Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年12月号

注目! News and Topics

横浜翠陵中学校

コロナ禍を経て進化した
生徒の学びを止めない授業のあり方

写真左から入試広報部長・保健体育科/庄大介先生、
外国語科で高1担任の鈴木絵恋先生、理科で高3特進コース担任の田島浩平先生。

「考えることのできる人」を校訓に、1986年に創立された同校。新型コロナウイルスの感染拡大という事態を受けて同校に起きた変化について、3人の先生にお話を伺いました。

これまで以上に深く生徒の
ことを考えた休校期間
生徒の健康を第一に考え、対面授業に戻すための道を模索する中で授業の進化が生まれたと先生方は語ります。生徒の健康を第一に考え、対面授業に戻すための道を模索する中で授業の進化が生まれたと先生方は語ります。

 政府からの一斉休校要請が出された2020年2月末から教員たちの試行錯誤が始まったと話すのは、同校の入試広報部長・保健体育科/庄大介先生です。

「その時は教員も自宅勤務を続けながら、勉強会を重ねて生徒の学びを止めないための対策を模索しました。まだ生徒の家庭の通信環境にバラつきがあったので、オンライン授業は時期尚早と判断し、課題を郵送して対応しました。授業動画も撮りましたが、そのときはまだ参考資料という位置づけでした。各家庭に通信環境の整備をお願いしている間に、各担任は生徒たちとオンラインで面談や体調確認を進めて、6月からの分散登校の準備を進めました」

 生徒の学びを止めないために、休校期間中はこれまで以上に生徒のことを考えたと話すのは、理科担当の田島浩平先生です。

「特に高3は受験を控えた大切な1年ですから、リモートでの授業も考えて、動画をたくさん作りました。だから登校が再開して生徒の顔を直接見られた時は、本当にうれしかったですね」

 登校再開後は、3密を避けるため、英語では音読やペアワーク、理科では実験などをふくめ、すべての教科で感染対策に気を配って授業を行ったといいます。そのような中で、いくつかの気づきがあったと外国語科の鈴木絵恋先生は話します。

「対面授業中は生徒たちに声を出してもらいにくい状況だったので、生徒たちに家で音読を録音したデータを提出してもらったのですが、録音なら教員が何度も繰り返し聞いてチェックができるので、より細かい指導ができるようになりました。また中1の前期の英語では、アルファベットの書き方から始めて基礎の基礎を繰り返し学ぶ大切な時期なのですが、それまでは定期試験の範囲を学ぶことに追われてしまっていた部分がありました。それを休校期間中にじっくり取り組めたので、結果的に定期試験の平均点が上がりました。各家庭のご協力があって、生徒が課題をきちんと提出してくれたおかげで、ゆっくりと確実に “土台作り”ができた成果だと思います」

 オンラインの利点に気づけたことも収穫だったと、先生方は口をそろえます。

「生徒たちにチームで協力して英文の要約を作ってもらう課題をオンラインで実施する場合、生徒たちは共有した一つのファイルに自分の考えを書き加えながら改良して要約文を完成させていき、その過程で他の生徒の要約も見ることになります。これまでのように各自で紙に書いて提出してもらうやり方の場合、見られるのは先生からのアドバイスだけでしたが、友達の解答を見ることで生徒はたくさんの刺激を受け、学びを得るようです」(鈴木先生)

「対面授業に勝るものなし」を改めて実感

 こうしたオンラインの利点を活かして授業のアップデートを図る一方で、やはり「対面授業に勝るものはない」と庄先生は話します。

「授業が再開した時の様子を見ていると、先生方の表情がイキイキしているように感じました。コロナ禍の休校期間を経て、『生徒と向き合う』ことの大切さを各教員は改めて実感したのではないかと思います」

「オンライン授業の場合、わかる生徒がわからない生徒に教えるタイミングがありません。先生に教わるだけでなく、友人同士で教え合うのも理解の進捗につながっているので、そうした時間も大切にしたいと思っています。また授業以外の時間でも、雑談する中で生徒がどんなことに悩んでいるかが伝わってくることがあります。そうしたことを考えると、やはり対面に勝るものはないと思います」(田島先生)

「リモート授業の感想を聞いたことがあるのですが、『みんなと一緒に勉強して、わからないところはすぐ質問できる対面の方がいい』という生徒は、やはり多かったですね」(鈴木先生)

 9月30日に終了した4回目の緊急事態宣言中は、高3の授業では対面を基本にしながらも、自宅でのオンライン授業のライブ中継も行ったという同校。感染の心配や基礎疾患を持つ生徒に配慮してオンライン授業と対面授業の選択肢を設けたことは、好評を博したといいます。そうした生徒たちの声を耳にして、教員と同様に生徒たちも対面に勝るものはないと感じていることがわかって、うれしくなったと庄先生は語ります。

「こんな状況だからこそ、本校のモットーである『Think & Challenge! 』の精神が必要なのだと思います。生徒の学びをストップさせず前に進めるために考え、試行錯誤して挑戦する姿勢が、授業を進化させる原動力なのではないでしょうか」

休校期間を経て、授業スタイルが変わったと話す庄先生。休校期間を経て、授業スタイルが変わったと話す庄先生。
コロナ禍をきっかけに対面授業のあり方が進化したと鈴木先生は話します。コロナ禍をきっかけに対面授業のあり方が進化したと鈴木先生は話します。
自分がYouTuberかと思うほど授業動画を作ったという田島先生。自分がYouTuberかと思うほど授業動画を作ったという田島先生。

(この記事は『私立中高進学通信2021年12月号』に掲載しました。)

横浜翠陵中学校  

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1
TEL:045-921-0301

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】コロナ禍を経て進化した生徒の学びを止めない授業のあり方
【実践報告 私学の授業】中学3年間の探究で大きく成長 翠陵グローバルプロジェクト
【学校行事ハイライト】『Think & Challenge!』の精神が体育祭を成功に導く
【コロナに負けない!私学のアクション】先の見通せない時代に『Think & Challenge!』精神で立ち向かう
【実践!未来の学び 探究学習『SGP』】中学3年間の探究で大きく成長翠陵グローバルプロジェクト
【私学の英語最前線】実践的な英語力を高めるネイティブと学ぶ宿泊学習
【キャンパスのビジョン】広大な敷地に佇むキャンパス勉強に最適な落ち着いた環境を提供
【SCHOOL UPDATE】翠陵グローバルプロジェクト学年末発表会 世界に広く目を向け解決策を考えて発表
【学校生活ハイライト】1人1家庭のホームステイ 出会いと感動が次の自分をつくる
【私学の英語最前線】英語4技能を伸ばす オリジナルの英語教育
【SCHOOL UPDATE】国際社会で活躍するグローバルリーダーを育成 翠陵グローバルプロジェクト 学年末発表会
【学校生活ハイライト】未来のグローバルリーダーへ 基礎を大切にする英語学習に手応え
【6年間の指導メソッド】英語力×人間力でグローバルな力を育成
【中1の始め方】ともに成長できる学年づくりに向けた始めの一歩
【SCHOOL UPDATE】理系プロジェクト『サイエンスラボ』 「理科って楽しい!」を引き出すための実験教室
【グローバル時代の学び方】実践を積み重ね鍛えられ伸びる英語力
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】キーワードは”英語力×人間力” 中高6カ年一貫『グローバルチャレンジクラス』
【学校生活ハイライト】合い言葉はThink & Challenge! 先輩・後輩が絆を結び自主性を高める体育祭 笑顔と感動が明日を育む
【目標にLock On!! 私の成長Story】「THINK & CHALLENGE!」の精神で難関大学合格も夢も叶える
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】中高6カ年一貫 グローバルチャレンジクラスを新設
【学びのプロセス】クラス単位で学習室を活用 勉強習慣づくり
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】自らと向き合い、振り返る活動を6年後に向けて積み上げていく
【キャンパス歩き】モットーは“THINK&CHALLENGE!” 広く美しいキャンパスで育まれる確かな学力と豊かな感受性
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】厚紙と虫眼鏡でカメラを作ろう
進学通信 2021年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ