Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年9月号

制服物語

光塩女子学院中等科

2021年度より新しい夏服を採用
生徒の幅広い声を聞き
生徒主導でリニューアル

総務委員会の生徒が主体となって行動し、新しい夏服が決まりました。ベストをグレーと紺の2色から選べるようになったことで、「コーディネートの幅が広がった」など、生徒からは喜びの声があがっています。

今年度よりリニューアルした夏服。気温の変化に合わせて、ベストやセーターを自由に組み合わせて着用できます。

冬服の正装はジャンパースカート。ネクタイを上に出すスタイルが光塩生ならではです。冬服は、多くの生徒がジャンパースカートの上からセーターやブレザーを着用して着こなしています。冬服の正装はジャンパースカート。ネクタイを上に出すスタイルが光塩生ならではです。冬服は、多くの生徒がジャンパースカートの上からセーターやブレザーを着用して着こなしています。

 2021年度から新しい夏服が導入された同校。今回のリニューアルは、総務委員会に所属する生徒たちが中心になって進められました。

 リーダーとしてプロジェクトをまとめたのは、総務委員会副委員長を務めるS・Sさん(高3)です。近年、地球温暖化の影響もあり「今までの夏服では温度調節がしにくい」という声があがっていたことをきっかけに、このプロジェクトが始まります。

 2019年秋に、従来の夏服の現状と問題点、デザイン改良案をまとめた資料を学校へ提出するところからスタート。本格的に作り込まれた書類に心動かされた先生方の協力もあり、2020年秋には新しい夏服のお披露目まで辿り着きました。

「在校生からはもちろん、卒業生からも素敵だという声が届き、改良をやり遂げられて本当に達成感を感じることができました」(高3・総務副委員長/S・Sさん)

「生徒主導で進めてくれたことで、私たち教員ではくみ取りきれない要望や意見を反映できたのは、とても素晴らしいことです」(教頭/齋地彩先生)

 実際に毎日制服を着ている生徒たちの意見が反映された新しい夏服により、暑い日でもより快適に過ごせるようになり、本来の目的である勉学にさらに集中できるようになりました。

制服の着こなし方を決めるため、H・HさんとS・Sさんが自宅で試着しさまざまなパターンを試しました。その組み合わせは70通りにも及んだといいます。「ベストは必要か、襟元の開閉はどちらがいいかなどを比較し、それらをすべて資料としてまとめて提出しました」(S・Sさん)

制服の着こなし方を決めるため、H・HさんとS・Sさんが自宅で試着しさまざまなパターンを試しました。
その組み合わせは70通りにも及んだといいます。「ベストは必要か、襟元の開閉はどちらがいいかなどを比較し、
それらをすべて資料としてまとめて提出しました」(S・Sさん)

ベストはグレーと紺の2色。襟の編み方や色合いにもこだわり、従来の制服との相性も考えて決定しました。ベストはグレーと紺の2色。襟の編み方や色合いにもこだわり、従来の制服との相性も考えて決定しました。
紺とシルバーグレーの縞模様が特徴的なネクタイ。生徒からの人気が高く、「制服を改良してもネクタイはなくさないでほしい」という声が多かったといいます。シャツは、1枚でも着られるように、生地の厚さや袖のデザインにもこだわっています。紺とシルバーグレーの縞模様が特徴的なネクタイ。生徒からの人気が高く、「制服を改良してもネクタイはなくさないでほしい」という声が多かったといいます。シャツは、1枚でも着られるように、生地の厚さや袖のデザインにもこだわっています。

ジャンパースカートに付ける校章。王冠は高貴な心を、盾は自由と愛のための勇敢な努力、悪より身を守る盾を、
十字架はイエス・キリストの全人類への愛を、四本の線は奉仕の精神、徹底的な愛を表しています。
ソックスにも校章の刺繍が入っています。

夏服のスカートにも、冬服同様にベルトを取り入れました。
ベルトがあることで、シャツの裾をスカートの中に入れても上品に着こなせます。裾には校章の刺繍のワンポイント入り。

左から、H・Hさん、H・Rさん、S・Sさん、K・Aさん。今回のプロジェクトの中心メンバーです。
「メンバーの頑張りを側で感じつつ、4人それぞれの意見を出し合い、納得できる形に落とし込めたと思います」(高3/H・Hさん)
「私たちの意見をS・Sさんがしっかりまとめあげてくれて、とても心強かったです」(高3/H・Rさん)
「私は留学をしていたのでプロジェクトには途中から加わりました。そのおかげでより客観的な視点で意見を出せたのが良かったです」(高3/K・Aさん)

左から、H・Hさん、H・Rさん、S・Sさん、K・Aさん。今回のプロジェクトの中心メンバーです。
「メンバーの頑張りを側で感じつつ、4人それぞれの意見を出し合い、納得できる形に落とし込めたと思います」(高3/H・Hさん)
「私たちの意見をS・Sさんがしっかりまとめあげてくれて、とても心強かったです」(高3/H・Rさん)
「私は留学をしていたのでプロジェクトには途中から加わりました。
そのおかげでより客観的な視点で意見を出せたのが良かったです」(高3/K・Aさん)

(この記事は『私立中高進学通信2021年9月号』に掲載しました。)

光塩女子学院中等科  

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-33-28
TEL:03-3315-1911

進学通信掲載情報

【中1の始め方】安心感に包まれながら クラスの絆を強めていく
【学校見学へGO!】授業もクラブ活動も体験できる 生徒企画によるオープンスクール
【私学だからできるオリジナル教育】自分の言葉で思考を深める 中学3年間の探究学習
【制服物語】2021年度より新しい夏服を採用 生徒の幅広い声を聞き 生徒主導でリニューアル
【実践報告 私学の授業】自分を表現し相手を理解できる一生ものの英語力を養成
【The Voice 新校長インタビュー】伝統と創生のハイブリッドで不確かな時代を生きていく
【生徒の主体的な活動にフォーカス】生徒が学校の魅力を伝える 主体的なオープンスクール
【学校ってどんなところ?生徒の一日】“かけがえのない”生徒一人ひとりが互いに支え合い、高みをめざして成長!
【学校説明会REPORT】4名のお父さまが学校の魅力を語る保護者座談会
【中1の始め方】豊富な学校行事で強くなる仲間との絆
【キャンパスのビジョン】校名の由来である聖書の一文が刻まれたステンドグラス
【学校生活ハイライト】英語力を磨き文化の多様性に触れる
【中学入試のポイント】知識を用いて考え、表現する力を問う総合型入試
【その先に備えるキャリア教育】発見 さまざまな生き方に触れて早い時期から視野を広げる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】大学連携で伸ばす発想力と伝える力
【The Voice 新校長インタビュー】かけがえのない自分に気づき本物の人間力を持った女性に
【カリキュラムを読み解く】教科の枠を越えた学習効果
【制服物語】スペインから伝わる歴史と伝統 建学の精神が込められた気品あふれるクラシカルな制服
【Students' Chat Spot】「共同担任制」によりクラスの枠を越え互いに切磋琢磨する
【注目のPICK UP TOPIC!】広がりのある生活しやすい空間へ 伝統と理念を活かす校舎の新・改築工事
【私学の先生から受験生へのアドバイス】日常生活と教科の関わりがわかれば勉強がグッと楽しくなる
【部活レポート】日々のお稽古で知る おもてなしの心 美しい所作
進学通信 2021年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ