Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2023年7月号

熱中!部活動

東京家政学院中学校

「自立した女性」をめざし
部活動も生徒主体で活動

ダンス部
スタートしたばかりの期待の部活動
「ダンス経験者もいますが、技術的には全員が大差ありません。これからレベルを底上げしていきます」(髙橋先生)

「ダンス経験者もいますが、技術的には全員が大差ありません。これからレベルを底上げしていきます」(髙橋先生)

踊る時は指先まで意識していきます。踊る時は指先まで意識していきます。

 創立百年の歴史を誇り、「自立した女性」を育み続けてきた同校。その理念は部活動からもうかがえます。

 同校の「高校ソングリーダー部」は、ダンスドリル選手権大会など全国大会の常連。しかし、中学校には今まで純粋なダンスの部活動はありませんでした。

「学校説明会などでダンス部を希望する受験生が多いことを知り、今年4月にダンス部を新設しました。高校ソングリーダー部の顧問との兼務で、練習日や活動場所を調整してこちらの指導も私がしています」(顧問・理科/髙橋祥乃先生)

 できたばかりの部活動ですが、「毎日、時間通りに準備を終わらせて楽しみながら活動しています」(中2/Jさん)との言葉通り、部員が自主性をもって活動しています。

「先日は新入生へのクラブ紹介イベントでダンスを披露。立派に踊ってくれて頼もしさを感じています」(髙橋先生)

 これから本格的にスタートするダンス部、練習にもいっそう力が入ります。

活動はサブアリーナと呼ばれる場所で。隣では「高校ソングリーダー部」が活動しています。

活動はサブアリーナと呼ばれる場所で。隣では「高校ソングリーダー部」が活動しています。

Jさん(中2)
Jさん(中2)

 もともとダンス部に入りたかったのですが、入学当時はダンス部がなかったので別の部活動に入っていました。できたばかりの部活動ですが、みんなで楽しく練習しながら技術を向上させたいと思います。ゆくゆくは外部の大会出場をめざしたいです。

顧問/理科 髙橋祥乃先生
顧問/理科 髙橋祥乃先生

 体育祭や文化祭といった校内イベントでも大いに活躍してほしいのですが、バトンやダンスなど人前で披露するスポーツは、やはり大きな舞台での演技経験をさせてあげたいです。新設の部活動ではありますが、すでに“人前に立つ姿勢”が見えているのでこの先が楽しみです

■活動日/活動時間 火・水・金/15:40~17:30
■部員数 中1=3名 中2=4名
料理部
楽しみながら“生きていく力”を身につける
料理部で使うエプロンは自分の好きな柄を着用。

料理部で使うエプロンは自分の好きな柄を着用。

異学年が一緒に活動するので、先輩と後輩の絆も強まります。異学年が一緒に活動するので、先輩と後輩の絆も強まります。

「料理部ではお菓子と軽食を作っています。まず高校生がメニューを決めて、中学生も同じメニューを作ります。作るときは中高で分かれますが、縦のつながりを意識して、中学生なら中1~中3で混合の班を作ります。中1ではまだ調理道具の使い方もおぼつかないですが、中3にもなるとレシピをしっかり読み込んで、誰に言われなくても次に使う道具を用意しています。生徒それぞれに自立と成長が見られます」(顧問・家庭科/中野実香先生)

「先輩・後輩で協力して活動でき、仲良くなれるのが料理部の良いところです。これから中1生が入部してくるので、わかりやすく優しく教えてあげたいです」(中学部長・中3/Sさん)

 食生活に興味がある生徒も多いという同校。部活動を通して、楽しみながら“生きていく力”を学んでいます。

上手く焼けたかどうか、オーブンから取り出す緊張の一瞬。上手く焼けたかどうか、オーブンから取り出す緊張の一瞬。
おいしそうに焼き上がったマフィン。おいしそうに焼き上がったマフィン。
中学部長 Sさん(中3)
中学部長 Sさん(中3)

 もっと料理が上手になりたくて入部しました。今までで一番うまくできたのはイチゴのタルトケーキ。いつかマカロンに挑戦したいです。文化祭でガパオそぼろ丼を提供しましたが、お客様や母にもおいしいと言われてうれしかったです。

顧問・家庭科 中野実香先生
顧問・家庭科 中野実香先生

 料理を通して、楽しみながら食生活に興味をもってほしいと思います。お菓子はもちろん軽食(サンドイッチ、チヂミ、お好み焼きなど)も家に持ち帰ることができるので、ご家族にも喜ばれています。

■活動日/活動時間 木/15:40~17:30
■部員数 中1=5名 中2=6名 中3=5名
高1=10名 高2=13名
■主な実績 文化祭にて模擬店を出店
バドミントン部
生徒主体で練習メニューを考案
明るくて和やかな雰囲気のバドミントン部。

明るくて和やかな雰囲気のバドミントン部。

 中高ともに関東大会などで優秀な成績を残しているバドミントン部。

「チームとして関東大会に出場して勝ち進んで、全国大会に進みたいと思っています。今は、関東大会ベスト4に入ること(=全国大会進出)が目標です」と意気込みを語るのは中学部長・中3のSさん。

 生徒が主体となって練習メニューを考え、自主的に練習に取り組むその姿からは、「勝ちたい」という強い気持ちが伝わってきます。土日も練習があり、休みは週2回(火・金)。これだけ聞くとハードに思えるのですが、練習に打ち込む姿はとても楽しそう。

「先輩と後輩の仲が良いので、毎日楽しいです。練習はちょっとキツいのですが、それを頑張って乗り越えればメンタルが強くなって、自信につなげることができると思います」(Sさん)

広い体育館でのびのびと練習しています。広い体育館でのびのびと練習しています。
練習で打ち合っている時は、みんな真剣な表情になります。練習で打ち合っている時は、みんな真剣な表情になります。
中学部長 Sさん(中3)
中学部長 Sさん(中3)

 バドミントン部の良いと思う部分は、雰囲気が明るくてみんな一生懸命頑張っているところです。部長としての課題は、中1生ともっとコミュニケーションを取っていくことです。プレーについては足を早く使って、同じフォームで打ち分けられるようにしたいです。

■活動日/活動時間 月・水・木/15:30~18:00 土/13:30~18:00
日/8:30~13:00または13:00~18:00
■部員数 中1=4名 中2=4名 中3=6名 高1=7名 高2=2名 高3=4名
■主な実績 中学/2021年 関東中学校バドミントン大会出場
   2022年 関東中学校バドミントン大会出場
高校/2021年 関東高等学校バドミントン大会出場
   2022年 東京都高等学校バドミントン新人大会ベスト4
   2023年 関東高等学校バドミントン大会出場、インターハイ出場

(この記事は『私立中高進学通信2023年7月号』に掲載しました。)

進学通信 2023年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ