを学ぶグループワークを行いますが、ただ教えて終わりということではありません。身につけたことで自分が望むキャリアを実現する、その先が見えてくるものにしたいと考えています」(清水さん)

体験授業に参加しました!
Yさん(中3)

コミュニケーションの学びで大事なプレゼンテーション能力を身につけたいと思い、参加しました。進路についてはまだ悩みもありますが、働くことを意識するきっかけになる授業だと感じました。

Zさん(中3)

将来の目標は獣医と決めていますが、働くことを考える参考になりました。対戦型の迷路ゲームは、何もない状態からゴールにたどり着く行程が人生に例えられていて、面白かったです。

Iさん(高1)

仕事でも仕事以外でも将来やりたいことがありすぎて、決めかねています。文理選択も来年に近づいてきて、自分のやるべきことをはっきりさせたいという思いから参加しました。先生ともいろいろお話ができ、貴重な時間となりました。

(この記事は『私立中高進学通信2022年神奈川版』に掲載しました。)

関東学院中学校  

〒232-0002 神奈川県横浜市南区三春台4
TEL:045-231-1001

進学通信掲載情報

【キャリア教育の現場から】「働くとは何か」 根源から考える講座を開講
【大学合格力強化計画】3つの軸で真の学力を伸ばす キャリア教育
【キャリア教育の現場から】「働くとは何か」を根源から考える講座を開講
【注目! News and Topics】「OLIVE STREAM」を合言葉に100年の伝統を今に伝える
【制服物語】主体性を重視し 伝統と先進性を兼ね備えた制服
【実践報告 私学の授業】絵から言葉を紡ぐ国語の探究授業
【生徒に聞く学校生活】生徒それぞれの個性を大切にする校風
【未来を切り拓くグローバル教育】生徒が英語を使いたくなる3つの英語の授業を連携
【私学の光輝】生徒の心の中にしっかりと根付くキリスト教教育
【私学の英語最前線】3形態の授業の相乗効果が4技能を効果的に伸ばす
【SCHOOL UPDATE】クリスマスツリー点灯式 キリスト教の「奉仕の精神」で共生社会に貢献する人間性を育む
【本音で語る保護者座談会】生徒一人ひとりに向き合いやりたいことを尊重する手厚いサポート
【未来を切り拓くグローバル教育】使うことで伸びる英語力授業に“実践”の場を提供
【目標にLock On!! 私の成長Story】まずはやりたい気持ちを発信そうすれば道は自ずと拓ける!
【その先に備える キャリア教育】同窓 次代を担う人間性豊かな人材を「同窓」で結ばれた絆が支える
【熱中!部活動】【ダンス部/バドミントン部】生徒の自主性を原動力に伝統を創り、受け継ぐ
【SCHOOL UPDATE】部活動を通した社会貢献 音楽を通して地域や社会に貢献
【グローバル時代の学び方】グローバル社会に触れ気づきを得る海外研修
【The Voice 校長インタビュー】学外にも活躍の場を広げ 21世紀を生き抜く調整力を育む
【Students' Chat Spot】キリスト教精神のもと「人になれ 奉仕せよ」の校訓を掲げ 他人との関わりを大切にした教育
【大学合格力強化計画】基礎学力定着のための地道な努力と体験型学習で着実に伸びる合格実績
【学校生活ハイライト】徹底したマンツーマンの英語研修で豊かな国際感覚を身につける
【大学合格力強化計画】着実な伸びを示す大学合格実績 起点は2008年導入の新カリキュラム
【Students' Chat Spot】ユニークな行事が盛りだくさん 関東学院の魅力
【部活レポート】マーチングバンド部発祥の伝統校 華やかな演奏で観客をわかせます!
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ