Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年7月号

ニューノーマルの学校生活

共立女子第二中学校

「コロナだから、経験できた」
発想の転換が新たな可能性を生む

緊急事態宣言下でのオンライン授業や、対面授業再開後の学校生活について、高3生の笠井瞳さんと神田怜奈さんにお聞きしました。
笠井瞳さん(左/高3)

 私はもともと消極的な性格でしたが、異性の目を気にせずに自分を表現できる女子校という環境が後押しし、生徒会役員を務めるまでになりました。留学を経験して英語により興味を抱いたため、今は英語を学べる大学をめざして勉強中です。コロナが収まったら、また留学に行きたいです。

神田怜奈さん(右/高3)

 文化祭では、動画の企画や撮影、編集など、新しいことに挑戦できて良かったです。2020年の3月に、留学先のニュージーランドから日本へ戻ってきたのですが、コロナ禍での帰国を経験して、海外と日本の政治や政策の違いに気づき興味を持ちました。大学では政治について学びを深めたいと思っています。

工夫を凝らした授業動画で
休校中の学びをサポート

「誠実・勤勉・友愛」を校訓とし、女性の社会的自立をめざした教育を行う同校。昨年、2020年4月の緊急事態宣言下でスタートした新学期では、早い段階からオンライン授業が取り入れられました。それぞれの家庭のネット環境や、生徒自身の専用端末の有無を考慮し、開始直後はライブ授業ではなく、録画した授業動画を配信。毎日決まった時間のライブ配信をあえて避け、生徒が自分のタイミングで授業を受けられるよう工夫しました。

「最初は、動画配信の授業に戸惑いましたが、わからなかったら何度も繰り返し見られるので、授業内容への理解を深めやすいと思いました。午前は動画を見てインプットし、午後は配信された課題への取り組みでアウトプット。一日が充実していたと感じます」(高3/笠井瞳さん)

 理科のオンライン授業では、担当教諭がカメラを持って自然豊かな校地を巡る「バーチャル散歩」を実施。キャンパスで自生する植物を紹介する動画が生徒から人気でした。また、体育では筋力トレーニングをする動画を配信し、生徒が自宅で実践できるようにするなど、教科ごとに工夫された数々の配信が、休校中の生徒の学びをしっかりと支えました。

生徒の絆を強めた
ハイブリッド型文化祭

 生徒会では、4月に初めてのオンライン会議を行い、年度の行事について話し合いました。対面授業さえもままならず、メイン行事である文化祭の開催も危ぶまれていました。そこで、生徒会メンバーは「なぜこの状況で文化祭をやりたいのか」という企画書を作成し、学校側に提出。今後の状況に応じて臨機応変に対応できるよう、オンラインとリアルのどちらでも楽しめるハイブリッド型文化祭の開催へと動き出しました。

 文化祭の意義について「みんなで同じ体験をすることにより、クラス内での交流が深まる点にあります」と語る、笠井さんと神田さん。

「最初は、どれだけのクラスや部活動が動画作成に参加してくれるのかわからず不安でした。でも実際には、工夫を凝らした動画がたくさん集まりうれしかったです」(笠井さん)

「校内放送で開催の意図を全校生徒に伝えていました。当日はみんな楽しんでくれて、達成感がありました」(高3/神田怜奈さん)

 コロナ禍において、今までとは違う新しい方法を模索し「コロナだったからこそ、経験できた」と語る2人。この経験を糧に、高3となった今、卒業後の未来を見据えています。

初めてのハイブリッド型文化祭
文化祭当日に登校できることが決まってからは、校内の装飾にもこだわりました。文化祭当日に登校できることが決まってからは、校内の装飾にもこだわりました。
アイドルのミュージックビデオを再現。施設紹介も兼ね、校内各所で撮影しました。アイドルのミュージックビデオを再現。施設紹介も兼ね、校内各所で撮影しました。

バラエティ番組のコンテンツをヒントにした動画を作成。
「どんなものなら自分たちの技術で作れるのか」を起点に、楽しみながら作りました。

「みんなで一緒に見て、感情を共有できる機会になりました!」「みんなで一緒に見て、感情を共有できる機会になりました!」
感染状況によっては自宅視聴も考えていましたが、当日はクラスごとに教室で動画を視聴できました。
部活動の紹介動画。各部にとって、文化祭は貴重な発表の場となりました。部活動の紹介動画。各部にとって、文化祭は貴重な発表の場となりました。
オープンスペースの装飾前での集合写真。「撮影時間がクラスごとに分かれるよう、スケジュールも工夫しました」と笠井さん。昨年度、唯一のクラス写真となりました。オープンスペースの装飾前での集合写真。「撮影時間がクラスごとに分かれるよう、スケジュールも工夫しました」と笠井さん。昨年度、唯一のクラス写真となりました。
生徒を守る環境
通学バスの座席にはQRコードを貼付。生徒がどのバスに乗ったかをデータに残すことで、感染者が出た際に迅速に濃厚接触者を確定できます。通学バスの座席にはQRコードを貼付。生徒がどのバスに乗ったかをデータに残すことで、感染者が出た際に迅速に濃厚接触者を確定できます。
登校前にはスマートフォンで登録可能な朝の健康チェックを行います。送信し忘れてしまった生徒のために、玄関には用紙が置かれています。登校前にはスマートフォンで登録可能な朝の健康チェックを行います。送信し忘れてしまった生徒のために、玄関には用紙が置かれています。
人数の多いクラスや、発話が必要な英語の授業の際にはオープンスペースを活用。風通しがよく、安心して授業を受けられます。人数の多いクラスや、発話が必要な英語の授業の際にはオープンスペースを活用。風通しがよく、安心して授業を受けられます。

(この記事は『私立中高進学通信2021年7月号』に掲載しました。)

共立女子第二中学校  

〒193-8666 東京都八王子市元八王子町1-710
TEL:042-661-9952

進学通信掲載情報

【ニューノーマルの学校生活】「コロナだから、経験できた」発想の転換が新たな可能性を生む
【今こそ実感!大学附属校・付属校 ここが好き】生徒それぞれの目標を大切にした進路指導で現役進学率は94.8%
【私学の英語最前線】揺るがぬ基礎力を形成する『レイヤードメソッド』
【ビジョン】体験重視で多彩な進路を実現
【私学だからできるオリジナル教育】美と伝統に触れて今だけの感性を伸ばす
【行ってきました!学校説明会レポート】在校生による学校紹介に充実の入試報告も!!
【校長が語る 自立へのプロセス】体験を通して学び、後輩へ受け継いでいく
【行ってきました!学校説明会レポート】説明会+入試問題研究会で親も子も学校の魅力に触れる
【私学の英語最前線】『4技能統合型授業』で確かな英語力を体得
【キャンパスのビジョン】「4技能統合型授業」でグローバル社会に通用する英語力を
【グローバル時代の学び方】英語力を効率的に伸ばす4技能統合型授業
【先生の本棚】八王子の豊かな自然に抱かれた美しい学校
【注目のPICK UP TOPIC!】英語の必要性を体感できるプログラム 文化も学べる「イマージョン・ワークショップ」
【私学の光輝】第46回体育大会 広々としたグラウンドで先輩と後輩の絆を深める
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期の子どもたちは、粘り強く接する中で自分を気にかけてくれる存在の元に戻ってきます
【授業見聞録】理科・家庭科 約300㎡の校内ファームで土に触れ 収穫の喜び、食の楽しみを体験する
【学校生活ハイライト】戦後70年に平和への思いを込めた『白亜祭』
【大学合格力強化計画】併設大学を含めた選択肢の拡大が本当に進学したい学部・学科を決める
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】不安を払拭するオリエンテーションと学習指導で円滑なスタートを切る
【全人教室│心を育む私学の授業】統的な礼法で“相手を思う心”と品格を育む
【その先に備える キャリア教育】大学進学からその先を見すえ 一人ひとりが選択する「針路」
進学通信 2021年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ