Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2023年8月号

大学合格力強化計画

光英VERITAS中学校

東大合格者を出す快挙
探究的な学びを核に
生徒の能力を高める取り組みを進める

前列左がOさん。右が松浦享子進路指導部長、後列が大野正文副校長。

前列左がOさん。右が松浦享子進路指導部長、後列が大野正文副校長。

充実した学習支援が
東大合格として実を結ぶ
Oさんが利用した自習室。大学生となったOさんは、現在メンターとして後輩たちにアドバイスしています。Oさんが利用した自習室。大学生となったOさんは、現在メンターとして後輩たちにアドバイスしています。

 探究的な学びを核として、自ら学ぶ姿勢や真の学力を育む「ヴェリタス・トルネード・ラーニング」を掲げる同校。探究活動を通して生徒が目標を見つけ、その実現のために進路を選択し、難関大学に合格できる学力を育むことをめざしています。2023年春に、開校以来初の東京大学合格者を出しました。快挙を成し遂げたOさん、大野正文副校長、松浦享子進路指導部長にお話を伺いました。

――東大合格に至るまで、学校の支援を含めてどのような学習をしましたか。

Oさん
高2になる際に文理選択をするのですが、文系の学問は自分で本を読むなどして勉強できると思い、理系を選びました。いろいろな分野に興味があったので、入学してから2年間の前期課程を経て進学先を決められる東大を受験しようと思いました。

高3の時は自習室を利用し、集中して勉強しました。メンターの方と相談して学習計画を立てましたが、なかなか計画通りには進みませんでした。

松浦先生
本校には、「VERITAS AFTER SCHOOL」という放課後自習システムがあり、大学受験対策、語学等検定対策などの支援をしています。現役大学生のメンターが常駐して受験相談や試験対策などの相談にのってくれます。

大野先生
生徒が主体的に利用することで、「答えを求める学び」ではなく、「問いをもつ学び」を習得し、自律的な学習態度を育成してほしいという思いから「VERITAS AFTER SCHOOL」を整備してきました。

Oさん
東大生のメンターに東大の過去問を解説してもらうなど、お世話になりました。でも、現役の時は2.334点足りず、合格には至りませんでした。

大野先生
Oさんの成績から見て、当然合格するものと思っていたので「2.334点の差」と聞いて、私たちもとても悔しい思いをしました。しかし、Oさんのように自分で勉強法がわかっていて、それを実行できるのはとても素晴らしいことです。

Oさん
浪人生の時は、主に自宅で勉強していましたが、模試の結果を先生やメンターの方に見てもらうため、何度か学校を訪れていました。

――いろいろな面で支援を受けて見事東大に合格されたわけですね。中高を通じて、学校ではどのように過ごしましたか。

Oさん
中学の頃は、宿題を必ずやる、定期テスト前の勉強をしっかりする、という点を心がけていました。6年間少人数の同じクラスだったので、授業で発言しやすい雰囲気でした。受験も「みんなで頑張ろう!」と、はちまきを作ったり、精神的に助けたり助けられたりする関係でした。

松浦先生
みんなで話し合って考えることが好きでしたね。周りと一緒に伸びようとする姿勢が見られ、文化祭などの行事も一緒に全力で取り組んでいました。

探究的な学びを核として
生徒の能力を高めていく
直近の大学合格実績は、現役生の良い刺激になっています。直近の大学合格実績は、現役生の良い刺激になっています。

大野先生
本校では、探究的な学びを核に大学受験の基礎となる学習習慣をつけてもらおうと、「探究科」と「探究型学習」の2本柱で生徒の能力を高める取り組みを行っています。探究活動のなかで、課題の発見と解決のために情報を収集し分析する能力を身につけ、社会へ出た時にやりたいことをイメージし、そのために大学で何を学ぶのかを考えることが進路実現につながっていきます。

Oさん
私は高2から高3にかけて、海洋プラスチックをテーマにした探究活動に取り組みました。正直、最初はあまり興味はなかったのですが、調べていくうちに問題意識が出てきて、将来それを解決する仕事に就くのもいいな、と思うようになりました。

松浦先生
本校の探究活動は、Oさんが中1だった頃にプログラムが確立しました。探究活動が将来やりたいことにつながる生徒も多く、Oさんのクラスでは高3になる時点で、ほとんどの生徒がやりたいことを見つけていましたね。

――進路支援では、ほかにどのような設備がありますか。

松浦先生
生徒が利用しやすい玄関近くに進路学習センターがあり、大学別の過去問題集や大学紹介DVD、受験情報誌を用意しています。進路指導教員のアドバイスを受けることもできます。

Oさん
過去問題集や共通テスト対策模試の過去問題集を借りるなど、私も利用しました。

――Oさんの東大合格を契機に、ますます大学合格実績を伸ばしていきたいというお考えでしょうか。

大野先生
もちろんそうなればいいですが、簡単ではありません。授業、補講、補習、自習室を連動させて、生徒の学力向上を図っていきたいと思います。探究学習を軸とした取り組みを6年間行うなかで生徒の能力を高め、難関大学に合格できる学力がつくようにしていきたいですね。また2021年に中学・高校を共学化したことにより、多様性に広がりが見られ、グループ学習などでも思考の幅が広がりました。これらは今後の大学合格実績にも良い影響として現れるだろうと思っています。

進路学習センターには、貸し出し可能な受験用資料がそろえられているほか、
先輩たちの受験体験レポートを閲覧することもできます。

(この記事は『私立中高進学通信2023年8月号』に掲載しました。)

光英VERITAS中学校  

〒270-2223 千葉県松戸市秋山600
TEL:047-392-8111

進学通信掲載情報

進学通信 2023年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ