Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年1月号

大学合格力強化計画

江戸川女子中学校

日々の積み重ね
堅実に真摯に学び大学入試に強い素養を
無理なく確実に培う

2つの理科室を活用して多くの実験を行い、中学から幅広い分野を深く学んでいます。授業を通して理系の面白さに目覚める生徒も少なくありません。

2つの理科室を活用して多くの実験を行い、中学から幅広い分野を深く学んでいます。
授業を通して理系の面白さに目覚める生徒も少なくありません。

日々確実に学びを
積み重ねる
「悔いのない進路選択ができるように、自分とよく向き合って自分の強みを知り、その強みを伸ばせる大学はどこなのかを周りに流されずに考えてほしい」と宮山遥先生(左)と小島武史先生(右)。「悔いのない進路選択ができるように、自分とよく向き合って自分の強みを知り、その強みを伸ばせる大学はどこなのかを周りに流されずに考えてほしい」と宮山遥先生(左)と小島武史先生(右)。

 生徒一人ひとりの学力を「更に上へ」そして「更に伸ばす」を目標に、1994年からスタートした『65分授業・2期制・6日制』は同校のカリキュラムの大きな特色です。オリジナルのテキストや体験学習を通じて、密度の濃い授業によって、質の高い学習を展開。毎年生徒のニーズに合わせたカリキュラムを検討し、改良を続けることで、効果的な大学受験指導を実現しています。

 近年、理数系に進む生徒が増加していることから、理科ではこれまで以上に実験を重視した授業を充実させています。数学では少人数・習熟度別・チームティーチングで手厚い指導を行うほか、高校では自分でテーマを決めて研究し、スライドにまとめて発表する理科課題研究発表会を行うなど、理数系のカリキュラムを毎年強化させています。その結果として、2020年度の大学進学者325名のうち、38%にあたる125名が理系の大学や学部・学科に進学しました。なかでも医療系学部に進む生徒が増加し、医学部医学科に7名、看護学科に83名、薬学科に41名の合格者を出しました。

「どの教科も、中1から中3は基礎の定着を徹底し、大学受験に向けて実力をつけていきます。数学は理系の生徒だけではなく、文系で国公立大学をめざす生徒にとっても必要な科目です。すべての教科の基礎を着実に学ぶことは、将来の選択肢や可能性を広げることにもつながります」(進路担当・数学科/小島武史先生)

 また、各教科とも中高一貫教育のメリットを活かしたカリキュラムを編成し、日々の積み重ねの中で、きめ細かな学習指導を行っています。

「中1〜中3は、月曜日の5限目や放課後に英語・数学の補習を実施して、定期的に理解・定着度を確認し、必要に応じて夏休みと冬休みに指名制の補習を行っています。朝のHRの時間では、主要教科の小テストを実施しています。
 各教科で課題を出し、各教員がきめ細かくチェックして、個々の理解度に合わせた指導に役立てています。課題によって予習・復習、発展問題もフォローしているため、塾に通う生徒は中1では1割ほどしかいませんし、これまで多くの卒業生たちが学校の勉強だけで最難関大学の合格を勝ち取っています」(小島先生)

 また、同校ではどの教科でも意識的にレポートの課題を増やし、書いて表現する機会をつくっています。夏休みには、中学生は読書感想文、高校生は小論文の宿題も出され、小論文模試にも定期的に取り組んでいます。

「自分の考えをまとめる力を早くから身につけることは、小論文試験や記述問題が増加しつつある近年の大学入試において、本校の生徒たちの強みとなっています」(進路担当・国語科/宮山遥先生)

自ら見いだした進路が
意欲を高める
具体的な進路設計と関わる大きな機会となる、中3の卒業研究論文具体的な進路設計と関わる大きな機会となる、中3の卒業研究論文

 同校の進路指導の基本は、『生徒の夢をかなえたい』気持ちであると宮山先生は言います。中学の入学時から生徒の成長段階に応じた進路指導をしていますが、なかでも具体的な進路設計と大きく関わるのが中3の卒業研究です。

「課題として自分の興味のある新書を選び、3000文字程度の論文を書くというもので、この卒業論文が将来の職業に結びついたという卒業生も少なくありません。目標が定まると勉強に対するモチベーションが高まります。“自分はこれだ”というものを見つけられたことが、大きな成長につながるのだと思います。
 もちろん卒業論文と進路が結び付かない生徒や、全く違う選択をする生徒もいますが、中3の時点でとことん興味・関心と向き合って、本当に自分の好きなことは何か、自分の目標は何か、と真剣に考えることで、その後の進路選択の指針が作られていくのです」(宮山先生)

高2の時点で入試日程を
シミュレーション

 高校での進路指導は、中学の時に決めた将来の目標を実現するためには、どの大学・学部・学科を選べばよいかを具体的に考えるため、年間を通して職業・学問・学部・学科の研究をしていきます。

「高1ではオープンキャンパスに行ったり、資料などを取り寄せて、調べた大学について新聞の形にまとめて発表したりします。これは、大学の調べ方を知ることに主眼を置いています。互いの発表を聞き、できあがった新聞を見比べてみると、『あんなことも調べたらいいな』『こういう調べ方もあったのか』といった気づきがあります。
 高2では志望理由書を書いて、生徒同士で読み合わせをしたり、模擬面接をしたりします。グループ作業にすることで、『みんなはもうこんなに真剣に考えているんだ』と、刺激になります」(宮山先生)

 また、高2の時点で実際に入試の日程を立てる取り組みを行うことも、非常に役立っています。

「試験日が重なるため、受験する大学を考え直す必要が出てくることや、どの時点で合格発表が出るのかなど、実際に予定を組んでみて気づくことが多いのです。高2までの進路指導でしっかりと目標を設定し、計画を立てて、高3では受験勉強に集中できるようにしています。目標のために集中すると、生徒は驚くほどの力を発揮します。そのように促すことで、生徒が希望の進路に突き進めるようサポートしていきます」(小島先生)

■2020年度主要大学合格実績

※既卒生を含む

大学名 人数





 

東京工業大学 1
大阪大学 1(1)
東北大学 1
筑波大学 3(1)
千葉大学 6
東京医科歯科大学 1
東京外国語大学 4
東京海洋大学 1
東京農工大学 1
横浜国立大学 3
埼玉大学 1
東京都立大学 4
千葉県立保健医療大学 4
防衛医科大学 2(1)
国立看護大学 1
ほか国公立大学合格 計54
大学名 人数




 

早稲田大学 24(1)
慶應義塾大学 6
上智大学 16
東京理科大学 29(2)
国際基督教大学 1
早慶上理・ICU計76
明治大学 39(1)
青山学院大学 22(7)
立教大学 44(7)
中央大学 15(3)
法政大学 30(5)
学習院大学 21(1)
津田塾大学 10
東京女子大学 22(1)
日本女子大学 42(6)
成蹊大学 9(1)
成城大学 17(10)
明治学院大学 13
國學院大學 8(2)
日本大学 46(5)
東洋大学 27(9)
駒澤大学 11(2)
専修大学 13(1)
北里大学 18
順天堂大学 18
東京慈恵会医科大学 1
東京女子医科大学 1
東京農業大学 41(2)
芝浦工業大学 5(1)
東邦大学 34(2)
日本医科大学 1(1)
日本獣医生命科学大学 8
東京薬科大学 1
星薬科大学 2
明治薬科大学 4
聖路加国際大学 5
日本赤十字看護大学 5

※( )内は既卒生

(この記事は『私立中高進学通信2021年1月号』に掲載しました。)

江戸川女子中学校  

〒133-8552 東京都江戸川区東小岩5-22-1
TEL:03-3659-1241

進学通信掲載情報

【大学合格力強化計画】日々の積み重ね堅実に真摯に学び大学入試に強い素養を無理なく確実に培う
【未来を切り拓くグローバル教育】中高6年間の『国際コース』2021年よりスタート
【未来を切り拓くグローバル教育】英語学習・海外体験を進学へとつなげる
【私学の校外学習・学外交流】教科書に出てくる史跡を訪ね 歴史や文化への理解を深める
【目標にLock On!! 私の成長Story】一人ひとりをきちんと捉えて目を配る細やかな先生方のまなざしを受け継いで
【すべて見せます私学のテキスト】「わかったつもり」で終わらせない!古文・漢文の確かな知識を身につける
【大学合格力強化計画】早めの受験対策が現役合格のカギ難化傾向の私立大学も全方位で対応
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】グループで大学入試問題に挑み考える習慣をつける
【Students' Chat Spot】きれいな施設がみんなの自慢!優雅な雰囲気が漂います。
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自身で判断しようとする努力を見守り 多様な可能性を示してあげましょう
【熱中!部活動】【バトン部/弦楽部】好きなことを通して人間力を高める
【子どもの自立を促す教育】修学旅行は奈良に現地集合 判断力や対応力を養い自立心を鍛える取り組み
【授業見聞録】興味をひきつける身近な話題で学力を伸ばし深める
【注目のPICK UP TOPIC!】中学3年間で習得した弦楽器の見事な腕前を披露
【学校生活ハイライト】新しい自分を発見する 旧交を懐かしむ 来場者6000人に魅せる“エドジョ”の祭典
【大学合格力強化計画】中高一貫教育がアドバンテージ 現役合格へと導く“先輩の声”
【キャンパス歩き】新講堂・体育館が完成 豊かな感性と品格を重んじる教育を支える
【Students' Chat Spot】これまでの学校生活を振り返り 学校の魅力を語ってくれた生徒会役員
進学通信 2021年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ