Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年1月号

中1の始め方

成城中学校

中学は土台を作る時
学校生活で大きく成長

90年以上続く伝統行事『臨海学校』。高2生が補助指導員として参加し、中1生の命を守ります。憧れの先輩の姿を間近で見ることがリーダー教育にもつながります。

90年以上続く伝統行事『臨海学校』。高2生が補助指導員として参加し、中1生の命を守ります。
憧れの先輩の姿を間近で見ることがリーダー教育にもつながります。

6年後の成長を見据えた伝統ある男子教育が特徴である同校。
行事や学習を通して6年間の土台となる自立する力を育てていきます。

協力し合うことの大切さを知る
校内行事やクラス活動

 来年度より完全中高一貫校となる同校は、文武両道主義など伝統に則った、こだわりある男子教育を行っています。入学したばかりの中1生が最初に体験する大きな行事は、山梨県など、自然豊かな地域で一泊する『春季校外課業』です。協働する力を育むアドベンチャープログラムにチームで挑戦するなど、班単位で課題解決型のフィールドワークに取り組みます。

「まず、保護者の皆さんには、荷造りを手伝わないでくださいとお願いしています。全員が自分の荷物を自分で作り、集合場所まで1人で来るのが基本です」

 と、2019年度に中1を担任した熊代翔先生は話します。同じく、2019年度に中1を担任した古川詞惟先生は、

「生徒同士の小さな衝突はありますが、それも大事な体験です。春季校外課業は、そこを乗り越えて、打ち解けていける大切な行事です」

 とその重要性を強調します。

 宿泊行事でチームワークを高めた後は、校外学習『中学行事』を行います。この行事では、生徒が主体となって、校外学習を企画することに挑戦します。テーマや行き先への下見も、教員も同行はしますが、基本的にはすべて生徒が主導で行います。行事のしおりも生徒たちの手で作成します。

 そして、「これを経験して初めて成城生」といわれる『臨海学校』が、7月に千葉県南房総市の岩井海岸にて3泊4日で行われます。生徒を十数段階(初級~上級)の泳力別のグループに分け、初級は海に親しむことから始めるなど、無理なく安全に泳げるように配慮しています。また、上級は海で隊列を組んで泳ぐ「遠泳」に挑戦します。この行事の最大の特徴は、約50人の高校2年生が補助員として付き添うところにあります。

 参加する高2生は、学年の教員により選抜された、人間性・リーダーシップともに優れた先輩たち。水泳だけでなく生活面でも中1生を支え、指導します。夜はクラス単位で地元の複数の民宿に分宿しますが、食事の準備や細かなスケジュール管理も生徒たちに任され、協働して生活する楽しさも厳しさも味わえる、またとない機会となっています。

「共同生活なので、1人がミスをするとみんなに迷惑がかかります。中1生は周りを見ることができず、自己中心的になりがちです。『自分一人だけで生きているわけではない』ことを学ぶのが、臨海学校の一番大きな目的です。また、水泳指導をしてくれる高2生の姿を間近で見ることで、リーダーの役割について深く考えるようになります」(熊代先生)

 臨海学校の後には、文化祭や運動会が控えています。これらの行事でも生徒の主体性を大事にしています。先輩たちがどんどんアイデアを出し、積極的に行動する姿に刺激を受け、「自分たちの手でチャレンジしよう!」と、中1から前向きに取り組むようになるのが同校の校風です。

学習の方法論や考え方の定着が
6年間の学びを充実させる

 学習面では、中学は「土台を作る時期」だと、先生方は語ります。

「中学ではできるだけ視野を広げてほしいので、社会科の授業ではニュースを題材にして調べ学習などを行っています」と、古川先生。

 熊代先生も「英語の授業も同じです。さまざまなことにトライして、考え方や勉強方法の引き出しを1つでも多く作っておくことが、中学の勉強で一番大事だと思います」と話します。

 生徒たちにとって中高の6年間は、生活面、学習面で大きく成長する時期となります。

「中1の最初の保護者会では『この6年間で波風が立たないことは、まずありえません』と申し上げています。男子同士で意見のぶつかり合いはありますが、それがあってこその思春期の成長です。
 中高生になると、小学生の時とは異なり、保護者がコントロールできないことも出てくるでしょう。そうした行動は成長の一過程であり、心配はありません。本校に入ったからには、生徒には自分を出し切ってもらいたい。そして、中高6年間で泥臭く、人間力をしっかりと育てていきたいと考えています」(熊代先生)

中1の最初に体験する春季校外課業での「アドベンチャープログラム」では、班のみんなと協力して課題を乗り越えていきます。中1の最初に体験する春季校外課業での「アドベンチャープログラム」では、班のみんなと協力して課題を乗り越えていきます。
伝統行事の臨海学校。クラス全員で1つの民宿に泊まり、配膳などの係も生徒が担当します。伝統行事の臨海学校。クラス全員で1つの民宿に泊まり、配膳などの係も生徒が担当します。
中学行事(校外学習)のポスター。生徒たちがプランを立ててルートも考え、資料もすべて作ります。中学行事(校外学習)のポスター。生徒たちがプランを立ててルートも考え、資料もすべて作ります。
6年間を見据えての男子教育

「中1は習慣や考え方を培う時期だと思います。6年先を見据えてどっしり構えられるのが一貫校の良い点です。のびのびと過ごしながらも、目先のことだけにとらわれず、好きなこと、やりたいことを見つけてほしいと思っています」(地歴公民科/古川詞惟先生)


人間力を磨く6年間に

「クラスのために貢献できた、得意なこと、好きなことが見つかったという体験が、思春期には大切だと思います。本校は教員と生徒の距離が近く、信頼関係の中で心をぶつけ合って6年間を過ごせます。そうした環境下で、人間力を磨いてほしいと思います」(英語科/熊代翔先生)

(この記事は『私立中高進学通信2021年1月号』に掲載しました。)

成城中学校  

〒162-8670 東京都新宿区原町3-87
TEL:03-3341-6141

進学通信掲載情報

【中1の始め方】中学は土台を作る時学校生活で大きく成長
【実践!未来の学び 新授業導入】伝統ある学校だからできる人間力を育む多彩な教育
【中1の始め方】部活動が社会性を身につける訓練の場に
【学校生活ハイライト】青春を捧げて一つのチームを作る男子校ならではの「ウォーターボーイズ」
【熱中!部活動】演奏会で感じる仲間との絆息が合った瞬間に感じる達成感
【中1の始め方】成功も失敗も成長の糧に!自律的学習者を育む学校行事
【私学の光輝】「これで成城生になる!」伝統の臨海学校で“人間力”を磨く
【熱中!部活動】「絆を力に」心と絆で勝利をつかむ
【中1の始め方】失敗も、成長の糧に!好きなことへのチャレンジを応援したい
【熱中!部活動】【体操部】成功体験の繰り返しが向上心をかきたてる
【学校生活ハイライト】「知・仁・勇」の精神で学ぶ 成城版グローバル教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】「何を大切に、どう生きるか」中高の学校生活にその学びがありました
【Students' Chat Spot】臨海学校がリーダー教育の象徴である同校
【こどもの自立を促す教育】これからの時代をたくましく生きる人間力の高い男子を育成
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「迷ったら前に出よ」 “勇”の精神が自立へと導く
【SCHOOL UPDATE】オーストラリア・グローバルリーダー研修 自分の生き方を考える 12日間
【大学合格力強化計画】生徒の希望進路実現にこだわった 6年間の教育プログラム
【キャンパス歩き】グローバル時代のリーダー育成 多様な活躍の場を与えてくれる新校舎
【その先に備える キャリア教育】独自のプログラムを通じて“知・仁・勇”を備えたリーダーを育成
【めざせ 次代のグローバルリーダー】創立以来の教育理念を守りながら 時代の変化に合わせたリーダー育成に力を注ぐ
【On Going! 進歩する私学の注目情報】より勇ましく よりグローバルに伝統の男子校が進化する
進学通信 2021年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ