Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2023年7月号

大学合格力強化計画

実践学園中学校

「学力向上」と「自己発見」
2つの柱で一人ひとりの生徒に最適化された進路を実現

『コミュニケーションデザイン教育』の授業の様子。ワークショップなどを通じて、「自ら働きかける力」「仲間と共感する力」「コミュニケーションの場をつくる力」を養っています。

『コミュニケーションデザイン教育』の授業の様子。ワークショップなどを通じて、
「自ら働きかける力」「仲間と共感する力」「コミュニケーションの場をつくる力」を養っています。

中高6年間を
3つのステップに分けて指導
学力向上のために、習熟度別に実施される『ジュニアJ・スクール』(中学)と、受験対策講座『J・スクール』(高校)が実施されます。学力向上のために、習熟度別に実施される『ジュニアJ・スクール』(中学)と、受験対策講座『J・スクール』(高校)が実施されます。

 建学の精神「学問の修得をとおして、自己実現をめざし、人類・社会に役立つ人材づくりをする」のもと、豊かな人間味のある、真のグローバル人材を育成している同校。進路指導においては、学習やクラブ活動などの学校生活で培った知性や創造性をもとに、生徒一人ひとりの興味・関心に沿った目標を実現できるようにサポートしています。

「6年間の課程を、2年ごとに『ベーシック期(中1・中2)』『アドバンス期(中3・高1)』『マスター期(高2・高3)』の3つのステップに分けて、進学に必要な学力などを身につけます。また、それぞれの成長段階ごとに、自分の特性を探り、将来どのような形で社会に貢献できるのか考える機会を多数設けることで、生徒たちが自分の将来のイメージを描き、目標に向かって努力できるように導いています」と進路指導部部長の武井真琴先生は話します。

 例えば、ベーシック期の学びでは、『基礎学力の養成』を軸に、見方・考え方などの『学び方』を身につけることで、さまざまな対象に興味・関心を寄せ、疑問を投げかけられる思考力を育てることを重視しています。この時期に学力養成のために行っている取り組みの一つが、生徒が主体的に調べた事項や自習した内容を提出する『自主学習ノート』です。また、放課後や長期休業期間に、中学生対象の補習講座『ジュニアJ・スクール』を開講して、習熟度別に基礎的な学習の定着や発展的な内容に取り組んでいます。

 アドバンス期になると、学力別のクラス編成で学習に取り組みます。また、『課題論文』や大学の『学部・学科研究』、大学のオープンキャンパスへの参加などを通じて、将来の目標を少しずつ絞り込んでいきます。大学受験を目前に控えたマスター期では、生徒一人ひとりが設定した目標や課題達成への意欲を高めるとともに、レベル別、目的別の進学講習『J・スクール』において、第一志望校合格に向けた指導を強化していきます。

教科にとらわれない学びの機会が
進路を見定める手がかりに
進路指導部部長 国語科 武井真琴先生進路指導部部長
国語科
武井真琴先生

 生徒の問題意識を育て、自分で考えて解決する力を育むために中学段階で導入しているのが、同校独自の「リベラルアーツ&サイエンス教育」と「コミュニケーションデザイン教育」です。

 例えば教科の枠にとらわれず、「学び」の本質を探究する「リベラルアーツ&サイエンス教育」では、東京大学の田無演習林を見学する校外授業などを通じて、地球環境問題や生き物同士の関わり合いを体験的に学びます。「コミュニケーションデザイン教育」では、アート系ワークショップ(芸術表現体験活動)やプログラミング、『学食のメニューを考える』プロジェクトなどを通じて、問題解決能力やプレゼンテーション力、他者と協働する力などを育みます。

「教科外の学びを通じて社会へ出た時に必要な力を育てるだけでなく、将来何がやりたいのかといった、生徒の視野を広げるきっかけになればと考えています。中学生の段階で広がったイメージや経験をもとに、自分が社会の中で果たすべき役割や適性を考えて、徐々に目標とする進路を見定めていってほしいと思います」(武井先生)

 同校の中高一貫教育のカリキュラムは英・国・数の主要3教科を中心に、1年前倒しの5年間で学習内容を修了するようプログラムされています。また、高校では進学講習『J・スクール』において、外部の予備校講師と教員が二人三脚で受験に必要な科目の力を伸ばし、生徒の希望進路実現を後押ししています。

「本校の生徒は勉強だけでなく、クラブ活動などの課外活動にも積極的です。学習やクラブ活動、またその他の諸活動などに取り組み、充実した学校生活を送ることで、自己管理能力を向上させることもできます。また、あらゆる場面で目標達成のために努力する生徒が多く、そのような生徒が希望進路を実現しています。中高6年間を通じて、さまざまな場面で一人ひとりが最適な進路を実現できるようにサポートしています」(武井先生)

総席数410席の「自由学習館」をはじめ、教室外の廊下においても学習できる環境が整っています。

総席数410席の「自由学習館」をはじめ、教室外の廊下においても学習できる環境が整っています。

2023年大学合格実績(抜粋)

※2023年3月卒業生、既卒生計

学名 総数








筑波大学 1
東京外国語大学 1
横浜国立大学 1
琉球大学 1
防衛大学校 1
学名 総数





早稲田大学 5
慶應義塾大学 2
上智大学 3
東京理科大学 5
明治大学 9
青山学院大学 4
立教大学 16
中央大学 17
法政大学 10
学習院大学 4
同志社大学 7
立命館大学 8
成蹊大学 5
成城大学 4
明治学院大学 10
獨協大学 3
國學院大學 15
武蔵大学 16
日本大学 23
東洋大学 24
駒澤大学 7
専修大学 18
東京女子大学 6
日本女子大学 7



ライコミング大学 1
アメリカ創価大学 1
アリゾナ州立大学 1
2022年度新設! 真のグローバルリーダーを育成する
〈LA&S(リベラルアーツ&サイエンス)〉クラス
2022年度新設!真のグローバルリーダーを育成する〈LA&S(リベラルアーツ&サイエンス)〉クラス

 徹底した少人数のもと、アクティブラーニングによる学びを重視し、国際社会で活躍できる人材を育成。国語以外の授業はオールイングリッシュで行い、国内はもちろん、海外大学への進学もサポートします。

(この記事は『私立中高進学通信2023年7月号』に掲載しました。)

実践学園中学校  

〒164-0011 東京都中野区中央2-34-2
TEL:03-3371-5268

進学通信掲載情報

進学通信 2023年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ