Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2023年8月号

制服物語

浦和実業学園中学校

品性と礼節、歴史と伝統を重んじた制服が誕生

2021年に創立75周年を迎えた同校。これを記念し、2つの新校舎と併せて、新しい制服がつくられました。“〜伝統の精神(ココロ)をカタチに〜”がテーマです。
制服を着た4人の生徒が4階建ての新1号館の前に立っている写真です。

4人の後ろに見えるのは、4階建ての新1号館です。左の男子生徒と左から3番目の女子生徒の制服が正装です。
動きやすく、着心地のいい紺のポロシャツも新しいアイテムとして仲間入りしました。

 今年の春から、新入生が新しい制服を着て通学しています。チャコールグレーのブレザーに、男子はグレーのスラックス、女子はチェック柄のスカートです。これまで一貫生と高入生の制服は異なっていましたが、新制服からは統一感のあるデザインになりました。

「制服のリニューアルにあたり、本校ではスクールブランディングチームを立ち上げました。そして生徒の意見も取り入れながら、2年間をかけてデザインを完成させました。統一性とともに多様性も重視し、女子にはネクタイやスラックスも用意しています」(入試広報主任/松尾茂雄先生)

『UJマーク』と呼ばれるスクールマークは、校章にある3本のペンから生み出されました。同校の教育目的である『徳育・体育・知育』の3つを表すペンで、『浦和実業学園』のイニシャルである『U』と『J』をかたどったデザインになっています。

 教育目的の一つである『徳育』は『品性を正し礼節を重んじ豊かな人間性を育てる』。また、教育理念は『実学に勤め徳を養う』であり、自分で考えて、行動することを大切にしてきました。

「本校の長い歴史と伝統を感じさせるとともに、教育目的や理念を具現化した制服に仕上げました。本校の生徒であるという自覚と誇りを胸に、袖を通してほしいと思います」(松尾先生)

2タイプの体操服の写真です。ハーフジップ(左)とフルジップの2タイプから選べる体操服。どちらもスクールカラーであるえんじ色と黒が使用され『UJマーク』が入っています。『実学』を大切にする同校ならではの機能的な体操服です。
女子用のスラックスの写真です。女子用のスラックス。男子用のスラックスと同じく、グレーをベースにしたチェック柄です。スラックスに合わせて、女子用のネクタイも用意されています。靴は男女ともにローファーとスニーカーから選べます。
スカートのチェック柄の写真です。スカートはえんじ色を基調としたチェック柄。優しい印象を抱かせます。
女子の紺ソックスの写真です。女子の紺ソックス。ここにもUJマークが入り、ワンポイントになっています。
ネクタイとリボンの写真です。
ネクタイとリボンの写真です。

えんじ色のネクタイとリボン。斜めのストライプが入ったレジメンタルタイです。

ブレザーのエンブレムの写真です。
ブレザーのボタンの写真です。

ブレザーは胸元のエンブレムだけでなく、ボタンにもUJマークがあしらわれており、細部にわたるこだわりを感じます。

セーターとベストの写真です。寒い時に着用できるセーターとベスト。どちらも白とグレーの2色から選べます。
2種類のバッグの写真です。バッグは、ショルダーベルト付きのタイプ(左)とリュックサックタイプの2種類を用意。特にリュックサックタイプは大きめで容量があり、教科書やタブレット端末、体操服なども入ります。
進学通信 2023年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ