Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年8月号

みんなの自慢のコーチ

日本大学豊山中学校

オリンピック選手を輩出する強豪校
「学校水泳」の伝統が育む“全人教育”

水泳部顧問 野本 泰揮先生
水泳部顧問で英語科の教員である野本泰揮先生(右)と高3で水泳部主将である体育コースの北川凜生さん(左)。

水泳部顧問で英語科の教員である野本泰揮先生(右)と
高3で水泳部主将である体育コースの北川凜生さん(左)。

『強く 正しく 大らかに』の校訓のもと、心豊かな人間力を備えた競泳人を育成している同校。
全国トップクラスの強さの秘密は、学校教育の一環としての部活動という点にあります。

長き伝統を受け継ぐ
全国トップレベルの強豪校

 同校で長き歴史と伝統を誇る水泳部。高校はインターハイで3年連続、計10回の総合優勝を果たしました。中学もこれまでに、全国中学校水泳競技大会にて、2回の総合優勝を成しとげ、東京都中学校選手権水泳競技大会でも総合優勝を飾るなど輝かしい成績を残しています。

「学校水泳」でありながら、過去にオリンピック出場選手を10名以上輩出し、2021年の東京オリンピックでも現役生徒と卒業生がそれぞれ日本代表選手に選出されるなど、常にトップレベルの選手を育成しています。地域のスイミングクラブに通うことなく、学校の部活動だけで実績を築いている、全国的にも数少ない学校です。

 現在、中学生約70名、高校生約130名が在籍しています。全国大会入賞を目標とするAチーム、全国大会出場をめざす育成チーム、初心者から大会出場を目標とするBチームと、各自の希望と泳力に応じたチームに分かれ、同校OBの竹村知洋監督のもと、イキイキと水泳に取り組んでいます。

最新の充実した練習環境が
部活動と勉強を両立させる

 全国に名を馳せる強豪として名高い水泳部ですが「本校のモットーは強い選手の育成だけではありません。めざしているのは学校教育の一環としての “全人教育”です」と話すのは英語科・同部顧問の野本泰揮先生です。野本先生は同校水泳部のOBで、高3時には12年ぶりのインターハイ総合優勝をマネージャーとして支えました。

「部員に徹底しているのは、まず礼儀正しくあることです。そこから健やかな肉体と心が育まれます。そして、どれほど泳力の高い選手であっても、学業を絶対におろそかにさせません。学力の伸びと部活動をきちんと両立させる文武両道と自立の精神。その育成は私たち指導者が最も大切にしていることです」

 学業と部活動の両立は、野本先生が水泳部在籍中にも「当たり前のことだと思って取り組んでいました」と話します。それが実現できるのも、充実した練習環境があるからだと言います。

「本校には11階に25m×10コースの温水プール、ウエイトトレーニングができるトレーニングルームが11階と地下1階の2カ所にあります。現在は新型コロナウイルス感染防止のため、活動時間を制限していますが、通常時は放課後、たっぷりと練習ができ、遅くとも19時には解散します。帰宅後も十分に自宅学習ができる余裕を持てるのは、学校水泳だからこそです」

 監督以下、顧問もコーチもほとんどが同校の教員のため、生徒の成績や学校生活の様子を逐一把握でき、生徒の悩みに対するメンタルケアや学習サポートも、指導陣が常に連携をとって親身に行える点も特徴です。

「部員とざっくばらんに会話する機会を多くして、精神的な面でのケアを積極的に行うことを心がけています。最も気をつけているのは、生徒に命令をしないことです。
 試合結果や学業について感想やアドバイスこそ伝えますが、自分が何をすべきかを判断し、決定するのは選手自身。自分で考えることによって心の自立を促すことが、部活動の大切な役割だと考えています。指導者の大半が水泳部のOBなので、文武両道の良き伝統が受け継がれているところも本校の強みです。遠征費などの費用もほぼ学校負担なので、安心して水泳に打ち込める。それも強さの秘訣なのかもしれません」

 水泳部で人間力を培っていく部員たちの姿は、野本先生の誇りでもあります。

「水泳部で学んだ礼儀や、ここで得た人間的な成長は、社会に出たときにも役立つものです。本校の水泳部で良かったと言ってくれる生徒を、一人でも多く社会に送り出したい。それこそが私たち指導者の大切な役割だと感じています」

取材した日は、中高水泳部のメンバーが練習中。一斉練習ではなく、各自に合わせた練習メニューを設定し、個々の力を伸ばしていきます。取材した日は、中高水泳部のメンバーが練習中。一斉練習ではなく、各自に合わせた練習メニューを設定し、個々の力を伸ばしていきます。
プールで練習する生徒のフォームをチェックし、身体の使い方を教える野本先生(上)。細かな配慮が生徒の力を最大限に伸ばします。プールで練習する生徒のフォームをチェックし、身体の使い方を教える野本先生(上)。細かな配慮が生徒の力を最大限に伸ばします。
11階にある25m×10コースの温水プール。春夏秋冬、いつでもベストな状態で練習を行うことができます。11階にある25m×10コースの温水プール。春夏秋冬、いつでもベストな状態で練習を行うことができます。
ココに注目!
指導者の密な連携が
生徒をより良く導く
トップレベルの泳力を誇る北川さん。中3の時にも弊誌の取材を受けてくれました。その成長ぶりにスタッフも圧倒されました。トップレベルの泳力を誇る北川さん。中3の時にも弊誌の取材を受けてくれました。その成長ぶりにスタッフも圧倒されました。

 指導陣の親身な支えにより、中学から充実した水泳生活を送っているのが、高3体育コースで学ぶ北川凜生さんです。北川さんは、今年の全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会東京都予選で、4×100mフリーリレー、4×100mメドレーリレーのメンバーとして日本高校新記録を樹立しました。

「先生方は一致団結して、僕たち選手一人ひとりに向き合ってくれます。野本先生との一番の思い出は、中3の全国中学校水泳競技大会です。直接指導してくださっていた顧問の安村(亜洲)先生が同行されず、とても心細かったのですが、野本先生が安村先生と常に連絡をとってアドバイスをくださったことで、安心して挑めました。
 中学から水泳の記録が良かったので慢心していた時期もありましたが、そのときも先生方は僕を部内で優遇せず、厳しい目で見守ってくださいました。真っ直ぐな気持ちで続けてこられたのも、先生方、先輩方のおかげです」

 学業と水泳の両立は大変だが、やりがいを感じると北川さんは言います。

「強豪だけあって毎日の練習は厳しいですし、休養も大事なので、勉強は課題も含めて休み時間をフル活用して学校にいる時間ですべて終わらせています。そうすることでダラダラせずに勉強にも水泳にも集中できて、両方に良い影響があります」(北川さん)

(この記事は『私立中高進学通信2021年8月号』に掲載しました。)

進学通信 2021年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ