Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年7月号

熱中!部活動

駒込中学校

切り替える力と集中力を養い
仲間と一緒に打ち込む楽しさを経験

中学サッカー部
自由な雰囲気ながら規律を大切に活動
練習に集合した選手たち。練習着は、各自自由な服装です。

練習に集合した選手たち。練習着は、各自自由な服装です。

 340年もの伝統をもつ仏教校でありながら、STEAM教育をはじめとする教育改革にも積極的に取り組んでいる同校。中学サッカー部の練習は、青々とした人工芝のグラウンドで行われていました。顧問の吉田宏一教頭先生に話を聞きました。

「まずは東京都大会への進出を目標にしています。中学体育連盟(中体連)主催の新人戦や夏の大会では、4年連続で支部大会(文京区、北区、板橋区、豊島区の学校が対象)まで勝ち上がっていて、東京都大会進出まではあと一歩というところまできているのです」

「練習は切り替えを早くして、集中してやります。試合に勝ち進みたいので、しっかり練習をしています」(Iさん)

 この言葉通り、部員たちは集中して次々と練習メニューをこなしていきます。

「明るく自由な雰囲気のなかで、勝利にこだわる楽しさを知ってほしいのと同時に、人の話を聞くことや、上下関係の大切さなど、基本的なことも学んで、技術も心も成長していってほしいと思っています」(吉田教頭先生)

準備体操の後、対面パスやアーリークロスの練習に励みます。準備体操の後、対面パスやアーリークロスの練習に励みます。
陣形を変えてパスをつなぐ練習。その後はシュート練習、試合形式と充実のメニューです。陣形を変えてパスをつなぐ練習。その後はシュート練習、試合形式と充実のメニューです。
サッカーの基本は走ること。昨年張り替えた人工芝のコートを走ります。サッカーの基本は走ること。昨年張り替えた人工芝のコートを走ります。
部員・DF Iさん(中3)
部員・DF Iさん(中3)

 小学生の頃からサッカーをやっていたので、中学でも続けたくてサッカー部に入りました。サッカーのおかげで、体力面はもちろんメンタル面も強くなったと思います。高校生になっても継続して、東京都大会でベスト8やベスト4まで勝ち進みたいです。

■活動日/活動時間 月・水・金/15時40分〜17時30分
土/13時30分〜16時
日・祝/9時〜13時
■部員数 27名(中2・中3)
※中1生はこれから入部
■主な実績 ・2021年度
 文京区中体連サッカー夏季大会 3位
           支部大会出場
 文京区中体連新人戦 5位
・2020年度
 文京区中体連新人戦 4位
和太鼓部 疾風 はやて
観客に楽しんでもらうことが一番の喜び
 騒音防止のため、太鼓に毛布をかけて基礎練習をします。大勢で太鼓を叩くとすごい迫力です。

 騒音防止のため、太鼓に毛布をかけて基礎練習をします。大勢で太鼓を叩くとすごい迫力です。

 全国の中学校・高校のなかでもあまり見かけない珍しい和太鼓部。同校の和太鼓部は「疾風(はやて)」という愛称をもち、行政や寺社が催すさまざまなイベントで演奏しています。練習から迫力ある太鼓の音とキビキビした掛け声が響き、団結力が伝わってきます。

「残念ながら中学生には公式大会が存在しません。その分、定期演奏会などお客様の前で演奏する機会を多く設けているので、観客に楽しんでもらうことが彼らのモチベーションにつながっています」と顧問の猪狩拓実先生。

 猪狩先生がいつも部員たちに伝えているのは「誇り高くあれ」ということ。演奏時も普段の生活でも、胸を張っていられるように、何事にも一生懸命に、礼節を持って取り組むことが大事だと指導している、と話します。

「部員だけでなく保護者の方も、和太鼓部に入部して良かったと話してくださいます。特に中学生は、高校生と一緒の活動を通して、より多くの学びを得ます。演奏する楽しさのみならず、さまざまな経験を積み重ねていく、これも部の魅力の一つだと思います」(猪狩先生)

和太鼓部「疾風」のオリジナルTシャツ。和太鼓部「疾風」のオリジナルTシャツ。
和太鼓部の部員たち。練習は中高合同で行われます。和太鼓部の部員たち。練習は中高合同で行われます。
密にならないよう練習は何組かに分かれて行います。テラスでタイヤを叩いて練習中の組。密にならないよう練習は何組かに分かれて行います。テラスでタイヤを叩いて練習中の組。
 「結構きつくて二の腕が鍛えられます」(Kさん)という基礎練習。 「結構きつくて二の腕が鍛えられます」(Kさん)という基礎練習。
演奏力とともに、観客を楽しませるパフォーマンス力を磨きます。演奏力とともに、観客を楽しませるパフォーマンス力を磨きます。
中学リーダー Kさん(中3)
中学リーダー Kさん(中3)

 中1の部活動体験で偶然見た演奏が格好良くて入部しました。練習はきついけど、頻繁にある公演や演奏会での演奏は本当に楽しいです。みんな仲が良いけれど、一人ひとりがやりたいパートをめざして、ライバル心をもって打ち込めるのも良いところだと思います。

■活動日/活動時間 月・水・金/15時半〜18時
(中学生は17時半まで)
土/13時半〜17時半(中学生は16時半まで)
■部員数 中2 7名(男1、女6)
中3 12名(男2、女10)
高1 14名(男5、女9)
高2 25名(男3、女22)
高3 14名(男4、女10)
※中1生はこれから入部
■主な実績 ・2018・19年度
 関東高等学校和太鼓選手権参加
・2016・17・18年度
 東京都高文連郷土芸能部門中央大会金賞
・2017年
 国際音楽祭
 「ヤング・プラハ・フェスティバル2017」金賞

(この記事は『私立中高進学通信2022年7月号』に掲載しました。)

駒込中学校  

〒113-0022 東京都文京区千駄木5-6-25
TEL:03-3828-4141

進学通信掲載情報

【私たち、僕たちが大好きな先生】学びのおもしろさを追求し 生徒の学習意欲を高める
【熱中!部活動】切り替える力と集中力を養い仲間と一緒に打ち込む楽しさを経験
【学校ってどんなところ?生徒の一日】「一隅を照らす」を柱とした楽しさと学びにあふれる学校生活
【私たち、僕たちが大好きな先生】「実験ありき」の授業で理科好きの生徒を育てる
【WEB版『Hello! School』】自慢の施設に伝統校の誇りもプラス!駒込からワンランク上の学びの世界へ
【実践報告 私学の授業】SF映画を視聴して科学者に学び短編SF小説作りにチャレンジ
【実践!未来の学び STEM教育】STEM教育の第一歩楽しく学ぶプログラミング
【みんな大好き キャンパス食堂】楽しく食べながら食に対する感謝の心を学んでいます
【SCHOOL UPDATE】3つの新たな取り組み 自己肯定感を持って自立し新時代に活躍できる人を育成する
【注目! News and Topics】セブ島語学研修とオンライン英会話教室でグローバル教育を充実させる
【私学の英語最前線】人間教育の伝統校が実践 時代に即した英語教育
【学校生活ハイライト】生徒会を中心に中高が団結 全員で力を合わせる玉蘭祭
【The Voice 校長インタビュー】世に必要とされる人々を時代に先駆けて育てる駒込の改革
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】『国際先進』と『本科』2018年度より新たな2コース制がスタート
【みんな大好き キャンパス食堂】給食を味わいながら学校の魅力がみつかる 大人気・給食試食会開催 !
【グローバル時代の学び方】イマージョン教育で確かな英語力を習得
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生たちの親身かつていねいなアシストで成長することができた6年間
【SCHOOL UPDATE】都心では味わえない豊かな自然と農村体験
【グローバル時代の学び方】英語が苦手な生徒も成長したセブ島語学研修
【10年後のグローバル社会へのミッション】「なりたい自分になる」ための礎となる国際理解教育
【SCHOOL UPDATE】給食試食会 在校生の保護者が引率して学校生活を“味わう”
【The Voice 新校長インタビュー】真の「グローバル」とは日本を解体することではなく開放することを意味する
【私学の光輝】先人の功績と歴史に思いをはせる 天台声明公演を開催
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】理科 物質がとける温度を測定しよう
【私学しゅん報】保護者も参加 給食試食会&学校説明会
【Students' Chat Spot】中学1年生全員参加となった日光山研修 日光山輪王寺で「心」を磨きます
進学通信 2022年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ