Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年9月号

ココに注目!学校説明会レポート

共立女子第二中学校

東京ドーム5個分の広大なキャンパスと
充実の施設で「体験を重視する学び」

音響性能に優れた講堂は換気にも十分配慮された構造ですが、この日は念のため扉を開け放っていました。

音響性能に優れた講堂は換気にも十分配慮された構造ですが、
この日は念のため扉を開け放っていました。

「誠実・勤勉・友愛」を校訓に掲げる同校は、八王子の丘陵地にある広いキャンパスと充実の教育環境が自慢。まるで大学のような「学びの場」が印象的な学校説明会を紹介します。

プログラム

1学校紹介PV上映

2説明会開始

司会を務める入試広報部・湊 理香先生が、当日のプログラムを紹介。

3学校長挨拶

晴山誠也校長先生が、同校のコロナ対策やICT環境、新コースなどについて説明。

4学校設備や行事の説明

図書館やグラウンドなどの施設や、体育祭や白亜祭(文化祭)などのコロナ禍での取り組みを説明。

5「学び」と進路について

学年別の学びの内容やコースについて、また大学進学率など、卒業生の進路について説明。

6中学入試結果報告

入試広報部主任の戸口義也先生が、最新の入試結果を報告。挑戦と安心の大学推薦制度について説明。

7キャンパス案内

参加者が班に分かれ、教員の誘導でキャンパスを見学。

8終了

ゆとりある広い講堂で
説明会を開催

 135年前、日本で初めて学校名に「女子」の名をいれた共立女子学園を母体にもつ同校。「誠実・勤勉・友愛」を校訓に掲げ、10年後、20年後に活躍できる女性を育てています。

 同校では中学校説明会、WEB説明会、オープンキャンパスなど、多岐にわたる説明会を行っています。4月24日(土)14時から行われたのは、2021年度2度目の中学校説明会でした。

 当日は定員1500名の広い講堂に60組約180名が入場。新型コロナウイルス対策から、予約組数を制限し、ゆとりを持った定員で行われました。参加者はJR八王子駅・高尾駅からスクールバスで到着。説明会が始まる30分前から、生徒の制作による学校紹介動画が上映されました。

「例年は、年度始めの説明会と、12月に行う入試体験説明会で、在校生によるパネルディスカッションを行います。生徒の視点で学校生活を語ってもらうのですが、昨年はコロナ禍の関係で、在校生が制作した学校のおすすめポイントを語る動画を上映しました。とても好評だったので、今回の説明会でも上映しました」(入試広報部主任/戸口義也先生)

 開始時間となり、まず司会の入試広報部・湊 理香先生が、当日のプログラムと、学校の概要を説明しました。

 続いて晴山誠也校長先生が登壇。同校は3年連続で受験者数が増加していること、2022年度4月から4技能を向上させ、国内外で活躍できる自立した女性を育成する新コース「英語コース」が高校に誕生することなどを話しました。また、全教室でWi-Fiが使用できること、自分のデバイスを一人1台持参するBYOD(Bring Your Own Device)の導入など、ICT環境が整備されたことも付け加えました。

「校長に就任した今も私は理科を担当しています。手を挙げるのが苦手な生徒も、躊躇なく答えを送信できるなど、ICTを取り入れたことにより生徒が授業に参加しやすくなりました。オンラインが発達しても、本校の『心と心が触れ合う教育』は変わりません」(晴山校長先生)

 それから再び湊先生が登壇し、卒業生によるアンケートを紹介。「同校のおすすめ」第1位は自然環境、第2位は制服、第3位は友人と仲間たちという結果でした。6万冊の蔵書を誇る図書館、400mトラックを有する総合グラウンド、9面の人工芝テニスコートやゴルフ練習場など充実の設備のほか、ELLEとコラボレーションした制服が人気なことも紹介しました。

 その後、教務部主任の田端豊先生による学年別カリキュラムの紹介、戸口先生による受験者数が昨年度より15%増加した2021年度の中学入試結果報告がありました。

「本校は4回の受験すべて出願する受験生も多いなど、第一志望に考えて入学する生徒が多いことも特徴です。
 その理由の一つに『挑戦と安心の大学推薦制度』があると思います。指定校推薦制度(共立単願)が35%、共立女子大学や短期大学の推薦合格を得た後も、外部大学へのチャレンジができる併設校特別推薦制度(併願可)が21%と、計56%が推薦制度を利用しています。現役進学率は96・5%です」(戸口先生)

広大な敷地に充実の設備
「自分の居場所がある学校」

 その後、希望者は教員の誘導により、数班に分かれて広いキャンパスを見学しました。

 見学者たちは、吹奏楽部の練習の音が遠くに聞こえる中、換気に配慮した構造の教室や、ハンドメイド部や生物部の活動風景を興味深そうに見て回りました。

 草の匂いがする中庭を越えて図書館に着くと、玄関には図書委員がセレクトした時事問題や話題の本が並んでいます。放課後の時間を利用して読書や勉強をする生徒もいました。

「本校は広い敷地内にさまざまなタイプの生徒の居場所があります。運動が得意な生徒はテニスコートやグラウンドへ、本を読むことが好きな生徒は図書館へ。引き出しの多い学校だと言えます」(戸口先生)

 広いキャンパスと、充実した教育環境が整備されている同校。生徒たちはのびのびと学生生活を送り、部活動に取り組み、体験を通してさまざまなことを学びます。そして日々成長し、社会的に自立した女性へと育っていくのです。

ここに注目!①校長先生がズバリ語る共立女子第二
晴山誠也校長先生晴山誠也校長先生
  • 「女性の社会的自立」は学園一貫不変の理念
  • 東京ドーム5個分の広いキャンパスでのびのびとした学生生活
  • 2022年度から高校に新コース「英語コース」が誕生
ここに注目!②戸口先生からの学校イチオシ情報
入試広報部主任/戸口義也先生入試広報部主任/戸口義也先生
  • 「挑戦と安心の推薦制度」で現役進学率96.5%
  • どんなタイプの生徒にも居場所がある、充実の施設
  • 1時間に4回空気が入れ替わる教室で、万全のコロナ対策
ここに注目!③図書館

ブラウジングコーナー、文芸図書コーナー、学習閲覧室の3つの顔をもつ図書館。地下の大会議室では集会や発表会が催されます。

ここに注目!④グラウンド

広いグラウンドは約1800名が座れるスタンドを整備。このほかにサッカコートやソフトボール専用グラウンドも擁しています。

(この記事は『私立中高進学通信2021年9月号』に掲載しました。)

共立女子第二中学校  

〒193-8666 東京都八王子市元八王子町1-710
TEL:042-661-9952

進学通信掲載情報

【ココに注目!学校説明会レポート】東京ドーム5個分の広大なキャンパスと充実の施設で「体験を重視する学び」
【ニューノーマルの学校生活】「コロナだから、経験できた」発想の転換が新たな可能性を生む
【今こそ実感!大学附属校・付属校 ここが好き】生徒それぞれの目標を大切にした進路指導で現役進学率は94.8%
【私学の英語最前線】揺るがぬ基礎力を形成する『レイヤードメソッド』
【ビジョン】体験重視で多彩な進路を実現
【私学だからできるオリジナル教育】美と伝統に触れて今だけの感性を伸ばす
【行ってきました!学校説明会レポート】在校生による学校紹介に充実の入試報告も!!
【校長が語る 自立へのプロセス】体験を通して学び、後輩へ受け継いでいく
【行ってきました!学校説明会レポート】説明会+入試問題研究会で親も子も学校の魅力に触れる
【私学の英語最前線】『4技能統合型授業』で確かな英語力を体得
【キャンパスのビジョン】「4技能統合型授業」でグローバル社会に通用する英語力を
【グローバル時代の学び方】英語力を効率的に伸ばす4技能統合型授業
【先生の本棚】八王子の豊かな自然に抱かれた美しい学校
【注目のPICK UP TOPIC!】英語の必要性を体感できるプログラム 文化も学べる「イマージョン・ワークショップ」
【私学の光輝】第46回体育大会 広々としたグラウンドで先輩と後輩の絆を深める
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期の子どもたちは、粘り強く接する中で自分を気にかけてくれる存在の元に戻ってきます
【授業見聞録】理科・家庭科 約300㎡の校内ファームで土に触れ 収穫の喜び、食の楽しみを体験する
【学校生活ハイライト】戦後70年に平和への思いを込めた『白亜祭』
【大学合格力強化計画】併設大学を含めた選択肢の拡大が本当に進学したい学部・学科を決める
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】不安を払拭するオリエンテーションと学習指導で円滑なスタートを切る
【全人教室│心を育む私学の授業】統的な礼法で“相手を思う心”と品格を育む
【その先に備える キャリア教育】大学進学からその先を見すえ 一人ひとりが選択する「針路」
進学通信 2021年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ