Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年4・5月合併号

制服物語

実践女子学園中学校

凛とした美しさ。卒業生も誇りと愛着をもつ
教育理念を受け継ぐ伝統的なセーラー服

夏服、冬服ともにトラディショナルなセーラー服。白いネクタイは正装用で、式典のときに身につけます。日常生活とは異なる、まっさらな白のネクタイを結ぶことで、気持ちが引き締まります。

夏服、冬服ともにトラディショナルなセーラー服。白いネクタイは正装用で、式典のときに身につけます。
日常生活とは異なる、まっさらな白のネクタイを結ぶことで、気持ちが引き締まります。

冬に活躍するコートは、丈の違う2種類を用意。ボタンやデザインも異なっています。制服にマッチする、シンプルなデザインです。冬に活躍するコートは、丈の違う2種類を用意。ボタンやデザインも異なっています。制服にマッチする、シンプルなデザインです。

 明治時代後期、教育の機会を一般子女にも広げたいとの思いで創立された同校。創立と同時期に制服が設けられたのは、身なりの違いで差をつけられることなく、みんなが平等に学べるようにとの考えからでした。

「堅実にして質素、しかも品格ある女性の育成」という建学の精神は、歴代の制服すべてにおいて継承されています。ここで掲げる「質素」とは、決して地味という意味ではありません。華美に流れず、自分の考えをもち、豊かな精神を備えた女性であること。品格ある伝統的なセーラー服を大切にし続けているのは、根幹に流れるその精神が込められているからです。

 一方、実用面では常に改善されてきました。夏服の生地は涼しく透けないものへ、セーラー襟は洗濯がしやすいよう着脱可能にするなど、細かい配慮がなされています。

 身なりを整えることで、心を整えることを大切にしている同校。制服の着こなしには生徒の心の成長が表れるといいます。6年間の締めくくりである卒業式で、普段とは異なる真っ白なネクタイを結ぶことにより、生徒たちは気持ちを新たにし、今後の人生を堂々と歩んでいきます。

カバンは肩掛けタイプとリュックタイプ。リュックは生徒からの要望を受け、2020年度から導入されました。生徒会メンバーもかかわりながら、制服に合うものを選びました。このほか、大小サイズ違いのサブバッグも用意されています。カバンは肩掛けタイプとリュックタイプ。リュックは生徒からの要望を受け、2020年度から導入されました。生徒会メンバーもかかわりながら、制服に合うものを選びました。このほか、大小サイズ違いのサブバッグも用意されています。
夏用(白)と冬用(紺)の2種類が用意されているセーターは毎日のように着用するため、生地も丈夫で破れにくいよう改良されています。また、冬には指定の靴下か黒タイツを選択でき、その日の気温や時と場所に応じて着用することができます。夏用(白)と冬用(紺)の2種類が用意されているセーターは毎日のように着用するため、生地も丈夫で破れにくいよう改良されています。また、冬には指定の靴下か黒タイツを選択でき、その日の気温や時と場所に応じて着用することができます。

校内の一角にあるメモリアルコーナー。歴代の制服が展示されています。
マネキン(左)が身につけているのは、1899(明治32)年の創立と同時に定められた初代制服です。
日本の私立女学校の制服第一号としても知られています。
どの制服にも、「堅実にして質素、しかも品格ある女性」の精神が底流にあります。

“JJ”のイニシャルが入った指定の靴下。礼法の授業やお茶会でお茶室に上がるときには、新しいものに履き替えて気持ちを切り替えます。“JJ”のイニシャルが入った指定の靴下。礼法の授業やお茶会でお茶室に上がるときには、新しいものに履き替えて気持ちを切り替えます。
凛とした印象の桜が、同校の校章(左)です。委員会に所属する生徒が付ける委員章(右)は桜の葉。みんなを支えていく立場であることを表しています。凛とした印象の桜が、同校の校章(左)です。委員会に所属する生徒が付ける委員章(右)は桜の葉。みんなを支えていく立場であることを表しています。
正装用の白いネクタイと、中学生用(えんじ)、高校生用(黒)のネクタイ。毎朝、自分でネクタイを結ぶことで、一日のスタートを意識できます。正装用の白いネクタイと、中学生用(えんじ)、高校生用(黒)のネクタイ。毎朝、自分でネクタイを結ぶことで、一日のスタートを意識できます。

(この記事は『私立中高進学通信2021年4・5月合併号』に掲載しました。)

実践女子学園中学校  

〒150-0011 東京都渋谷区東1-1-11
TEL:03-3409-1771

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】中学で始めた英語、こんなに力がつきました!
【制服物語】凛とした美しさ。卒業生も誇りと愛着をもつ教育理念を受け継ぐ伝統的なセーラー服
【WEB版『Hello! School』】「実践」の名の下に価値ある学びを求めた校祖・下田歌子の精神を伝える女子校
【実践!未来の学び 未来デザイン】自ら課題を見つけ解決する新たな探究教育「未来デザイン」
【ビジョン】ESDを中心に教育を再構築
【グローバル特集 授業[学校生活]】2チームが全国大会出場の快挙!主体的に活動するグローバル研究会
【行ってきました!学校説明会レポート】探究教育への取り組みをわかりやすく説明
【熱中!部活動】苦楽を共にして豊かな人間性を育む
【実践報告 私学の授業】未来につながる“実践力”を多彩な探究プログラムで育む
【私学の英語最前線】GSCのプログラムを応用全クラスがグローバル化
【目標にLock On!! 私の成長Story】自分がケガをした時に支えてくれたような人を安心させる理学療法士になりたい
【SCHOOL UPDATE】新たな時代を見据えた教育改革 キーワードは『探究』自ら考え思索を深める女性に
【グローバル時代の学び方】英語力だけでなく自主性も育てる学びの旅 海外研修を刷新 発信力と探究力を磨く
【Students' Chat Spot】光あふれる清潔な校舎に元気なあいさつが響きます。
【目標にLock On!! 私の成長Story】自分のペースを崩さずにコツコツと歩み続けた中高生活
【私学の光輝】運動会 連綿と受け継ぐ伝統という名のバトン
【グローバル時代の学び方】グローバル教育を加速新・理系プロジェクト
【目標にLock On!! 私の成長Story】高1での留学を機に海外の大学を志望 6年間の学びを活かし、真の国際人をめざす
【10年後のグローバル社会へのミッション】語学教育とキャリア教育を融合させ 真のグローバル人材の育成をめざす
【大学合格力強化計画】25年後の生き方にフォーカス 『人間力』の育成で学力が向上
【SCHOOL UPDATE】模擬国連 4年連続NYでの国際大会に出場
【On Going! 進歩する私学の注目情報】伝統に新たな1ページ 生徒の視野を広げる新プログラムが始動
【私学しゅん報】本番に向け練習会を実施!全日本高校模擬国連大会に参加
【めざせ 次代のグローバルリーダー】GSCの設置から6年 高まり続ける生徒の語学力・国際理解・海外志向
進学通信 2021年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ