Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年8月号

Students' Chat Spot

二松学舎大学附属柏中学校

コロナ禍でもグローバルな教育を展開

グローバル化が進むこれからの国際社会を見据え、人に信用され、社会に貢献する真の国際人の養成をめざす同校。今回は、中2・中3生に「グローバルコース」の授業や学校の魅力について聞きました。

堀 琉華さん(中2)
堀 琉華さん(中2)

「読書が好きなので、ラーニングコモンズ(図書室)がお気に入りです。司書の方に面白い本などを教えてもらっています」

関下結良さん(中2)
関下結良さん(中2)

「スポーツが大好きで、部活動はバスケットボール部に入っています。習い事として新体操もやっていて、毎日、体を動かしています!」

篠田佑人さん(中3)
篠田佑人さん(中3)

「毎日、英語の勉強をするようになったらテストでも点が取れるようになりました。今、勉強をすることの面白さを感じています」

庄山悠斗さん(中3)
庄山悠斗さん(中3)

「学校では学食が好きな場所です。とても豪華な設備で、毎日、おいしくてボリューム満点のお昼を食べています」

この学校を選んだ理由は?

堀さん
説明会などを通し、グローバルな考え方を学べると感じました。私の姉と兄もこの学校に通っているので、小学生の時に松陵祭(文化祭)にも遊びに来ましたが、そこでもすごく楽しかったことが決め手でした。先生方と在校生の皆さんの雰囲気も良く、いい学校だなと感じました。

関下さん
説明会などで先生方とお話しして、優しそうな方が多かったことと、海外に行って研修や勉強をすることができるという点がいいなと思いました。

庄山さん
学校の周りに自然が多いところが気に入りました。それから、国際的で、さまざまな国について知ることができるのも魅力的でした。

篠田さん
全体的に自由な校風だと感じたことです。あと世界のことをしっかりと学べる授業が多く、そういった授業を受けてみたいと思いました。

「グローバルコース」で学び、印象に残っていることは?

堀さん
「この国は多文化か、そうではないか」を考える授業のことを覚えています。私はそれまで「多文化」とはどういうことかを知らなかったので、自分にはまだまだ知るべきことが多いと改めて実感しました。その授業では、差別や平等がどういうものかについても考えることができ、有意義な授業になりました。

関下さん
プレゼンテーションを行う授業が多いので、クラスメートみんなの考えを知ることができ、さまざまな方向から物事を考えられるようになったと思います。

庄山さん
先日、グローバルの授業で、ガーナのチョコレートと児童労働について学びました。同年代の子や、僕たちよりも幼い子どもたちが、骨が浮いて見えるほどガリガリの姿で働いていることを知り、自分がいかに恵まれているかを感じました。今の僕がその子たちのためにできることはまだ少ないのですが、これからどうしていけばいいのかを考えるきっかけになりました。

篠田さん
中2の時に、オーストラリアについて学習したことが印象的でした。僕はオーストラリアについて、ユニークな動物がいるなどの表面的なイメージしかなかったんですが、昔は白豪主義だったことなど、深く知ることができました。良い部分だけでなく、悪い部分もしっかりと学べるのがいいところだと思います。

コロナ禍での変化は?

関下さん
グローバル関連の授業でいえば、今は海外に行くことはできなくなってしまいましたが、オンラインなどで意見を交換し合う機会を設けるなど、先生方がいろいろな方法を検討してくださっています。

篠田さん
体験的な学習はできなくても、その分、学校で世界のことを知ることはできます。それはそれでいい機会になったと思うので、決してマイナスな部分だけではないと思います。

庄山さん
学校の感染症対策としては、メイン校舎の入り口に体温を測るモニターが設置されたり、各教室の前に消毒液が置かれたりという基本的な対策がされています。より衛生的になったと思います。

堀さん
消毒液なども常に補充されているので、学校生活を安心して過ごせています。昨年の休校期間中には、リモート授業も行ってくださったので、対策はしっかりされていると思います。

印象に残っているまたは
今後楽しみにしている学校行事は?

関下さん
冬に予定されている「スキー研修旅行」です。例年は中1で行くのですが、新型コロナウイルスの影響で行くことができず、今年に持ち越しとなりました。中止ではなく、延期という形で実施されることになって、すごくうれしかったです。研修旅行ではスキーの試験があるのですが、私は昔からスキーをやっていたので、どのレベルまで取れるのかワクワクしています。

篠田さん
僕たち中3は、本来は「世界の教室」としてシンガポール・マレーシアへの修学旅行が予定されていました。ですが、今年は海外に行くのは難しいということで、行き先が沖縄へと変更されました。海外に行けないのは残念ですが、その分、沖縄で国内のSDGsを探していけたらと思い、楽しみにしています。

堀さん
今年の中2は、スキー研修旅行のほか、11月に「古都の教室」という奈良・京都研修旅行があります。京都ではグループ行動で、班ごとにお寺や神社を回る予定なので、どこを回ろうか、今からすごく楽しみです。

庄山さん
印象に残っている学校行事は、中1で行った「田んぼの教室」です。田植えを経験する校外学習なのですが、人生で初めて田んぼの中に入って、田植えをすることができました。身動きが取りづらいなかで、いろいろな作業をしなければならず、農作業の大変さを知りましたし、農家の方たちの仕事に対する熱意を感じることもできました。

この学校の魅力は?

堀さん
授業でわからないことがあっても、先生方に個別で質問しやすい環境が整っています。先生方は皆さん優しく、ていねいに教えてくださいます。

関下さん
大学受験を見据え、今後のための勉強の進め方を教えてくださいますし、困ったことがあってもすぐに先生が相談に乗ってくれるので、そういうところもこの学校の魅力だと思います。

篠田さん
設備が整っているのも良いところです。たとえば、教室やトイレも清潔に保たれていますし、大学に併設された図書館や学食もあります。それから、自由な校風なので、校則も厳しくなく、生徒がのびのびと生活できます。

庄山さん
柏駅などから学校までスクールバスを利用することもできます。本数が多く、長時間待つこともないので、無駄な時間を過ごすこともありません。道が空いていれば駅から15分くらいで到着します。

「先生方はみんな、親身になって相談に乗ってくれます。趣味の話で盛り上がることも!」「先生方はみんな、親身になって相談に乗ってくれます。趣味の話で盛り上がることも!」
「学校は自然に囲まれていて、グラウンドは東京ドーム約3個分の広さがあります!」「学校は自然に囲まれていて、グラウンドは東京ドーム約3個分の広さがあります!」

(この記事は『私立中高進学通信2021年8月号』に掲載しました。)

二松学舎大学附属柏中学校  

〒277-0902 千葉県柏市大井2590
TEL:04-7191-3180

進学通信掲載情報

【制服物語】衣替えがなく、気候や好みに合わせて選べる 生徒の個性を尊重した制服
【Students' Chat Spot】コロナ禍でもグローバルな教育を展開
【実践!私学のグローバル教育「授業」】真の国際人になるための下地を作る“中学のグローバル”
【WEB版『Hello! School』】二松学舎大学附属柏は創立10周年!次の10年に向けて伸び伸びと邁進中
【目標にLock On!! 私の成長Story】豊富で魅力的な教育プログラムを6年間の学校生活と大学進学に有効活用
【中1の始め方】「自問自答」の力を身につけさせる取り組み
【私学の光輝】創立記念日に改めて思う「自問自答」の教育理念
【SCHOOL UPDATE】グローバルコースによる学習発表会 プレゼンテーションを通して探究力・表現力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら課題を設定し、探究する「自問自答プログラム」を実践
【未来を切り拓くグローバル教育】コミュニケーション力を理論と体験で学ぶ
【みんな大好き キャンパス食堂】ランチタイムだけじゃない!仲間と一緒に語り合える食堂がリニューアルオープン
【SCHOOL UPDATE】『松陵祭』での中間発表会 「自問自答」による探究の成果をプレゼンテーション
【校長が語る 思春期の伸ばし方】論語教育と多彩なフィールドワークが豊かな人格と探究心・発信力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら気付き、考え、解決する自問自答の力を育む教育
【SCHOOL UPDATE】グローバルコース 従来のグローバル教育にさらなる実践力をプラス
【中1の始め方】中高6年間で最も大切なスタートの1年 自発性を養い真のグローバルな人材に
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】自問自答で未来を切り拓く力をつける
【SCHOOL UPDATE】特別講座 ネイティブスピーカーと一緒にEnglish cooking
【キャンパスのVISION】四季のいぶきを感じる緑豊かな環境に恵まれた新時代志向のキャンパス
【10年後のグローバル社会へのミッション】入学間もない生徒たちの研修に「インプロ」を導入
【全人教室│心を育む私学の授業】「自問自答」の力を伸ばす多彩な体験教室『田んぼの教室』『沼の教室』『都市の教室』『雪の教室』
【The Voice 新校長インタビュー】確かな学力とさわやかな心を備えた生徒を育てていきたい
【授業発見伝】〝自問自答〟を通じて課題解決力を伸ばす『森の教室』『沼の教室』『都市の教室』
進学通信 2021年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ