Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年12月号

これからの国際交流

文京学院大学女子中学校

アオバジャパン・インターナショナルスクール(AJIS)
との教育提携、始まる!!
コラボ授業

5人のネイティブ教員が常勤する同校。日本人教員とともにネイティブ教員が授業を行う「コラボ授業」は現在、理科・数学・体育・日本史・世界史の授業で行われています。

5人のネイティブ教員が常勤する同校。
日本人教員とともにネイティブ教員が授業を行う「コラボ授業」は現在、
理科・数学・体育・日本史・世界史の授業で行われています。

ネイティブ教員による「コラボ授業」や、「国際塾」を通し「英語で学ぶ」環境が整う同校。インターナショナルスクールとの提携も始まり、幅広い国際交流を実現しています。

AJIS生との交流を通して
多文化を肌で感じる

「自立と共生」を教育理念に、新しい時代を創る生徒を育成している同校。2021年からは「アオバジャパン・インターナショナルスクール」との教育提携が始まりました。

「インターナショナルスクールがもつ自らの課題を探し、解決させる教育手法は、本校の求める探求学習に通じるところがあり、提携によって学びの幅が広がり、質が高まることを期待しています」(島田美紀先生)

「10月には、アオバジャパン・インターナショナルスクールでの学校生活を体験できる1日留学が実現しました。文化の違いを感じることができ、参加した生徒たちにも大好評でした」(教諭/丸山香奈先生)

 これまでも、グローバル社会で通用する英語運用能力を身につけるために、様々な試みを行ってきた同校ですが、2009年には「国際塾」を開講しています。「国際塾」は、海外大学への進学を視野に入れて「英語で学ぶ」をコンセプトとしたゼミ形式の課外授業です。

 近年、大学入試で求められているライティングの力、ディベートの力の伸長を図る講座のほか、英語検定試験上位級合格に向けた対策講座など、多様な講座で多くの生徒が学んでいます。英語を学び始めて日が浅い中学生も楽しんで参加できるゲーミングプログラミング講座も人気です。

ネイティブ教員との
日常的な交流

 2015年度にSGHの指定も受けた同校では、生きた英語を日常的に学ぶ機会も設けられています。ネイティブ教員が終礼や給食、校外行事に参加し、生徒が身近にコミュニケーションが取れる場を用意しています。さらに英語以外の科目において、日本人教員とネイティブ教員による「コラボ授業」も行っています。

「指導するネイティブ教員は、アメリカで体育の教員資格を取得しています。テーピングの方法を授業に取り入れるなど趣向をこらした授業は、スポーツ科学コースの生徒から好評でした」(丸山先生)

 また、社会科(世界史)の授業も人気です。

「第二次世界大戦も児童労働の問題も、視点が違えば見え方が変わってきます。ネイティブ教員による授業は、国際的な視点の獲得に役立っており、深い学びにつながっていると考えています」(島田先生)

 英語力の取得にとどまらず、グローバル社会を生きる視野を広げ、思考を深めて、発信する力を磨くことは、まさに昨今の国際社会から求められている力です。このような力を身につける環境が整う同校のこれからの発展が益々楽しみです。

国際塾

 週に1回、年間20回程度開催される「国際塾」では、オールイングリッシュで行われる「プログラミング講座」が2021年度からスタートし、生徒たちの人気を集めています。

インターナショナルスクールとの交流

 ネイティブ教員が引率し、同校写真部の生徒とAJISの生徒が六義園を散策しました。初夏の風景を撮影しながらの交流は楽しいひとときだったそうです。今後は、写真部の活動や、ボランティア活動を一緒に行う計画も立てられています。

AOABと学園祭

 コラボレーションダンスチームの演技は、両校の学園祭で披露され、大いに盛り上がりました。

ネイティブ教員との交流

 学活、給食(※中学生のみ)、清掃の時間など、日常の教育活動の中にネイティブ教員が自然にとけ込んでいる同校。中学校で行われている「毎日の記録(生活日誌)」では、英文でやりとりもします。生徒たちは日常的に英語に触れる機会をもつことができます。

グローバルビレッジ

 新型コロナにより海外への語学研修が中止となったことを受けて、日本の大学・大学院に留学している海外の方との3日間の交流プログラム「グローバルビレッジ」が開催されました。英語圏のネイティブではない方が多いので、共通言語として英語を使用し、学校を案内して日本を知ってもらったり、海外の学校生活を教えてもらったりしました。

(この記事は『私立中高進学通信2021年12月号』に掲載しました。)

文京学院大学女子中学校  

〒113-8667 東京都文京区本駒込6-18-3
TEL:03-3946-5301

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】SSH指定校の経験とノウハウを活かし 先進的な探究学習に取り組む
【私学の英語最前線】「コラボ授業」や「国際塾」、「英語が日常になる」学習環境を
【これからの国際交流】アオバジャパン・インターナショナルスクール(AJIS)との教育提携、始まる!! コラボ授業
【私学の英語最前線】英語のある環境で伸ばす異文化コミュニケーション力
【未来を切り拓くグローバル教育】1ランク上の英語力を習得多彩な課外講座『国際塾』
【未来を切り拓くグローバル教育】インターナショナルスクールとの教育連携
【中学入試のポイント】生徒の個性を伸ばす“得意”を活かす新入試
【グローバル特集 授業[コース]】高大連携で取り組む『アジア研究』ワークショップ
【学校生活ハイライト】自主性を重んじる創作ダンスで学び取る協働と創造
【私学の校外学習・学外交流】「自立と共生」の実現へのステップとなる都電の旅 中1校外学習〜都電荒川線の旅〜
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒主体で行われた「学校説明祭」部活動体験や制服試着も!!
【本音で語る保護者座談会】生徒一人ひとりを先生がきちんと見てくれているその安心感と信頼はかけがえのないものです
【目標にLock On!! 私の成長Story】中学も高校も生徒会長として悩んだからこそまた壁があっても乗り越えていけると思う
【みんな大好き キャンパス食堂】中学3年間は「給食」を実施 健康な心身を育む伝統の食育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】教師は常に生徒に寄り添いながら6年間を共に学ぶという姿勢を貫く
【中1の始め方】創立の理念を受け継ぐ伝統教育が21世紀を生き抜く力を育む
【私学の光輝】文女祭
【グローバル時代の学び方】理系テーマから世界を考える
【SCHOOL UPDATE】SSラボ 教えることが学びになる小学生向け実験教室
【Students' Chat Spot】1年生の3人が希望するコースの授業内容や学校の魅力を紹介
【キャンパスのVISION】生徒が主役!アクティブに学び、考え 感動、発見をわかち合う
【授業発見伝】理数実験 探究心あふれる女性サイエンティストを育成
【On Going! 進歩する私学の注目情報】「好き」を「得意」に!キャリアを見据えた3つのコースを新設
【部活レポート】吹奏楽部/バスケットボール部
進学通信 2021年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ