Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2023年8月号

THE 母校自慢!~うちの学校のココが好き~

目白研心中学校

独自のプログラムによる“体験型英語学習”
卒業生(大学生)・在校生姉妹が母校への想いを語る

Kさん/Mさん

(左から)Kさん/Mさん
Kさん「母校が大好きで、勝手に“実家”と呼んでいます」
Mさん「運動会でたくさん思い出が出来ました」

「主・師・親」を建学の精神に、「コミュニケーション力」「問題発見・解決力」「自己肯定力」という3つの力を育んでいる同校。卒業生のKさんと中2のMさん姉妹に、母校への想いを伺いました。

卒業して実感した
母校のアットホーム感

――入学したきっかけは?

Kさん
母が目白研心の最寄駅近くの出身で私も土地勘があったのと、制服が素敵だったことが決め手でした。

Mさん
小学生の頃から文化祭などの行事に家族で参加していました。施設がきれいで制服が可愛く、姉も学校生活が楽しそうで、「私も通いたい」と以前から思っていました。

Kさん
生徒と先生の距離も近いし、すごく家庭的な雰囲気の学校です。卒業した後も勝手に“実家”と呼んでいます(笑)。妹にも「いい学校だよ!」とずっと推していました。受験勉強も手伝ってたよね。

Mさん
姉の教え方が厳しくて、泣いてしまった時もありました。

Kさん
もう、何とかして妹を入学させなきゃと使命感をもっていました。この学校に入ったら、絶対楽しくなると思ったんです。

Kさん(桜美林大学2年)/ビジネスマネジメント学群で経済や経営など、ビジネス全般を学んでいます。Kさん(桜美林大学2年)/ビジネスマネジメント学群で経済や経営など、ビジネス全般を学んでいます。

――入学して、いかがでしたか?

Mさん
入学前に学校行事に来る機会が多くて、先生のこともよく知っていたので、入学後も休み時間に先生方とたくさんお話ができて、すぐに学校生活に馴染めました。最初から学校に詳しかったので、同級生から「体育館はどこ?」「この先生の担当教科は何?」など、いろいろと聞かれました。

Kさん
妹は私と一緒で、家に帰るとその日にあった出来事を全て母に話します。入学してから毎日、「先生が今日、こんなことを言っていた」「先生からお姉ちゃんはどうしているのかと聞かれた」とか、学校のことをたくさん話すんです。だから私もまだ在学している気分になってしまいます。私は妹のクラスの大半の生徒に会ったことがないのに、クラスの人は私のことを知っているみたいです (笑)。

――卒業してから、Kさんがさらに母校の魅力を感じた理由は?

Kさん
大学の友達と話していると、目白研心はすごくアットホームな学校で、私は手厚いサポートを受けてきたことがわかりました。他の学校を卒業した人たちから話を聞くと、そこまで先生との関係性は近くないと感じました。私は今、大学で「高大連携教育」のスタッフをしている関係で、母校に呼んでいただくことが多いです。後輩からのいろいろな質問に答えるのですが、今、自分が学校に少しずつ恩返しできている手応えを感じています。

先生と話して「頑張ろう!」と
スイッチが入る場所
Kさんが中高時代を過ごしたSECの教室前。ニュージーランドなど各国の地図が壁に貼られています。Kさんが中高時代を過ごしたSECの教室前。ニュージーランドなど各国の地図が壁に貼られています。

――印象に残る行事は何ですか?

Kさん
妹は運動会が楽しかったようで、家に帰ってからも余韻に浸っていました。

Mさん
まず会場が代々木第一体育館だったので、大きくてびっくりしました。私は台風の目(長い棒を持って走る競技)と玉入れ、ダンスに出場しましたが、クラスで団結して優勝でき、たくさんの思い出が作れました。

Kさん
私も運動会がすごく楽しくて、とても“燃え”ました! あとは文化祭。私は高校3年間ダンス部に所属していましたが、発表できる唯一の場所が文化祭だったので、夏休みは毎日のように練習していました。修学旅行は中3でカナダに行きました。私はSEC(※1)だったので、語学研修で3週間、現地のご家庭にホームステイをしました。今もその時のホストファミリーとつながっているんですよ。ホームステイは私の人生のターニングポイントだったと思っています。

Mさん(中2)/部活動はESSクラブ(※2)に所属。英語を使ったボードゲームで楽しみながら英語に親しんでいます。Mさん(中2)/部活動はESSクラブ(※2)に所属。英語を使ったボードゲームで楽しみながら英語に親しんでいます。

――目白研心の自慢できるところ、好きなところは?

Mさん
カフェテリアと記念館です。記念館は学年集会や講演会、入学式などで使いますが、椅子の座り心地が最高です。カフェテリアはきれいで、テスト勉強で使うこともあります。

Kさん
カフェテリアはご飯がすごくおいしいよね。あと、この学校の良いところは外部の方にきちんと挨拶できること。それも先生から言われるのではなく、先輩を見て自然と挨拶するようになって、全校で当たり前のこととして定着しています。

Mさん
校長先生も始業式などで「目白研心の自慢は、積極的に挨拶をすることだ」と仰っています。

――母校で最も学んだことは?

Kさん
英語に興味をもてたのは、この学校に来たからだと思っています。それに、自分の感性や人間性も育ててもらったと感じます。ちゃんと叱ってくれる先生もいますしね。卒業後に少しつまずいた時はここに来て、先生に話を聞いてもらって「また頑張ろう!」とスイッチが入る場所でもあります。今、妹が在学中だから余計に学校に来やすいですね。妹が入学してくれて感謝しています。

広々とした廊下も好きだというMさん。「在学中につい廊下を走ってしまい、先生に注意されたのも今では良い思い出です」(Kさん)広々とした廊下も好きだというMさん。「在学中につい廊下を走ってしまい、先生に注意されたのも今では良い思い出です」(Kさん)

――目白研心への受験を考えている後輩たちにメッセージを。

Mさん
とにかく楽しい学校です。入学したら、6年間を全力で楽しんでほしいです。ただ、テストは多いです。朝テストなど、中高とも週に3回はあります。

Kさん
私も朝テストは苦手だったけど感謝しています。妹も私も課題を与えられないとやらないタイプなので(笑)。後輩には「テストが多いけど、ためになるよ」と言いたいです。学校は楽しくて温かいので、安心して入学してきてほしいです。面倒見がよく、それぞれバックグラウンドの異なる先生方がいらっしゃって、生徒にいろいろな可能性を与えてくれます。

※1 SEC…Super English Courseのこと。中3から分かれるコースの一つで、英語の対話力をもった生徒を育てるプログラムを用意。

※2 ESS…English Speaking Societyの略

(この記事は『私立中高進学通信2023年8月号』に掲載しました。)

進学通信 2023年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ