Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年12月号

中学入試のポイント

高輪中学校

自ら考える能力を測る問題
特徴的な算数1科入試も

将来の夢や目標をもち、それを実現させるために頑張れる生徒を求める同校の入試では自分で考える能力や未知の問題に対応できる能力を試す出題をしています。
目標を明確にし
のびのび育ってほしい

 教育理念として「見えるものの奥にある見えないものを見つめよう」を掲げる同校では、「学習意欲の高揚と学力の向上」「能力・適性・進路に応じた的確な進路指導」「規律・公衆道徳の尊重と実践する習慣の養成」「個別面談等を通して、それに対応する生徒指導」を教育方針としています。目標とするのは、「基本的な生活習慣の指導を徹底し、学力と心身両面の教育の充実に取り組み、社会人として必要な知識と教養を備えた男子を育てる」ことです。そのために、中高6年間を貫く継続的な教育を実践しています。進路指導においても、将来の夢や目標を実現できるよう、大学やその先の将来を見据えて早い時期から進路講演会や職業体験学習などの機会を設け、文理選択や志望大学の選択を的確に行えるように指導しています。

 入試広報部長の松崎武志先生は、求める生徒像について次のように話します。

「中学に入ったら、あるいはその先の人生において『こういうことをやりたい』という夢や目標をもったお子さんにチャレンジしてもらいたいですね。本校は部活動が盛んで、体験学習のプログラムも充実しています。異性の目を気にせずやりたいことに打ち込める、男子校ならではの環境で、のびのびと育っていってほしいと思います」

思考の過程を測る
算数1科入試

 同校では、4教科で受験するA・B・C日程と、算数1科で受験する算数午後入試を設けています(帰国生入試は除く)。

 4教科入試では、国語と算数を重視し、配点を国語・算数は各100点、社会・理科は各60点の320点満点としています。国語も算数も、単に知識を暗記しているだけ、計算ができるだけといった表面的な能力だけでは対応しきれず、自分で考える能力や見たことのない問題に直面したときにどう対応するかといった、知識を使いこなす能力を測る問題が出題されます。

 国語では、言葉に関する問題、論理的な文章からの問題、文学的な文章からの問題と、大問が3題出題され、幅広い文章を読み取り、理解し、自分の言葉で答えられるかどうかが試されます。

 また、算数は大問が5題、代数、幾何の基本をしっかり身につけ、応用力も備えているかを問う問題が出題されます。

「算数の試験は本校のポイントでもあり、出題者から受験生やその保護者へ向けたメッセージとも言えるものです。すなわち、算数特有の内容・解法と、数学につながっていく内容・解法を身につけているかどうかをしっかり評価できる入試問題にしています。こういった問題に熱心に取り組める受験生に来てほしいという発信なのです」

 算数1科の午後入試は、同校で20年ほど前から行われている特徴的な入試です。大問4問はすべて文章題で、小学生には難問ぞろいと言えるかもしれません。4教科入試での算数が解答の正否で点数が与えられるのに対して、こちらの入試では、途中式もきちんと見て部分点を与える方式をとっています。答えが合っているか合っていないかだけでなく、問題に対してどう考えたかという思考の過程を重視しているのです。

「4教科入試と算数1科入試の両方にチャレンジする受験生も多いですが、別の学校を受験して、算数が得意だから本校の算数1科入試にチャレンジするという受験生もいます。この入試で入学した生徒も、入学後はほかの合格者と同じクラスで同じ授業を受けることになります。算数が得意なことを活かして選抜クラスに入る生徒もいますが、なかには文系に進む生徒もいます」(松崎先生)

 算数1科だからといって、算数の能力だけを測っているわけではなく、算数の問題に取り組む際の思考の道筋や、ものごとを多面的に見る姿勢を測っているのです。こうした能力こそが入学後に確かな学力に結びつくのです。

 同校では学校説明会などで、入試問題の傾向や対策について細かく説明しています。各教科の平均点や合格最低点などの情報をはじめ、正解・不正解の評価基準なども公表しています。この過去問に沿って学習を進めれば、同校の求める能力がわかるはずです。

進学通信 2021年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ