Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年8月号

注目! News and Topics

目黒学院中学校

ポールダンス日本一に輝いた生徒の
世界を見据える夢を全力でサポート

ポールダンス界の新星として注目されるS・Yさん。アクロバティックな技が光ります。

ポールダンス界の新星として注目されるS・Yさん。アクロバティックな技が光ります。

先生方が夢を全力で
サポートしてくれます
S・YさんS・Yさん

 ポールダンスの国内コンテストで2年連続優勝を果たした実績を基に、スポーツや芸術文化の活動歴を評価する2021年度の総合能力入試で同校に入学したS・Yさん。

「夢は世界中の人を笑顔にすること」と目を輝かせる中1生の彼女にとって、「手厚い少人数制教育」や「充実したグローバル教育」、そして「人生をデザインする力を育む指導」といった同校の教育はぴったりだったようです。

――ポールダンスを始めた年齢ときっかけを教えてください。

「小3の時にYouTubeでキッズポールダンサーの演技を見たことがきっかけです。すごくカッコよかったし、なんとなく『自分にもできるかな』と思ったんです。私はもともと性格がポジティブなので、どんなことでもやる前から『たぶんできる!』という感じで飛び込んでみるんです」

――普段は週に何日くらいダンスのレッスンに通っていますか?

「週に4日、放課後に通っています。ただ、大会の前になるとほぼ毎日で、レッスン場で宿題をやることもありました。昨年はコロナ禍で大会が中止になってしまったので、その分、学校説明会への参加など、中学受験の準備をしました」

――目黒学院を選んだ決め手は?

「まず総合能力入試があったこと。それから学校見学をした時に『中高生の間に留学したいんです』と先生に相談したところ、『全力でサポートします』と言ってくださって、絶対この学校に入りたいと思いました」

――留学の目的はやはりポールダンスですか?

「はい。ポールダンスで出会った1歳年上の親友と、『一緒に世界大会に出場したいね』という話をしています。私が指導を受けている先生は世界チャンピオンの方なのですが、世界に挑戦する日本人ポールダンサーはまだまだ少ないので、自分がもっと切り拓いていきたいんです。それと『アメリカズ・ゴット・タレント』といういろいろなジャンルのパフォーマーが出場できるテレビのオーディション番組にも挑戦したいです。だから留学するとしたら、やっぱりアメリカを考えています。英語をしっかり身につけて、『たぶんできる』の精神で突き進みたいです」

先輩・後輩の壁がなく
全校生徒が仲間です

――目黒学院は英語教育が充実しています。学習の進度はどうですか?

「少人数制なので、先生がていねいに教えてくださいます。わからないことや確認したいことを、放課後気軽に質問できることもうれしいです。留学という夢も、英語に力を入れているこの学校の授業を受けることで、さらに具体的になりました」

――そのほかに少人数制の良さを感じるところは?

「クラスどころか全校生徒が仲良しです。中学には先輩・後輩の上下関係が厳しいイメージがあったのですが、むしろ先輩方が『ウェルカム!』という感じで仲間に入れてくれたことがうれしかったです。生徒会に立候補したのも、仲の良い先輩に『中1から誰か出てくれない?』と声をかけてもらったことがきっかけで、同級生の女の子と一緒に参加しました。充実した学校生活で、毎日とても楽しいです」

――現在、ポールダンスではどんなことを頑張っていますか?

「ポールダンスは大きく分けてアートと競技の2種類があるのですが、私は点数を競うよりも個性で勝負したいので、アートを追求していこうと思っています。ただ、アートの大会に出場できるのは16歳からなので、それまでにきっちり技術を磨くことを毎日頑張っています」

――将来の夢を教えてください。

「私はとにかく人を笑わせるのが大好きで、ポールダンスの演技でも面白おかしい喜劇をやりたいんです。悲劇をやるダンサーは多いのですが、泣かせるより笑わせるほうが実は難しいと思うんです。だからこそ喜劇にチャレンジしたいし、泣き顔よりは笑顔を見るほうがうれしいじゃないですか。将来は世界中の人たちを笑わせに行きたいです」

中1生は14人。男女の壁もなく、入学してすぐにみんな仲良くなりました。中1生は14人。男女の壁もなく、入学してすぐにみんな仲良くなりました。
大会前には朝練をしてから登校することも。ポールダンスと学校生活、どちらも頑張っています。大会前には朝練をしてから登校することも。ポールダンスと学校生活、どちらも頑張っています。
少人数制なので、授業でも一人ひとりに発表できる機会がたくさんあります。少人数制なので、授業でも一人ひとりに発表できる機会がたくさんあります。
世界で通用する英語力を養成する同校。会話やプレゼン能力を重視した授業が展開されます。世界で通用する英語力を養成する同校。会話やプレゼン能力を重視した授業が展開されます。
生徒の意欲的な取り組みを尊重しています
今関大輔 先生(中1担任)
今関先生は数学科担当。ホームルームは先生のお話でいつも盛り上がります。今関先生は数学科担当。ホームルームは先生のお話でいつも盛り上がります。

 S・Yさんはとにかく明るくて、物怖じしない性格。すべての生徒が意見を言えるクラス作りをめざしていますが、彼女は幅広い年齢層の人たちと交流してきた経験があるからか、自分の意思を伝える力をすでにもっていました。また目的意識をもって取り組んできているため、授業にもとても熱心に臨んでいます。

 本校のスローガンは「自律から自立へ」。中1では自分の感情をコントロールして行動に移す「自律心」を養ってもらいたいので、教員はなるべく見守る姿勢を心がけています。もちろん教員が入るべき場面もありますが、生徒一人ひとりの状況を見定めながら、その時々に合わせたフォローや成長への後押しができるところが少人数制の利点です。彼女も今後ポールダンスと学業の両立に迷うタイミングがあるかもしれませんが、現時点では本人のペースに任せています。

 課外活動でも部活動でも、生徒が意欲的に取り組んでいることを尊重するのが本校のモットーです。何より私個人としては、学業の成績や活動の結果も大切ですが、生徒みんなに輝いてもらいたいのです。彼ら彼女らがのびやかに大人へ成長していくためのサポートを全力でしたいと思います。

(この記事は『私立中高進学通信2021年8月号』に掲載しました。)

目黒学院中学校  

〒153-8631 東京都目黒区中目黒1-1-50
TEL:03-3711-6556

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】ポールダンス日本一に輝いた生徒の世界を見据える夢を全力でサポート
【生徒会に聞く学校生活】生徒主導の生徒会活動でより楽しく豊かな学校生活を
【コロナに負けない!私学のアクション】デジタルツールを駆使対面の温度感も大切にした充実のオンライン学習
【WEB版『Hello! School』】先生と生徒の心の距離が近く一人ひとりに目が届く学校
【注目! News and Topics】アットホームな行事で学年を越えた人間関係を築く
【グローバル特集 海外研修[アジア]】欧米だけでなくアジアの文化を知り生きる力を身につける
【実践報告 私学の授業】少人数制のきめ細かな指導がiPadの導入でさらに充実
【SCHOOL UPDATE】iPad導入 ICT教育スタートで変わる授業 生徒たちの学習意欲が高まる
【The Voice 校長インタビュー】自分らしく生き、自ら選び取る将来をじっくりと考える6年間をサポート
【私学の校外学習・学外交流】東日本大震災の経験を学び防災意識を高める
【SCHOOL UPDATE】オールイングリッシュの授業 英語を楽しみ自己表現のツールの一つに
【Students' Chat Spot】積極的な発言が飛び交う活気ある授業! 自主性を伸ばせます。
【グローバル時代の学び方】発信力と国際理解力を養いグローバルリーダーを育成
【学校生活ハイライト】全学年に強い絆が生まれる『体育祭』や『プレゼン技法研究発表会』
【6年間のメンタルケア】カウンセラーと生徒指導部を中心に学校全体が家族のように心の成長をサポート
【グローバル時代の学び方】世界への視野を開く2つの海外研修
【中1の始め方】少人数のメリットを最大限に活かし 一人ひとりに目を配る
【SCHOOL UPDATE】富士登山  「日本一高い山」へのチャレンジで身につく精神力と自信
【めざせ 次代のグローバルリーダー】アメリカとアジア諸国の政治・宗教・風習の違いを知る貴重な機会が広い視野を育てる
【私学の光輝】富士登山
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】普段の授業を小学生に体験してもらう『体験授業』 日々実践している教育を肌で感じて理解してほしい
進学通信 2021年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ