Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年1月号

その先に備える キャリア教育

立正大学付属立正中学校

進路
自分を知って未来へつなげる
キャリアプログラム

これまでを振り返って自分を知り、職業への視野を広げて自分の長所とつなげ、未来への進路目標を設定するキャリアプログラムを実施しました。
働くことの意義や大変さを知り、自身の目標を思い描くきっかけとなる「職業体験」。

働くことの意義や大変さを知り、自身の目標を思い描くきっかけとなる「職業体験」。

学びから得たものを「職業新聞」にまとめて発表し、体験を共有します。学びから得たものを「職業新聞」にまとめて発表し、体験を共有します。

 仲間とともに、社会のために自分の力を発揮する人を育てることをめざす同校では、生徒一人ひとりが希望する進路を実現できるように、6年間を通じたキャリアデザインプログラムに取り組んでいます。

「キャリアデザインプログラムは、将来に対する意識を高め、目的を持った進路選択を促すための取り組みです。
 中学では、『社会を知る』ことをテーマに、仕事・職業についての知識を深めて、自分の進路を考えるきっかけとなるプログラムを用意しています」(数学科/石川喜多呂先生)

 中1では、さまざまな分野で社会人として活躍する卒業生の話を聞く「職業講話」を、中2では挨拶や言葉遣いなど、社会人としての立ち居振る舞いを学ぶ「マナー講習」を実施します。

 中2・中3の「職場体験」では、30社前後の企業の協力のもと、実際の仕事の現場を体験します。

「職場体験後は、『職業新聞』を製作して『立正祭(文化祭)』で発表したり、『体験報告会』でレポートをプレゼンテーションしたりして、業種への理解を深めます。中学段階で自分の長所や興味を活かした将来への道筋を見つけて、目標を持ってもらいたいと思っています。高校で目標をどうやって叶えるか具体的に考えるための土台作りです。
 高校では、学びたいことや将来の職業につながる大学・学部を選択するため、大学生との座談会やオープンキャンパスへの参加、大学の広報担当者による学部・学科ガイダンス、大学ガイダンスを実施します」(石川先生)

 2020年度はコロナ禍により職場体験の実施は見送られたため、新たな取り組みが行われました。

「中2を対象に進路目標を見つけるプログラムを実施しました。これまでの経験を振り返って自分を見つめ直す『自分を知ろう』、職業図鑑を活用して自分の長所とつなげる『職業について』、将来の姿を思い描く『未来の自分』、クラスメートが評価する新たな自分を発見する『他己分析で自分をより深く知ろう』、今後の生活に活かす目標や課題を考える『まとめ(目標設定)』の5回の進路学習です。
 校外で実施する企画が難しくなった分、より内面を掘り下げるプログラムで、生徒からは『将来を考えるきっかけになった』という声をたくさん聞くことができました」(石川先生)

Report自分の長所を将来の仕事につなげるプログラム
看護師になって患者さんを笑顔にしたい
中2生  Mさん中2生  Mさん

 プログラムがきっかけになって、自分の得意なことや特徴がわかりました。

 クラスメートにはコミュニケーション能力があると言われ、自分では暗記力と集中力が長所だと気づきました。

 将来は看護師になりたいです。看護師である母の働く姿を見て、素晴しい職業だと思っていました。看護師は、患者さんや周りの人たちとのコミュニケーションは欠かせませんし、治療や病気、薬など覚えることがたくさんあり、ここぞという時に集中力が求められる職業なので、自分の長所が活かせると確信できました。

 病気やけがをしている人を、少しでも笑顔にできるような、安心感を持ってもらえる看護師になりたいです。


リーダーシップ力を活かせる職業をめざす
中2生  Fさん中2生  Fさん

 他己分析では、クラスメートにアンケートをとって自分を評価してもらいます。「リーダシップがある」「優しい」「友達思い」という意見が多くてうれしかったです。また、自分も人を分析することで、その人をよく見ることを学びました。サッカー部のキャプテンをしているのですが、部員一人ひとりを知ることで、コミュニケーションがスムーズになりました。

 漠然とサッカーに関わる職業に就きたいと思っていましたが、職業図鑑でさまざまな職種があることを知り、リーダーシップ力を活かせるサッカーチームの監督やコーチをめざしたいと思いました。そのために必要な学びや資格を、これからもっと具体的に調べていきたいと思います。


進路学習を通じて人への感謝も学んでほしい
数学科  石川喜多呂 先生数学科  石川喜多呂 先生

 当たり前だと思っていたことが当たり前ではなくなり、考えることが多い1年だったと思います。その中で、自分について深く知り、自分の軸を強くする今回のプログラムは、生徒たちにとって良い機会になったと思います。

 本校には「人に感謝しよう」という大きな目標があります。進路学習を通じて、家族の職業について新たに知ることも多かったでしょう。家庭でも職業についてたくさん話して、働く人たちへの感謝の気持ちも育んでほしいですね。

(この記事は『私立中高進学通信2021年1月号』に掲載しました。)

立正大学付属立正中学校  

〒143-8557 東京都大田区西馬込1-5-1
TEL:03-6303-7683

進学通信掲載情報

【その先に備える キャリア教育】進路 自分を知って未来へつなげるキャリアプログラム
【私たち、僕たちが大好きな先生】長所で勝負できる大人になってほしい自分の長所を知るためのヒントを与えたい
【ビジョン】先進教育委員会が改革を推進
【熱中!部活動】凛とした雰囲気が漂う 弓道場で美しく弓を射る
【実践報告 私学の授業】朝の『コラムリーディング』で読解力、文章力を鍛える
【本音で語る保護者座談会】やさしい先生が子どもたちをしっかりと見守ってくれるアットホームな学校
【キャンパスのビジョン】“採光”をコンセプトにした陽光が差し込む新キャンパス
【熱中!部活動】バスケットの技術とともに礼儀や協調性、発信力を育む
【校長が語る自立へのプロセス】生徒一人ひとりと向き合い多様性を認めることが自立へと導く
【熱中!部活動】【高校女子バスケットボール部】一生ものの仲間とともに社会に出ても役立つ姿勢を学ぶ
【その先に備えるキャリア教育】行学 将来の夢や志につながる職業観を中1から育む
【親も楽しめる! 私学の保護者サークル】親子で学校生活を謳歌!7種類のカルチャー教室
【熱中!部活動】日々の練習を通して人間力を育む
【その先に備える キャリア教育】実践 段階的に積み重ねた知識を進路選択へのステップに
【Students' Chat Spot】「学びを深め(修学)、それを実際に行動で示すこと(修行)」のできる生徒の育成
【私学の光輝】日々の気づきから生まれた考えを正面から訴える 仏教主義学校連盟弁論大会
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】レベルの高い授業と生徒との個人面談でやる気を高め、着実に学力アップ! 第一志望の大学合格をめざす「特進クラス」
【The Voice 新校長インタビュー】生徒も教職員も楽しく通える学校を創りたい
【私学の光輝】お会式参拝
【その先に備える キャリア教育】夢に向かうための進路を選ぶ中学1年からのキャリア教育
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】6年後には大きくジャンプ 伸びしろを作るための基礎固め
進学通信 2021年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ