Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2023年7月号

私たち、僕たちが大好きな先生

日出学園中学校

親しみやすさと厳しさ
同じくらい大切にしたい

皆川 真由子(みながわ まゆこ)数学科教員。私立大学の数学科を卒業後、2017年度に同校に着任。現在は高1の学級担任、女子バレーボール部の顧問を務める。

数学科 皆川 真由子(みながわ まゆこ)先生
数学科教員。私立大学の数学科を卒業後、2017年度に同校に着任。現在は高1の学級担任、女子バレーボール部の顧問を務める。

「優しくて面白い」「授業がわかりやすい」「質問しやすい」と生徒の人気を集める数学科の皆川真由子先生。
「親しみやすさと同時に、厳しさも大切にしています」という皆川先生に、授業や生徒への思いを伺いました。

生徒からの「質問しやすい」
という言葉が励みです
「クラスの雰囲気はとっても明るく、活気にあふれています」と皆川先生。「クラスの雰囲気はとっても明るく、活気にあふれています」と皆川先生。

――先生は小学生の時から教員をめざしていたそうですね。

 小6の担任の先生がとても素晴らしい方で、学習面はもちろん、相手の気持ちを思いやることなど、人として大切なことを教えていただきました。その先生への憧れから、教員になりたいと考えました。

 高校生になっても気持ちは変わらず、高2で微分積分の面白さに目覚めてからは、数学の魅力を生徒に伝えたいという思いが強くなり、数学科の教員をめざすことにしました。そこで、教育学部か理学部かどちらに進むべきか担任の先生に相談したのですが、「中高の教員を志すなら、教科の専門性が求められるから、数学科に進むことも考えてはどうか」というアドバイスをいただきました。なるほどと思い、私立大学の数学科に進学して教員免許を取得することにしました。

 自分の将来や進路を考えた時、恩師から受けた影響は大きかったです。夢が叶って教員になった今、自分も生徒一人ひとりの希望に寄り添ってサポートできる教員でいたいと考えています。

――授業の工夫を教えてください。

「数学を好きになってほしい」という思いで教壇に立っていますが、数学に苦手意識がある生徒もいるので、まずは「嫌いになってほしくない」というスタンスで、理解が難しいところはわかりやすくかみ砕いて伝えるようにしています。

「質問しやすい」と生徒が言ってくれるのが励みです。前年度授業を受け持った生徒が放課後に「先生に説明してほしい」と問題を持ってきてくれると、やはりうれしいです。

 気をつけているのは、数学が得意な生徒への対応です。本校では数学は習熟度別の授業を行っているので、成績上位者には応用問題や難問に挑戦する機会を設けています。私は高校時代の授業で微分積分に触れて、1日に6〜7時間も問題を解き続けるほど夢中になりました。分野に限らず、生徒が自分から学びたくなる、そのきっかけになるような授業を心がけています。

生徒が自分で考えて自分の道を
決められるように導きたい
1年間の行事の係を決めるロングホームルームの様子。先生のアドバイスをふまえながら、生徒のスムーズな進行で話し合いが進みます。1年間の行事の係を決めるロングホームルームの様子。先生のアドバイスをふまえながら、生徒のスムーズな進行で話し合いが進みます。

――高1の特進コースの学級担任を務められています。

 高校の特進コースは1クラス30名程度で、基本的に3年間メンバーが同じです。高1のクラスは、男女ともに明るくて元気があり、笑い声が絶えません。行事に対しても積極的なので、みんなで頑張る姿勢が、学習に力を入れる雰囲気にもつながるように働きかけています。生徒にはメリハリのある学生生活を送ってほしいです。

 本校は、教員が生徒一人ひとりの成長を見守り、手厚くサポートするのが特徴です。そして、生徒が自分で学校生活をどう過ごすか、学習にどのように取り組むかなどの方針を立てて、実践することを大切にしています。

 私も生徒に、「学校生活も受験勉強も、さまざまなことに挑戦しながら、自分に合う取り組み方を探していこう」と話しています。日々の声がけや面談などを通じて、生徒の自立を支えたいです。そのため、「高校の授業のスピードは早いから、宿題をやらないと話にならない」「高1は、1日に最低でも2時間は机に向かって学ぼう」「大学受験の厳しさを早めに知ろう」など、厳しいことも繰り返し伝えています。

たくさんの卒業生が集まる温かみのある学校です

――貴校は先生と生徒の距離が近い学校と評判ですね。

 本校では、生徒が1人1台Chromebookを使用し、学習だけではなく、生徒と教員とのコミュニケーションにも活用しています。中学校では毎日、生徒がそれぞれ学校生活で感じたことや、勉強の成果を記録して学級担任に送信し、教員はコメントを返します。そのやり取りから、教員は生徒の変化をいち早く感じ取り、手厚く対応します。そのような日々の積み重ねが、生徒と教員の信頼関係を強くする一助となっています。

 高校生は毎日のスケジュールや勉強時間、日々の出来事ヘの感想を書き込む手帳を使用しています。私は週2回集めて目を通し、コメントを返しています。家庭学習時間を確保できているか、教科バランス良く学習できているかの確認だけでなく、なかなか言い出せないことや悩み事などを伝えてくれる生徒も多いので、コミュニケーションツールの一つとして大切にしています。

――貴校ならではの良さを感じるのはどんな場面ですか?

 本校の生徒は素直で、行事や部活動を通じて縦のつながりが強く、学年に関係なく和気あいあいとしています。

 また、年に1度、生徒会主催で行われる生徒総会では、学校生活をより快適に過ごすことを目標に、中学・高校それぞれで討論・発表が行われます。このような取り組みが、生徒の自主性を育んでいます。

 それから、遊びに来る卒業生が多いですね。4月は特に、職員室に卒業生がたくさん集まり、大学生活についての相談などを教員にしています。

 ぜひ学校説明会や学校見学へ足を運び、温かい雰囲気に触れてください。

生徒の声
高1 Sさん高1 Sさん

 大学受験の大変さを具体的にしっかり教えてくださる頼りになる先生です。授業では問題を解くための考え方をていねいに説明してくださるので、数学が得意科目になりそうです。


高1 Mさん高1 Mさん

 先生は明るく、話しかけやすい雰囲気なので、困ったことがあったらすぐに相談できるという安心感があります。やることをやらないと厳しいですが、基本的に優しいです!


高1 Yさん高1 Yさん

 明るく前向きな先生とお話ししていると、「何でも挑戦してみよう!」という気持ちになります。先生に勧められて入部したバレーボール部では、とても楽しく活動しています。

(この記事は『私立中高進学通信2023年7月号』に掲載しました。)

日出学園中学校  

〒272-0824 千葉県市川市菅野3-23-1
TEL:047-324-0071

進学通信掲載情報

進学通信 2023年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ