Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年1月号

学校ってどんなところ?生徒の一日

浦和実業学園中学校

“令和の実学教育”を実践
実社会で真に役立つ学問を

『実学に勤め徳を養う』という教育理念のもと、浦和実業学園では自分で考え、行動する力とともに、豊かな人間性を育んでいます。また、実学教育として中学では英語の授業を週7時間用意。実技科目を英語で学ぶイマージョン授業も行っています。今日は中1生の一日に密着しました。

私が紹介します!
H・Aさん(中1)
H・Aさん(中1)

母が英語の先生で、小さい頃から英語に親しんできた私は、英語の力を伸ばしたくて入学しました。姉もこの学校に通っています。

08:15 登校

 

 JR「南浦和駅」西口から、京浜東北線の線路に沿って南に歩くと、15分ほどで学校に到着します。


08:25 朝のHR

「英語教育に力を入れるウラジツでは、担任を日本人の先生が、副担任をネイティブの先生が務めています。連絡事項はネイティブの先生が英語で伝えてくださいます」(H・Aさん)


08:50 1時間目:数学

 

 数学の授業は習熟度別に分かれ、着実に力をつけていきます。中学1~2年の間は無理な先取り授業はせず、基礎を徹底します。全員が持つようになったiPadを最大限に活用しています。「授業に集中し、予習復習をしっかりやるようにしています」(H・Aさん)


09:50 2時間目:英語

 

 英語の授業は、イマージョンクラスとスタンダードクラスに分かれます。「小4で英検3級に合格した私は、イマージョンクラスで学んでいます。授業はネイティブの先生と日本人の先生の『Wティーチャー制』で、すべて英語で行われます。私の次の目標は、英検準2級に合格することです」(H・Aさん)

Let's start the class.「Let's start the class.」

積極的に手を挙げます!「積極的に手を挙げます!」

10:50 3時間目:理科

 今日の授業テーマは「音はなぜ聞こえるのか」。「普段は考えてもみないことですが、毎日の生活のなかで常に疑問を抱くことが、いかに大切かも学べました」(H・Aさん)


11:50 4時間目:社会科

「習ったのは『ユーラシア世界の形成』です。中国にあった元という国にヨーロッパから何が伝わったのかを、クラスのみんなで考えました。そして、その考えを前に出て黒板に書き、全員に説明します。私も手を挙げて「キリスト教の宣教師」と黒板に書きました」(H・Aさん)

みんなの前で発表しました「みんなの前で発表しました」

12:40 昼食&昼休み

 

 お昼は教室でお弁当を“黙食”しますが、その後は教室を出て、クラスメートとのコミュニケーションを楽しみます。「早くコロナが収束して、いつものように楽しくお昼が食べられるようになるといいな」(H・Aさん)


13:25 5時間目:イマージョン授業(音楽・体育)

 

 同校では、2005年に中学校が開校して以来、イマージョン授業を行っています。「ネイティブの先生8名が、体育や音楽、技術・家庭、美術といった実技科目を英語で教えてくださいます。将来、私たちが社会に出たとき、外国の方と自由に英語でコミュニケーションがとれるようにするためです。

 これは『浦実が大切にする実学の考え方から生まれた授業』だと担任の先生から聞きました。英語をたくさん話したり、聞いたりできるので、この授業が楽しみです」(H・Aさん)

「こうして身につけた英語力を『ハワイ短期留学』で試します」

14:25:6時間目

 


15:50 部活動

バスケにも勉強にも全力で取り組みます!「バスケにも勉強にも全力で取り組みます!」
 

「私はバスケットボール部に入っています。顧問の先生や先輩方が手の伸ばし方や手の位置をやさしく教えてくださったので、最近ではシュートが決まるようになりました。東京オリンピックでバスケの試合を見て感動し、バスケがますます好きになりました」(H・Aさん)


17:30 下校

 勉強に部活動にと、今日も充実した一日でした。帰宅したら、頑張って今日の復習と明日の予習をします。

先生メッセージ
『3科入試』がスタート。
新校舎の建設も進行中
一貫部教頭/穴澤良幸先生一貫部教頭/穴澤良幸先生

 2022年度入試から新たに「英語・国語・算数」の『3科入試』が加わります。英語はリスニングを含む問題と、英検4級レベル程度の選択問題のみです。本校には『英語入試」がありますが、こちらは英語の筆記試験に加えて、日本語による作文や英語面接があり、多少ハードルが高くなっています。英語が好きで、英語の力を伸ばしたいという受験生はぜひ、『英語入試』とともにこの『3科入試』も受験していただければと思います。

 本校にはもうひとつトピックがあり、創立75周年事業の一環として、新校舎の建設が進んでいます。PCルームや理科室などを備えた『新2号館』は2022年3月に、図書館やカフェテリア、スポーツスタジオなどを備えた『新1号館』は2023年3月に完成予定です。この新校舎は探究活動やICT教育など“令和の実学教育"の拠点となります。

新校舎の完成予定図。

新校舎の完成予定図。

(この記事は『私立中高進学通信2022年1月号』に掲載しました。)

浦和実業学園中学校  

〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3-9-1
TEL:048-861-6131

進学通信掲載情報

【私学だからできるオリジナル教育】学びの集大成として中3が 英語劇の動画を制作
【学校ってどんなところ?生徒の一日】“令和の実学教育”を実践実社会で真に役立つ学問を
【私たち、僕たちが大好きな先生】落語と笑いで築く信頼関係が生徒たちの無限の可能性を拓く
【熱中!部活動】東京薬科大学主催の研究発表会で1位に!
【生徒会に聞く学校生活】「英語イマージョン」教育で毎日英語を使っています!
【目標にLock On!! 私の成長Story】ハンドボール部キャプテンとして活躍後志望大学合格を成し遂げた文武両道の6年間
【熱中!部活動】生徒主体で活動し自主性を養う
【未来を切り拓くグローバル教育】スピーチコンテストで英語の“発信力”を育てる
【私学の英語最前線】イマージョン授業の草分け “使える英語”を定着
【中学入試のポイント】選べる入試方式に幅広い層の生徒が集まる
【熱中!部活動】部活動を通して成長を促し未来に向かって羽ばたく
【その先に備えるキャリア教育】実学 実践的なビジネス体験で実社会で生き抜く力を育む
【私学だからできるオリジナル教育】学校生活に溶け込む英語イマージョン教育
【学校生活ハイライト】親密なコミュニケーションで言葉とともに多様性を理解する
【中1の始め方】充実のサポート体制で生徒を見守り 将来の夢の実現を応援する
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】国語の4技能“読む・書く・聞く・話す”を磨く『プロジェクトR』
【学校生活ハイライト】パンフレットも生徒が手作り 合唱祭で得られた自信と成長
【注目のPICK UP TOPIC!】英語でのアウトプット力を高めるために
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語に“浸る”毎日で使える英語を身につける
【キャンパスのVISION】勉強も!部活動も!意欲あふれる生徒がのびやかに活動
【部活レポート】生物部
【母校にエール!OGOB interview】卒業後も戻って来たくなる 家族のような学校です
【めざせ 次代のグローバルリーダー】イマージョン教育 10年間の成果 卒業生の国際的活躍
進学通信 2022年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ