Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年8月号

注目! News and Topics

日本大学第一中学校

中高一貫の大学付属校のメリットを活かし
生徒たちの成長を全力でサポート

「人として成長するプログラム」を実践する同校。その基礎となる中学年代の教育活動を学年主任として牽引しています。

「人として成長するプログラム」を実践する同校。その基礎となる中学年代の教育活動を学年主任として牽引しています。

「真・健・和」の校訓のもと、次の時代を生き抜く 「人」の育成を掲げる同校。中学の学年主任を務める3人の先生方に、学校の特徴や魅力を語り合っていただきました。

距感の近さが魅力
職員室に大勢の生徒たち
中学1年学年主任 社会科伊従 健太郎 先生中学1年学年主任 社会科
伊従 健太郎 いより けんたろう 先生
教職歴は20年。水泳部顧問。訪ねてきた卒業生から在学時の本音と感謝の言葉を聞くと、「ちょっとは役に立ったのかな」という思いになります。

――雰囲気の良さが魅力とうかがいました。校内の雰囲気を教えてください。

伊従先生
教員と生徒の距離がいい意味で近い学校だと思います。教員同士の仲が良いことも特徴ですね。

相馬先生
先生方が楽しそうにしている雰囲気が伝わり、生徒たちも和気あいあいと学校生活を過ごすことができていると感じます。

松里先生
先生方の姿を見ると安心すると、生徒からはよく言われますね。素直な生徒たちが多く、何でも率直に教員に相談しにくるのも本校らしさだと思います。休み時間には大勢の生徒たちで職員室があふれかえるくらいです。

――生徒との向き合い方のモットーを教えてください。

松里先生
互いに嘘やごまかしをしないこと。最も大切にしているのは、生徒の話をしっかり聞くことです。まず話を聞き、相手のことを受け入れてから自分の話をすることを生徒たちにも伝えています。

伊従先生
主役は生徒なので、自分が前面に立つのではなく、生徒たちが主体的にどうしたいのかを確かめ、サポートすることを意識しています。実は私自身、小6のときに不登校になった経験があります。不登校には理由が明確にある生徒と、気持ちの整理がつかず、自分でも理由がよくわからずに学校に行けなくなってしまう生徒の2つのパターンが考えられます。自分の経験と照らし合わせ、教員の立場からだけではない異なる視点からも考えるようにしています。

相馬先生
生徒たちの多様性を認めることです。たとえば、将来、芸術分野に打ち込むような人生もあるでしょう。音楽という教科の特性を活かして、生徒たちそれぞれの個性が発揮できるように心を砕いています。

中学2年学年主任 芸術科(音楽)相馬 慧直 先生中学2年学年主任 芸術科(音楽)
相馬 慧直 そうま けいじ 先生
教職は12年目。音楽部顧問。吹奏楽コンクールなどで精一杯頑張った生徒たちの清々しい顔を見る瞬間は、とくに「教員になって良かった」と思います。

――学年主任として大切にしていることを教えてください。

伊従先生
6年間の土台をつくるのが中1です。まずは学校生活に順応できるような基本的な生活習慣から指導し、徐々に学習習慣を定着させていくようにしています。

相馬先生
中2は、漠然と勉強することに迷いを感じる時期ですので、学習した効果が発揮されることを示すのが大事だと考えています。高校入試がない分、日々の学習で教員が寄り添い、実力の底上げを図っています。

松里先生
中3は、高校、大学をより意識させていく時期です。高校生が身近にいますので、良いモデルを見せることで自覚が芽生えます。将来に向けての大切な時間と捉え、生徒たちと接しています。

伊従先生
本校ならではの高大連携教育は中3から参加できます。この取り組みにも注目してください。

――生徒たちには、どのような「人」に成長してほしいですか。

松里先生
自分が好きなことで生きていけるようになってほしいと考えています。好きを仕事にすることは大変なことですが、好きを見つけて人生を充実させるためにも、中高6年間は大切な時間です。そこに関わる責任があると思っています。

相馬先生
中高一貫の大学付属校ということもあり、本校は自分のために使える時間が多い環境です。心にゆとりをもちながら行動できる人になってほしいと思っています。

伊従先生
6年間の学校生活を通じて、自分は何が得意で何が苦手なのか、どういうときに心が動くのかなど、自分自身をよく知ってほしいと考えています。また、年齢を重ねても、心を許して付き合える友人を作ってほしいですね。

社会に出ても途切れない
伝統校の絆
中学3年学年主任 国語科
松里 悠 まつさと はるか 先生
教職は15年目。TRAIN同好会顧問。生徒たちに好きを仕事にしてほしいのは自身も、「教員の仕事が大好きです。天職だと思っているから」だそうです。

――学校の誇れる点は何でしょうか。

松里先生
卒業生が毎日のように学校にやってきます。卒業してからも来たくなる魅力があるのです。社会人として仕事で来校する卒業生もいます。

相馬先生
比較的余裕のあるカリキュラムなので、その分の時間をやりたいことに使えるのは、大学付属校ならではのメリットです。自分の可能性を伸ばせますし、芸術学部をはじめ、大学に多彩な学部が揃っている点も本校の魅力だと感じます。

伊従先生
人のつながりです。中高6年間で培った絆は、その後の大学、そして社会に出てからも途切れることはありません。歴史ある伝統校として裏打ちされた強い絆があります。

伊従先生が教職を初めて志したのが10歳のときと知って、松里先生、相馬先生もびっくり。松里先生は中高時代の恩師の影響、相馬先生は教育実習で衝撃を受けたことが教職に就くきっかけになったそうです。

伊従先生が教職を初めて志したのが10歳のときと知って、松里先生、相馬先生もびっくり。
松里先生は中高時代の恩師の影響、相馬先生は教育実習で衝撃を受けたことが教職に就くきっかけになったそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2022年8月号』に掲載しました。)

日本大学第一中学校  

〒130-0015 東京都墨田区横網1-5-2
TEL:03-3625-0026

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】中高一貫の大学付属校のメリットを活かし 生徒たちの成長を全力でサポート
【熱中!部活動】目標に一生懸命取り組む姿勢を大切に 自発的に活動する3つの部
【日本大学第一】学習と生活の習慣を中1から身につけ 希望学部へ進学
【集まれ同窓会】母校の恩師のように生徒に寄り添える教員をめざします!
【私たち、僕たちが大好きな先生】自分の目標に一生懸命になれる子を育てるため本当の“厳しさ”で熱血指導
【中1の始め方】絆を重んじ生活を大切に6年間のスタートライン
【目標にLock On!! 私の成長Story】付属校ならではのプロジェクトが生徒会長をめざす転機に
【グローバル特集 海外研修[オセアニア]】自らの意志で挑むからこそ経験が成長につながる語学研修
【熱中! 部活動】仲間とともに打ち込み豊かな人間性を育む
【行ってきました!学校説明会レポート】温かい目で見守りながら生徒の個性を伸ばす教育を
【6年間の指導メソッド】“第1志望”への道を拓く中身の濃い学習環境
【本音で語る保護者座談会】生徒と先生の距離が近く生徒の個性を活かせる環境が自慢です!
【学校生活ハイライト】生徒も先生も一緒になり白熱する汗と笑顔の、スポーツ行事
【6年間の指導メソッド】生徒と先生の厚い信頼関係のもと、将来の夢を実現
【注目のPICK UP TOPIC!】生徒指導部が本気で取り組む 思いやりの心を持った生徒の育成
【Students' Chat Spot】校訓「真・健・和」にもとづき、部活動・趣味に積極的に参加活動できる生徒の育成
【熱中!部活動】ギター部(軽音楽部)
【思春期の伸ばし方】人生に失敗や挫折はつきものですつらい経験から学べることは多いもの
【SCHOOL UPDATE】イングリッシュキャンプ 英語でのコミュニケーションに意欲をかき立てられる4日間
【10年後のグローバル社会へのミッション】イングリッシュ・キャンプで 「コミュニケーションをとりたい」という気持ちを成長の源に
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】先生と保護者が同じスタンスで接することで安心できる環境を作る
【大学合格力強化計画】付属校の強みを生かした指導で他大学の一般入試の実績もあげる
【制服Collection】伝統息づく文化の街で学ぶ 聡明な学生がまとう正統派ブレザー
【めざせ 次代のグローバルリーダー】選抜された生徒がケンブリッジ大学で世界と交流
進学通信 2022年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ