Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年4・5月合併号

Students' Chat Spot

日本大学豊山女子中学校

「私は女子にしばられない。」がモットー
一生の友人が必ずできる!

きめ細かな指導とICTを活用する授業で、生徒に新しい発見の機会を提供している同校。コロナ禍でも、工夫を凝らした授業が行われています。今回は、4人の中3生に、休校期間中の授業や学校の魅力などについて聞きました。

菊地結香さん(中3)
菊地結香さん(中3)

「放送部に入っています。放送部は『文化部のなかでの運動部』。腹式呼吸の練習があったり、学校行事では機材を運んで走り回ったりと体力を使うことも多いですが、楽しく活動しています

藤田恋さん(中3)
藤田恋さん(中3)

「陸上部で中長距離を走っています。2020年の都駅伝では、5位に入賞できました。関東大会は逃してしまいましたが、後輩たちには頑張って関東大会をめざしてもらいたいです」

増田花恋さん(中3)
増田花恋さん(中3)

「中学3年間の集大成となる『卒業発表』に向けて、文豪の小林多喜二先生について調べています。1人でも多くの人に、先生を知ってもらえるような発表をしたいと思います」

古澤茉里香さん(中3)
古澤茉里香さん(中3)

「ダンス部で活動しています。2020年は大会が中止になってしまいましたが、ダンスを披露する機会をコーチがつくってくださいました。今は、それに向けて練習中です」

この学校を選んだ理由は?

古澤さん
2歳年下の妹がいるのですが、妹は絵を描くことが大好きで、アニメーション部や美術部がある豊山女子に憧れていました。それで、私も一緒に説明会などに参加していくうちに、先生や先輩方の優しいところに魅力を感じて選びました。

藤田さん
塾の先生に勧められて説明会に来たときに、施設が充実しているところを見ていいなと思いました。それから、トランポリン部や写真部など、ほかの学校にはあまりない部活動があることもよい点だと思います。

増田さん
学校のパンフレットに載っている「私は女子にしばられない。」というキャッチコピーが、最初に惹かれた理由です。性別にとらわれず、自分らしく過ごせるのではないかと思いました。それから、学校説明会で先輩方が優しく接してくださったのも印象に残っています。施設がきれいだったり、制服がかわいかったりといった部分も魅力でした。

菊地さん
小学6年生のときに、英語の体験授業を受けたことがあり、それがとても面白かったことがきっかけになりました。ネイティブの先生方が、ジェスチャーゲームなどを通して英語を教えてくださったのですが、遊びながら英語を学ぶことができ、豊山女子に入ったら楽しい学校生活が送れそうだなと思いました。

日大豊山女子の魅力は?

増田さん
先生方がみんな優しくて、私たちの話をしっかりと聞いてくださるのでコミュニケーションをとりやすいところが魅力です。校長先生とも気軽に挨拶ができるので、それが豊山女子の明るい雰囲気につながっているのかなと思います。

古澤さん
先生とのコミュニケーションでいえば、職員室の中にカウンターがあり、そこで先生方へ気軽に質問ができるので、勉強もはかどります。

菊地さん
東京23区内の学校で、スクールバスがあるのは珍しいと思います。私はスクールバスを利用しているのですが、違うクラスの生徒ともバスで仲良くなったりするので、友人関係を広げるのにも役立っています。

藤田さん
日本大学の付属校のなかで唯一の女子校です。女子だけだと気を遣うのではないか、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。とても過ごしやすく、毎日楽しいです。

古澤さん
私も女子校というところが気に入っています。女子だけだからこそ、互いに本音で話し合えるので、友達とも強い信頼関係が築けます。

増田さん
私も女子校は友達との絆が強くなると思います。異性の目がないからこそ、素の自分をさらけ出せます。個性豊かで、いろいろなタイプの生徒がいるので、一生付き合える友達が絶対に見つかると思います。

新型コロナウイルスによる休校期間中は、
どのように学習を進めていましたか?

増田さん
学校から1人1台iPadが支給されているので、それを使ったオンライン授業がスタートし、1日6時間の授業を受けていました。オンライン授業があることで、私たちの生活リズムや学習スタイルがみだれることなく、勉強時間もしっかりと確保できたのでありがたかったです。

菊地さん
1学期は初日から登校できなかったため、2020年度の新しい教材やテキストを先生が自宅に郵送してくれました。実力テストも郵送で送られてきたので、それを自宅で、時間を計りながら受けました。このように休校期間中でも、自宅での学習方法を先生が示してくれたので、学習意欲を維持できました。

藤田さん
オンライン授業だけでなく、「ロイロノート」というアプリを使って、わからない点を先生に質問することもできました。先生方はすぐに、ていねいに質問に答えてくださるので、とても助かりました。それから、オンライン授業ごとに毎回課題が出たので、継続して勉強をすることができたと思います。

古澤さん
課題は、筆記問題のほかにもいろいろな形で出されました。たとえば保健体育では、先生から送られてきた筋トレの動画の動きをマスターし、同じように行った動画を送るというものもありました。学校での授業と全く同じとはいきませんが、授業ごとに先生方が工夫を凝らしてくださったので、生活ペースを保てました。

印象に残っている学校行事は?

菊地さん
2019年の秋桜祭(文化祭)が印象に残っています。私が所属する放送部で「サウンドホラー」という出し物をしました。音だけで怖がらせるというお化け屋敷で、ストーリーやナレーションもすべて自分たちで考えて作りました。私にとっては初めての体験で、何もかもが新鮮で楽しかったです。2020年は秋桜祭が中止となってしまったので残念でしたが、来年はぜひまた出し物に挑戦したいです。

古澤さん
私は、日本大学の学部体験と芸術鑑賞教室が印象に残っています。学部体験は、高校生になれば行く機会も多いと思いますが、豊山女子では中1から実施します。まだ大学について考えてもいない時期でしたが、実際に大学生からお話を聞いたり、講義を受けたりして、「こういう学部もあるんだ」と選択肢が増えました。芸術鑑賞教室では、宝塚歌劇団の劇団公演を観に行きました。私はダンス部なので、歌劇団の方々の表現力に圧倒されて、とても勉強になりました。

増田さん
中2の夏に実施される「ブリティッシュヒルズ英語研修」です。私は英語が苦手なので、授業やレクリエーションなど、すべてを英語で話さなければならない「ブリティッシュヒルズ」は不安も大きかったのですが、実際に行ってみたら、英語を恐れる必要はないことがわかりました。それだけでなく、英語で会話することの楽しさも学べたので、とてもいい機会になりました。英語を勉強しようという意欲も高まりました。

藤田さん
私はスポーツが大好きなので、中2のときの体育祭が思い出に残っています。日大豊山女子の体育祭は、中1と高1、中2と高2、中3と高3がチームとなって戦うのですが、中2のときは3年生チームに勝って総合優勝できました。先輩方に勝てたことがすごくうれしくて、思い出に残っています。

「生徒ラウンジは、誰でもいつでも自由に使えます!」「生徒ラウンジは、誰でもいつでも自由に使えます!」
「コロナ禍でもオンライン授業で学習できました!」「コロナ禍でもオンライン授業で学習できました!」

(この記事は『私立中高進学通信2021年4・5月合併号』に掲載しました。)

日本大学豊山女子中学校  

〒174-0064 東京都板橋区中台3-15-1
TEL:03-3934-2341

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】「私は女子にしばられない。」がモットー一生の友人が必ずできる!
【中学入試のポイント】新入試プレゼンテーション(課題発見)型を実施
【学校生活ハイライト】体育祭で育む団結力学年対抗の組分けが絆を深める
【未来を切り拓くグローバル教育】ターム留学制度を新設海外への扉を増やす
【中学入試のポイント】英語インタビュー入試など 新たに3つの入試を導入
【その先に備えるキャリア教育】価値 次世代型キャリア教材で培う新しい価値を創造する力
【行ってきました!学校説明会レポート】女子の心をつかむ体験授業が魅力夏休み学校見学会
【The Voice 校長インタビュー】「女子にしばられない」教育で視野を広げて未来を切り拓く
【SCHOOL UPDATE】広い視野を持ったグローバルリーダーを育成
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】1人1台タブレット利用で思考力を磨き多面的に学ぶ
【中学入試のポイント】調べてまとめて発表する思考力型入試
【SCHOOL UPDATE】文化週間・合唱コンクール 固い団結力を歌にのせて各クラスが優勝をめざす
【グローバル時代の学び方】世界に飛び出すきっかけをつかむ2つの海外研修
【The Voice 新校長インタビュー】女性の活躍の場が広がりゆく今こそ未来を見据えた学校改革を
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語にたくさん触れて 自主的に英語を楽しむ環境づくりと教育
【注目のPICK UP TOPIC!】「サイエンス部」が全国大会に出場
【SCHOOL UPDATE】タイムカプセル開封式 15年間の成長と母校での日々に思いをはせる
【部活レポート】放送部
【授業発見伝】理数科 創造的な学習意欲を育てる課題研究発表会
【母校にエール!OGOB interview】教育実習生として戻ってきた今 母校の素晴らしさを痛感しています
進学通信 2021年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ