Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年9月号

学校行事ハイライト

日本大学豊山女子中学校

“今できること”を工夫して
生徒が企画・運営する『秋桜祭』

生徒が大規模な実行委員会を組織して企画・運営を行う『秋桜祭』。2020年はコロナ禍で中止となりましたが、2021年は10月30日・31日の開催が決定しています。

2019年度『秋桜祭』での様子。『秋桜祭』の主な体験企画は高校生が中心になりますが、
中学生は探究学習の発表や芸術課題のクラス展示のほか、合唱発表会などに参加。
日頃の学習の成果を来場者の方々に見ていただきます。

自分たちで成功させた
“達成感”が心の成長に

 日本大学の教育理念『自主創造』に基づき、生徒の自主性を重んじる女子教育をめざす同校。秋に行われる『秋桜(コスモス)祭』は生徒の団結力と主体性が最も発揮される学校行事です。

 一般的には生徒会が主導する文化祭運営ですが、同校は毎年春に中学・高校各クラスから数名ずつ委員を選出。総勢200名以上に及ぶ大規模な文化祭実行委員会を組織し、企画と運営を統括する「総務」を中心に「装飾」「受付」「広報」などの6部門に係を振り分けて、全員が一丸となって自主運営しています。

 同校OGで在学中は文化祭実行委員長を務め、現在は数学科非常勤講師として生徒の指導に当たる六川ひとみ先生は、秋桜祭の意義をこう語ります。

「秋桜祭は、自分たちが1年間積み重ねてきた学習の成果と、創意工夫を込めた企画や催しを、外部のお客様にもさまざまな形で楽しんでいただける格好の機会です。会期の最後には“夕桜祭”と呼ばれる後夜祭があり、来場者の投票によって優秀な催しを表彰する場も設けられます。
 頑張りが評価される喜びと、自らの手で秋桜祭を成功させたという達成感は、生徒の精神面を大いに成長させます。私自身も、在学中に経験した秋桜祭の思い出は、何にも代えがたいものとして社会人になった今も心に残り続けています」

2019年度『秋桜祭』での体操部(ダンス)による発表の様子。当日は体育館での部活動発表のほか、校内ではさまざまな場所で部活動主催の体験会やゲーム大会、アクティビティなどが行われます。2019年度『秋桜祭』での体操部(ダンス)による発表の様子。当日は体育館での部活動発表のほか、校内ではさまざまな場所で部活動主催の体験会やゲーム大会、アクティビティなどが行われます。
後夜祭となる『夕桜祭』には有志がグループで参加。バンド演奏やダンスパフォーマンスなど華やかな催しで『秋桜祭』を締めくくり、毎年、充実感に満ちた感動的な光景が展開されています。後夜祭となる『夕桜祭』には有志がグループで参加。バンド演奏やダンスパフォーマンスなど華やかな催しで『秋桜祭』を締めくくり、毎年、充実感に満ちた感動的な光景が展開されています。
文化祭実行委員会の総務係が主導するテーマアートは、代々受け継がれてきた伝統の催しです。毎年、『秋桜祭』のテーマにちなんだ展示が来場者を迎えます。文化祭実行委員会の総務係が主導するテーマアートは、代々受け継がれてきた伝統の催しです。毎年、『秋桜祭』のテーマにちなんだ展示が来場者を迎えます。
受付や校内の案内、休憩所の案内などもすべてが生徒主体です。女子校らしい細やかな気遣いとおもてなしの心にあふれています。受付や校内の案内、休憩所の案内などもすべてが生徒主体です。女子校らしい細やかな気遣いとおもてなしの心にあふれています。
『秋桜祭』実行委員会生徒インタビュー
みんなの笑顔のため“今できること”を懸命に!
2020年度文化祭実行委員長・矢作優菜さん(高3)、2021年度文化祭実行委員長・青木萌愛さん(高2)、副委員長・斎藤瑛麻さん(高2)に『秋桜祭』への意気込みを聞きました。
左から斎藤瑛麻さん(高2)、青木萌愛さん(高2)、矢作優菜さん(高3)、六川ひとみ先生。左から斎藤瑛麻さん(高2)、青木萌愛さん(高2)、矢作優菜さん(高3)、六川ひとみ先生。

──『秋桜祭』は毎年、生徒企画によるさまざまな催しが人気を集めていますね。

矢作優菜さん
体育館では毎年、部活動の発表会があって、演劇部や吹奏楽部などの学芸部だけでなく、体育部も参加します。特に体操部のトランポリン実技やダンスパフォーマンスは、毎年見学者の行列ができるほどの人気です。

青木萌愛さん
2団体と放送部が日替わりで企画するお化け屋敷と、手作りスイーツなどの提供は、生徒にもお客様にも大人気です。実行委員会で参加希望の団体を募集しますが、毎年倍率がとても高いです。

斎藤瑛麻さん
中学生はクラス展示が主なので、高校生になったら絶対にお化け屋敷や食品企画をやりたいと思っていました。

──皆さんは文化祭実行委員長、副委員長という立場で秋桜祭を企画・運営する立場を経験していますが、苦労はありますか?

矢作さん
私は秋桜祭のテーマを決め、テーマアートを作る「総務」を高1・高2で経験しました。高1のテーマアート作りでは、生徒みんなに折ってもらったセロハンの折り鶴をアート作品にしました。放課後の時間を使っての準備は大変でしたが、生徒全員が積極的に催し物作りに参加して頑張っているので、苦労といえる苦労はなかったです。

青木さん
総務係としてもテーマアート作りは力が入ります。今年の秋桜祭のテーマは『Smile Again~咲かせよう笑顔の花~』。テーマアートも、全員が秋桜祭で笑顔になれるよう、クラスの集合写真を使ったモザイクアートを作ろうと考えました。

斎藤さん
矢作さんが実行委員長をされていた2020年度の秋桜祭はコロナ禍で残念ながら中止になってしまい、先輩たちはもちろん、高1だった私たちも新しいお友達との思い出作りのキッカケがなくなってしまいました。今年も限られた状況下での秋桜祭になりますが、だからこそ心に残る催しを、実行委員会みんなで考えたいと思いました。

──今年の秋桜祭は10月30日、31日に開催されます。どんな秋桜祭にしたいですか?

斎藤さん
私は中学受験前に秋桜祭を見学した時、先輩方が楽しそうに催し物をしている姿が印象的で、豊山女子を受験したいと思うようになりました。秋桜祭の記念品としてもらった手作りのバッジを気に入って、ずっとカバンに付けています。今年の秋桜祭はできることが限られますが、皆さんにこの学校を好きになってもらえるものにできたらいいなと思います。

青木さん
去年も今年もコロナ禍で、高校生活の思い出を作る機会が減っています。だからこそ“今できること”に打ち込んで、全学年に「今年の秋桜祭が一番の思い出になったね」と言ってもらえる内容にしたいです。

矢作さん
私たち高3にとっては、これがほぼ最後の全学年参加の一大行事です。悔いを残さないように、前年度の実行委員長として後輩の青木さんと斎藤さんをサポートします。みんなの思い出に刻まれる秋桜祭を期待しています。

先生から
『秋桜祭』には女子校ならではの一体感が

「秋桜祭は生徒が先生の協力のもと、自由につくる文化祭。その自主的な精神と伝統の催しは、先輩から後輩へと長年受け継がれています。生徒たちは受験生の皆さんなど外部のお客様にも楽しんでいただける催しを工夫し、気遣いを忘れません。
 共学校と違い、女子がリーダーシップをとり、仲間同士で役割を作って協力し合う姿には、女子校ならではの温かさと優しさ、そして強い一体感があります」(六川先生)

(この記事は『私立中高進学通信2021年9月号』に掲載しました。)

日本大学豊山女子中学校  

〒174-0064 東京都板橋区中台3-15-1
TEL:03-3934-2341

進学通信掲載情報

【中1の始め方】新生活の不安も取り除く新入生対象の「英語教室」
【学校行事ハイライト】縦割りチームが一致団結 最高に盛り上がった体育祭
【Students' Chat Spot】「私は女子にしばられない。」がモットー一生の友人が必ずできる!
【中学入試のポイント】新入試プレゼンテーション(課題発見)型を実施
【学校生活ハイライト】体育祭で育む団結力学年対抗の組分けが絆を深める
【未来を切り拓くグローバル教育】ターム留学制度を新設海外への扉を増やす
【中学入試のポイント】英語インタビュー入試など 新たに3つの入試を導入
【その先に備えるキャリア教育】価値 次世代型キャリア教材で培う新しい価値を創造する力
【行ってきました!学校説明会レポート】女子の心をつかむ体験授業が魅力夏休み学校見学会
【The Voice 校長インタビュー】「女子にしばられない」教育で視野を広げて未来を切り拓く
【SCHOOL UPDATE】広い視野を持ったグローバルリーダーを育成
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】1人1台タブレット利用で思考力を磨き多面的に学ぶ
【中学入試のポイント】調べてまとめて発表する思考力型入試
【SCHOOL UPDATE】文化週間・合唱コンクール 固い団結力を歌にのせて各クラスが優勝をめざす
【グローバル時代の学び方】世界に飛び出すきっかけをつかむ2つの海外研修
【The Voice 新校長インタビュー】女性の活躍の場が広がりゆく今こそ未来を見据えた学校改革を
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語にたくさん触れて 自主的に英語を楽しむ環境づくりと教育
【注目のPICK UP TOPIC!】「サイエンス部」が全国大会に出場
【SCHOOL UPDATE】タイムカプセル開封式 15年間の成長と母校での日々に思いをはせる
【部活レポート】放送部
【授業発見伝】理数科 創造的な学習意欲を育てる課題研究発表会
【母校にエール!OGOB interview】教育実習生として戻ってきた今 母校の素晴らしさを痛感しています
進学通信 2021年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ