Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年8月号

Students' Chat Spot

共立女子第二中学校

広大な敷地が自慢!自然豊かな環境で過ごす学校生活

自然豊かな環境で、女性の自主性と社会的自立を育み続けてきた同校。PR委員会に所属している中2生の5人に、同校の魅力について語っていただきました。

Hさん(中2)

野外研究部では、散歩を楽しんでいます。得意科目は数学です!

Kさん(中2)

サッカー部に所属。球技全般が得意で、バスケやバレーボールも好きです。

Sさん(高1/副会長)
Yさん(中2)

キャンプなどアウトドアが趣味。野外研究部でも積極的に活動しています。

Sさん(高1/副会長)
Sさん(中2)

読書が好きで、たくさんの本がある図書館がお気に入りスポットです。

Sさん(高1/副会長)
Oさん(中2)

学校では、友達と好きなことについておしゃべりする時間が大好きです。

――PR委員会とは何ですか?

Kさん
有志による、学校のPR活動を担う委員会です。高校生も一緒に活動しています。

Sさん
1年ごとに継続するかどうかを決められるのですが、気づけば今年も全員が続けていました(笑)。

Oさん
学校説明会などでの活動もあります。高校生の先輩方が司会を務め、中学生3人によるパネルディスカッションを行い、学校の魅力について参加者に話しました。

――学校の好きなところを教えてください

Sさん
校舎がきれいなところです。あとは図書館がお気に入り。静かで落ち着ける場所なんです。

Kさん
私は運動が好きなので、体育館やグラウンドです。広々としているので、部活動も練習しやすいんですよ。

Yさん
敷地内に緑がいっぱいある自然豊かな環境が好きです。心が落ち着くんですよね。

Hさん
私は、パン屋さんがくる日が楽しみです。社会福祉法人の方々によるパンの販売が、月・水と週2回あります。今年5月から始まったのですが、初日は生徒が押しかけてちょっとした騒ぎになるほどの人気ぶりでした。豚キムチパンが特においしいです!

Oさん
私は趣味が合う子とたくさん出会えた、女子校という環境自体が気に入っています。好きなことについておしゃべりできるのが楽しいんです。好きな場所は理科室。実験器具が充実していて、理科の授業で実験をするのがいつも楽しみなんです。

――皆さんの所属する部活動は?

Kさん
私はサッカー部に所属しています。部員数が少ないため、今年度は後輩が入ってきてくれてうれしいです。活動日は週に4日。日曜日に試合が入るときもあります。

Sさん
あとの4人は全員、野外研究部に所属しています。週に3回、学校の敷地内を顧問の先生と散歩しながら、植物などについて教えてもらうことが主な活動です。

Yさん
タケノコ掘りもしましたね。ほかにも、野草を使って天ぷらや餃子を作ったことがあります。意外とおいしかったです。

Oさん
先生のお話を聞いているうちに、野草に詳しくなれるのも楽しいんですよね。文化祭では、学校にあるコケを使って、来場者にコケ玉作りを体験してもらったり、ポプリを作ってもらったりする催しを計画中です。

Hさん
あと、敷地内にあるバラ園のお手入れも、私たち野外研究部が行っています。毎年春にたくさんのバラが咲き、とてもきれいなんです。

――行事について教えてください

Yさん
昨年は中止になってしまった行事もあるので、まだすべての行事を経験できてはいないのですが、私が楽しみにしているのは、10月に行われる合唱コンクールです。中1では歌う曲が決められていますが、中2は課題曲と自由曲があるので楽しみにしています。当日は中学3学年による合同開催なので、ほかの学年の曲が聴けることも楽しみです。

Oさん
私も合唱コンクールに思い入れがあります。去年、練習のときに、今まであまり話したことのなかった子と練習を通して話すようになり、みんなと仲良くなれたのがうれしかったですね。

Kさん
私は体育祭が楽しみです。例年は中高合同で行われるのですが、残念ながら今年も午前が高校生、午後が中学生と時間を分けて開催することになりました。今、ちょうど応援団の応援ダンスの練習をしているところなんです。

Sさん
応援ダンスは先輩が中心となってパフォーマンスを決めます。アニメの曲や流行りの曲で踊ることが多いです。

Oさん
あとは文化祭の「白亜祭」。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、ギリギリのタイミングで中止になってしまったんです。だからこそ、今年開催できるのが楽しみです。

Yさん
4月に行った、川越での校外学習も楽しかったです。班行動で、あちこち好きなところを巡りました。おいしいもの巡りをしている班が多かったですね。帰ってからは、当日の様子をまとめた壁新聞を作りました。

――好きな授業は何ですか?

Oさん
理科です。実験がとても多くて楽しいです。実験は自分の手を動かすので、教科書をただ読むよりも頭に入りやすいと思います。テストでも、実験した内容についての問題は答えやすいです。

Yさん
小学生の頃から歴史漫画をよく読んでいたので、授業でも歴史が大好きですね。

Sさん
私は数学の代数が好き。難しい問題もありますが、解けたときの達成感がたまらないです。

Kさん
私は体育ですね。特に球技が好きです。

Hさん
私は数学の幾何が好きです。図形問題を解くことで、集中力も高まります。

Oさん
それと、実は英語が苦手なのですが、共立女子第二の英語の授業は、先生が明るくて楽しいので、私のように苦手意識をもっていても、気軽に英語を話すことができます!

Sさん
中1では少人数制の英語の授業があり、わからないところもていねいに教えてもらえます。たとえ英語が苦手だったとしても、大丈夫です。

Hさん
英語の授業では、ペアワークが楽しいです。友達と英語で会話を交わすなか、友達の意外な一面を知ることができたりと、新鮮です。

Kさん
私も話すことが楽しいです。英語を繰り返し音読することが特徴なのかなと思います。みんなで立って、1回読むごとに体の向きを変え、計4回読むといったものです。あと、中1の教科書を中2で使うことがあるのも特徴的な部分かな。学年に関係なく、中1・中2の教科書を中学3年間を通して繰り返し使い続けるラウンド学習が、共立女子第二の英語なんです。

Yさん
あとはオンライン英会話もありますね。年に15回分チケットを渡され、フィリピンにいる先生と1回30分英語で話すんです。先生と1対1で話すのは緊張しますが、頑張って取り組んでいます。

部活動も委員会も一緒に頑張っています!「部活動も委員会も一緒に頑張っています!」
今年は行事も開催されるのでとっても楽しみ「今年は行事も開催されるのでとっても楽しみ」

(この記事は『私立中高進学通信2022年8月号』に掲載しました。)

共立女子第二中学校  

〒193-8666 東京都八王子市元八王子町1-710
TEL:042-661-9952

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】広大な敷地が自慢!自然豊かな環境で過ごす学校生活
【ココに注目!学校説明会レポート】東京ドーム5個分の広大なキャンパスと充実の施設で「体験を重視する学び」
【ニューノーマルの学校生活】「コロナだから、経験できた」発想の転換が新たな可能性を生む
【今こそ実感!大学附属校・付属校 ここが好き】生徒それぞれの目標を大切にした進路指導で現役進学率は94.8%
【私学の英語最前線】揺るがぬ基礎力を形成する『レイヤードメソッド』
【ビジョン】体験重視で多彩な進路を実現
【私学だからできるオリジナル教育】美と伝統に触れて今だけの感性を伸ばす
【行ってきました!学校説明会レポート】在校生による学校紹介に充実の入試報告も!!
【校長が語る 自立へのプロセス】体験を通して学び、後輩へ受け継いでいく
【行ってきました!学校説明会レポート】説明会+入試問題研究会で親も子も学校の魅力に触れる
【私学の英語最前線】『4技能統合型授業』で確かな英語力を体得
【キャンパスのビジョン】「4技能統合型授業」でグローバル社会に通用する英語力を
【グローバル時代の学び方】英語力を効率的に伸ばす4技能統合型授業
【先生の本棚】八王子の豊かな自然に抱かれた美しい学校
【注目のPICK UP TOPIC!】英語の必要性を体感できるプログラム 文化も学べる「イマージョン・ワークショップ」
【私学の光輝】第46回体育大会 広々としたグラウンドで先輩と後輩の絆を深める
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期の子どもたちは、粘り強く接する中で自分を気にかけてくれる存在の元に戻ってきます
【授業見聞録】理科・家庭科 約300㎡の校内ファームで土に触れ 収穫の喜び、食の楽しみを体験する
【学校生活ハイライト】戦後70年に平和への思いを込めた『白亜祭』
【大学合格力強化計画】併設大学を含めた選択肢の拡大が本当に進学したい学部・学科を決める
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】不安を払拭するオリエンテーションと学習指導で円滑なスタートを切る
【全人教室│心を育む私学の授業】統的な礼法で“相手を思う心”と品格を育む
【その先に備える キャリア教育】大学進学からその先を見すえ 一人ひとりが選択する「針路」
進学通信 2022年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ