Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年12月号

これからの国際交流

恵泉女学園中学校

来日中の留学生との交流で
新たな「気づき」を得る
KGSP

KGSPのビギナーズクラス(中1・中2対象)は『英語を通じて世界とつながる』、
アドバンストクラス(中3~高2対象)は『多様な価値観を知る』をテーマにした講座を行っています。

英語学習を通じて、異文化理解を深め、平和の実現のために貢献できる女性を育成している同校。海外研修が中止となっている現在は、複数の代替プログラムが用意されています。

テーマは女性の生き方
英語でのディスカッション

 オーストラリアへの短期・中期留学プログラムなど、充実した海外研修を用意している同校。現在、コロナの影響で渡航が必要なすべてのプログラムが中止となってしまいましたが、複数の代替プログラムをスタートさせています。また、夏休みに行われる「エンパワーメントプログラム」も、内容を変更して開催されました。

「これまではアメリカから女子大生を招き、生徒の家にホームステイをしてもらっていました。しかし、現在は海外からの入国が難しいため、すでに日本に留学している大学生の方々にお越しいただきました。今回は男子学生にも参加をお願いしたことで、より幅広い意見交換ができました」(国際交流主任・英語科/飯田絢子先生)

 このプログラムでは、女性の生き方やキャリア、ジェンダーなどをテーマに議論を重ねます。

「本校では、普段の授業からジェンダーやSDGsの問題に取り組んでいるため、生徒たちは自由に自分の意見を述べることができます。それぞれの考えを英語で伝え、文化の違う海外の方々とディスカッションすることで、視野が広がり、多くの発見を得られます」(校長/本山早苗先生)

さまざまな講座を展開
継続して学ぶKGSP

 2021年度からスタートした「KeisenGlobalSparkProgram(KGSP)」は、「未来社会にイノベーションを起こす女性人材の育成」を目標に、前後期それぞれ4〜5回ずつ実施されるプログラムです。来日中の留学生とディスカッションを行ったり、国際開発センターの調査員の方からアフリカでの開発支援についてのお話を伺ったりと、さまざまな講座を受講します。

「これまでは、英語を母国語としている国々の方と交流することが多かったのですが、近年は、アジアやアフリカからの留学生と交流する機会に恵まれました。彼らは、たとえば病院を作りたい、水道を引きたい、橋を建設したいという明確な目標があり、それを学ぶために日本へ来ています。彼らの話を聞いていると、英語は何かを学ぶための手段でしかないのだ、と改めて気づかされました」(飯田先生)

 その気づきは、生徒たちにも大きな変化をもたらしたといいます。

「留学生の志に感動し、自分たちも目標をもって勉強しなければならないという思いが生徒に生まれました。自分の考えをもち、発信することの大切さを改めて感じていると思います」(本山先生)

Spring Global Session Program

「Spring Global Session Program」は、提携校であるオーストラリアの学校とオンラインセッションを楽しむ3日間のプログラムです。

「今回は、中期留学で訪れる予定だった、ブリスベンの学校の日本語クラスの生徒たちと交流を図りました。互いに自己紹介をしたり、日本語の授業に参加させてもらったりと、“バーチャル・ホームステイ”の趣きになりました。今年は、実際に訪れることはできませんでしたが、生徒たちは英語学習への意欲を高めるきっかけになったようです」(飯田先生)

エンパワーメントプログラム

 今年で6回目の開催となる「エンパワーメントプログラム」。例年100名近くの参加者が集まります。「代替プログラムのモットーは『Get out of your comfort zone』。居心地の良い場所に留まるのではなく、そこから一歩外に踏み出してみることを目標にしています」(飯田先生)

英語スピーチコンテスト

 中学3年間を基礎固めの期間と定め、毎日の宿題や小テストなどを通し、確かな英語力を身につけます。また、46年前から行っている「スピーチコンテスト」では、自己表現力を高めます。

タイ学校交流プログラム

 平時では、オーストラリアやアメリカへの短期留学プログラムのほかに、「タイ学校交流プログラム」も用意。タイの学校の生徒たちと交流し、アジアの文化などへの理解を深めます。

(この記事は『私立中高進学通信2021年12月号』に掲載しました。)

恵泉女学園中学校  

〒156-8520 東京都世田谷区船橋5-8-1
TEL:03-3303-2115

進学通信掲載情報

【これからの国際交流】来日中の留学生との交流で新たな「気づき」を得る KGSP
【注目! News and Topics】園芸、感話、留学など多彩な教育が育てる自ら発信する力と夢を実現する学力
【ココに注目!学校説明会レポート】主体性・多様性・協働性を育む教育方針に触れる
【校長が語る 自立へのプロセス】「創立以来の理念である自分らしさを大事にする教育」
【SCHOOL UPDATE】園芸の授業での収穫体験 野菜を育て、食することで「いのち」の大切さを学ぶ
【行ってきました!学校説明会レポート】参加型イベントが充実!学校生活を体感しよう
【先達の意志】世界に目を向け平和を実現する女性を育てる
【私たち、僕たちが大好きな先生】想像のスイッチを入れる“学びの共同体”を作る この二つを大切にして私自身も学び続けたい
【キャンパスのビジョン】9万冊の蔵書数を誇るメディアセンターは教育の中心的存在
【私学の光輝】上級生の手作り人形で歓迎される入学式。今日から学園の一員に
【学校生活ハイライト】恵泉に関わるすべての人に 感謝を伝える伝統的な祭典
【グローバル時代の学び方】国内研修『エンパワーメントプログラム』を導入 挑戦する大切さを英語で学ぶ
【注目のPICK UP TOPIC!】試行錯誤しながら課題に取り組むサイエンス・アドベンチャー
【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒の未来が花開くように心に栄養が注がれる6年間
【熱中!部活動】【課外オーケストラ/チアリーディング部】感謝の心を養う放課後の学びの場
【思春期の伸ばし方】芽ばえ、花開く時期は一人ひとり異なります 環境・聞く・待つことが大切です
【私学の光輝】社会のために“自分ができること”を考えるクリスマス クリスマス礼拝&活動
【自立と自律】視野を広げる経験が自分で考え、行動する力を養う
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】6年間のスタートラインに立った中学1年生が、入学してよかったと思える“人間力”と“学力”を養う土台を築く
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】本質をとらえ生き方を考える 学びに慣れる1学期
進学通信 2021年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ