Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2023年8月号

制服物語

青稜中学校

自分で着こなしを考え、
個性と感性で選べる制服

『Change(変化)』『 Challenge(挑戦)』『Contribution(社会貢献)』の『3C』が同校の行動目標。この『3C』が制服のコンセプトです。
制服を着た3人の生徒の写真です。

左の男子生徒と中央の女子生徒が冬用の正装。スクールカラーのブルーを基調にデザインされています。
右の女子生徒の上着はジャージブルゾンで、寒い時に羽織ることができます。また、女子用にスラックスも用意されています。

「2022年、私が校長に就任するにあたり、25年近く変わらなかった制服をリニューアルしました。プロデュースは『キング・オブ・ストリート』と呼ばれるファッションデザイナー藤原ヒロシさんです。藤原さんにとっても制服のデザインは挑戦(Challenge)であったはずです」と語るのは、校長の青田泰明先生です。

「本校にはゼミナール授業をはじめとする多彩な学習プログラムがあります。そこで私は生徒に『自分にとって何が必要なのか、どんな組み合わせが最適なのか、自分で考えて決めましょう』と話しています。

 新しい制服もフーディーからジャージブルゾンまで多彩なアイテムが揃っており、自分で組み合わせを考えて着ることができるのです。個性を表現できるだけでなく、新しい着こなしにも挑戦できます。その日の気分に合わせた『変化』のある着こなしも楽しめます。また、オンとオフの切り替えができることも特色です。中学生も社会の一員です。本校では生徒が企業の方々から学ばせていただくなど、在学中から社会と関わっていきます。将来、社会貢献(Contribution)」するにあたり、どのような服装がふさわしいのかTPOを学ぶこともできます」(青田先生)

 このように同校の制服には『3C』のマインドがデザインされているのです。

胸元を飾るリボンの写真です。胸元を飾るリボン。女子生徒はネクタイも選ぶことができます。校名のイニシャル「S」が入った長方形のエンブレムも藤原ヒロシさんが手がけました。
ブレザーのネクタイの写真です。式典にはブレザーにネクタイを着用して出席。胸のポケットからは、フォーマルな場にふさわしく、ポケットチーフが取り出せるようになっています。
ブレザーの裏地の写真です。ポケットチーフと同じ市松模様があしらわれたブレザーの裏地。英文字のタグも洗練されたデザインとなっています。見えないところにも、同校の『挑戦』が隠れています
ジャージブルゾンを羽織った写真です、
ブルーのワイシャツの写真です。

ジャージブルゾンを羽織ったスタイル。
ワイシャツは、ホワイトまたはブルー(写真2枚目)、
さらに白地の前立て部分にストライプをあしらったデザイン(写真1枚目)の3種類から選べます。

ホワイトのポロシャツの写真です
ブルーのポロシャツの写真です。

ホワイトとブルーの2色のポロシャツを用意。
着心地の良さに加えて、ウォッシャブル、イージーケアといった部分も追求されています。

フード付きのスウェットシャツであるフーディーの前面の写真です。
フード付きのスウェットシャツであるフーディーの背面の写真です。

フード付きのスウェットシャツであるフーディー。
ほかにもジャージブルゾンやダウンジャケットなどがあり、登下校時に着用できます。
「着こなしの幅が大きく広がった」と生徒から好評です。

進学通信 2023年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ