Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年9月号

中1の始め方

京華中学校

友達との仲を深め
自分で考え行動する力をつける

男子だけだからこそ、のびのびと過ごせる! 休み時間や部活動、イベントなど、仲間とともに思いっきり楽しく過ごす場面がたくさんあります。

男子だけだからこそ、のびのびと過ごせる!
休み時間や部活動、イベントなど、仲間とともに思いっきり楽しく過ごす場面がたくさんあります。

 優しく穏やかな生徒たちの本質を大切に育てながら、時代をデザインできるリーダーを育成している同校。中1の初めは、生徒同士の仲を深め、一人ひとりが自立して行動できるようにサポートする指導に重点がおかれています。

クラスの仲を深める
オリエンテーション合宿

 120年以上の伝統を有する男子校として、常に時代の先を見つめ、リーダーシップを発揮できる人を育ててきた同校。「天下の英才を得て之を教育す」の教育理念のもと、生徒一人ひとりの「英才=秘められた才能」を引き出し、磨いていくことを教育の根本に据えています。

「一般的に、男子は女子に比べてコミュニケーション能力などの成長がゆっくりで、後から急速に成長していきます。本校の新入生は、概して、おっとりとして優しく、やや幼さを感じさせるタイプの生徒たちが多いのですが、男子だけでのびのびと過ごせる環境で、自分らしく自信をもって活動し、自分で考えて行動する力を身につけられるように指導しています」と中1学年主任の野村悠太先生は話します。

 新入生の仲がグッと深まるのが、6月上旬に実施されるオリエンテーション合宿です。

「長野県の白樺高原で、3泊4日の日程で実施します。合宿中は、ハイキングや飯盒炊さん、キャンプファイアー、ウォークラリーなどのアクティビティを実施します。その都度、一緒に活動するグループを変えるので、さまざまなクラスメートと交流し、クラスが一つにまとまっていきます」

 オリエンテーション合宿の後は、クラスの雰囲気が、それまでと大きく変化するそうです。

「騒がしくなりすぎて、ハメを外す機会も出てきますが、生徒同士の信頼関係が深まるからだと思います。女子の目を気にしない環境で、勉強に限らず、自分の好きなことに打ち込んだり、自分を表現したりできるのは男子校の大きな魅力。本校のクラブ活動は、運動部だけではなく、鉄道、歴史、釣り、漫画アニメーションなど、文化部の活動もとても盛んです。自分の大切にしたいことを諦めずに、真摯に取り組んでいく姿勢を応援したいと思います」(中1担任/髙島壮大先生)

生徒の自立をサポートするのが
京華流の“面倒見の良さ”
チームで風船を積み上げる様子チームで風船を積み上げる様子

「入学後に生徒の力を伸ばしてくれる」ことでも評判が高い同校。しかし、その指導方法は一般的にイメージされる“面倒見の良さ”とは少し異なるものだといいます。中1担任の奈良潤一先生は「やるべきことを、手取り足取り教えるような指導はしていません。与えられたことをこなすのではなく、自分で解決する力をつけてほしいと思っているからです」と話します。

 たとえば、初めての定期テストに関しても、「失敗をしてもよいから、自分の力で乗り越える」ことを重視しているそうです。

「自分でやってみて、一度失敗をさせるくらいでよいと思っています。ただし、その後の振り返りのなかで、どのような準備をしたのか、なぜこのような結果になったのかという自己評価はしっかりとさせています。自分の考えを言語化することが苦手な生徒にも、一緒に考えるという姿勢で、言葉を引き出しながらしっかりと向き合います。次の定期テストで少しでも成長を感じられれば、よいサイクルが回り始めたと感じています」

 面談や保護者会など、家庭と密な連携をしているのも、同校の特長の一つ。

「保護者の方には、『お子さんから手を放すのを恐れないでください』とお伝えしています。手を放せば失敗もします。しかし、その失敗を自分の行動の結果として、生徒本人が受け止めることで初めて、自分で考えて行動する力がつきます。大学受験などで結果を出している生徒は、自分で考えて行動する力が身についています。中学生になったことを機に、保護者が早めに手を離すことで、そうした力が少しずつ身についていくのだと思います」(野村先生)

入学直後のオリエンテーションでは、学校のルールや施設紹介などが行われました。この時はまだ緊張した面持ちです。入学直後のオリエンテーションでは、学校のルールや施設紹介などが行われました。この時はまだ緊張した面持ちです。
「白樺オリエンテーション」に向かう生徒たち。入学後、初めての宿泊行事でテンションは最高潮!「白樺オリエンテーション」に向かう生徒たち。入学後、初めての宿泊行事でテンションは最高潮!
自然の中でさまざまなアクティビティを楽しみました。写真は、飯盒炊さんの様子自然の中でさまざまなアクティビティを楽しみました。写真は、飯盒炊さんの様子。
中1担任 英語科教諭/奈良潤一先生中1担任 英語科教諭/奈良潤一先生
中1担任 理科教諭/髙島壮大先生中1担任 理科教諭/髙島壮大先生
中1学年主任 国語科教諭/野村悠太先生中1学年主任 国語科教諭/野村悠太先生

(この記事は『私立中高進学通信2022年9月号』に掲載しました。)

京華中学校  

〒112-8612 東京都文京区白山5-6-6
TEL:03-3946-4451

進学通信掲載情報

【中1の始め方】友達との仲を深め 自分で考え行動する力をつける
【Students' Chat Spot】気さくで面倒見のいい校風が楽しい男子校
【Hello! School】栄光の未来に向かって突き進む僕らは 輝く東京のヤングジェントルマン!
【みんなの自慢のコーチ】校訓「ネバー・ダイ」の精神で目標を達成する力をつける
【私たち、僕たちが大好きな先生】人生について考え自分で将来を決められる自立した人間を育てたい
【実践!未来の学び 主体性とICT活用】中1から主体的な授業を実践個性が光るプレゼンテーション
【注目! News and Topics】自ら課題を見出し解決する探究科で、『学び方』を身につける
【グローバル特集 海外研修[アジア]】中3生全員で行くシンガポール多様性に触れ、人間性を高める
【SCHOOL UPDATE】「かのや100チャレ」最優秀賞 “新しい民泊スタイル”を提案し「最優秀賞」「事務局賞」をW受賞
【私学の光輝】伝統を実感した120周年記念式典 さらに未来へ向けて
【実践報告 私学の授業】ICT活用と考える授業で主体的な学びを引き出す
【私たち、僕たちが大好きな先生】できないことができるようになって喜ぶ生徒の顔を見るのが好きです
【目標にLock On!! 私の成長Story】不安も悩みも聞いてくれる恩師に見守られ自分の道を見つけることができた
【その先に備えるキャリア教育】結実 さまざまな価値観や仕事観に触れ自分自身の「興味」を掘り起こす
【学校生活ハイライト】協力し、ともに汗をかくことで芽生え、育まれる友情
【熱中!部活動】【陸上部】互いに高め合い不屈の精神を養う
【私学の光輝】BACK TO THE FUTURE 120 創立120年、伝統を未来へとつなぐフレスコ画が完成
【こどもの自立を促す教育】男子校ならではの環境で秘めたる英才を磨き上げる面倒見の良い教育
【The Voice 新校長インタビュー】120年の伝統を核に「人を育む」男子校であり続ける
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】中学生の平日は家庭からの愛情弁当 土曜日には学食でコミュニケーションも
【10年後のグローバル社会へのミッション】スモールステップで経験を積みながらグローバル社会に必要とされるコミュニケーション力と発信力を養う
【大学合格力強化計画】新教育体制でバックアップする「第一志望を諦めない」精神
【全人教室│心を育む私学の授業】交流や体験を重ねプレゼン力を伸ばして“ヤングジェントルマン”になる
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】気持ちの伝達ベタは心配ご無用!“大人で子ども”な中学男子を見守る
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】“ネバーダイ”の精神であきらめない 先生・生徒・保護者の三位一体教育
進学通信 2022年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ