Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年8月号

注目! News and Topics

城西大学附属城西中学校

海外に羽ばたいたOGが語る
母校が誇る手厚い留学制度の魅力

同校で長期留学を経験したOGの2人。8月からアメリカの大学院で学ぶ大陸虹けいさん(左)と、昨年から母校の英語科教員となった水野あいか先生。

同校で長期留学を経験したOGの2人。
8月からアメリカの大学院で学ぶ大陸虹けいさん(左)と、
昨年から母校の英語科教員となった水野あいか先生。

人生に大きな影響を与えた
高校での留学体験
同校を卒業後、アメリカで学ぶ道を選んだ大陸虹けいさん。同校を卒業後、アメリカで学ぶ道を選んだ大陸虹けいさん。

 グローバル化が叫ばれて久しい現代社会に適応し、人間力・国際感覚を備えた社会貢献できる人材の育成をめざす同校。中3で生徒全員が約2週間のオーストラリア研修を行う同校は、生徒のニーズにこたえる充実した留学制度も用意しています。7つの国と地域に16の姉妹校・提携校をもつ同校の留学制度の魅力について、高校でのアメリカ長期留学をきっかけに海外へ羽ばたいた2人のOGに話を聞きました。

「もともと帰国生だったのですが、海外留学がしたいと思ってその制度が整っている城西を中学受験しました」

 そう語るのは、8月からアメリカ・コロンビア大学大学院に進学予定の大陸虹けいさん。大陸さんは同校を卒業後にカリフォルニア州立大学デービス校へ進学し、飛び級で卒業した才女です。

「私も長期留学プログラムに惹かれて中学受験しました。高校での留学経験が、今の私の基礎になっていると思います」

 同じくOGで、現在同校の英語科教員を務める水野あいか先生はそう話します。水野先生は同校卒業後に明治大学へ進学し、オレゴン州立大学に1年間留学。卒業後は旅行会社勤務を経てJALおよびエミレーツ航空でフライトアテンダントとして勤務。2020年から母校で英語科教員として教鞭をとっています。

出発前はもちろん
帰国後も手厚くサポート

 2人とも「高校時代のアメリカ・オレゴン州のスイートホームハイスクールへの長期海外留学が、人生に大きな影響を与えた」と話します。

「高校での長期留学をきっかけに、海外大学への進学を決めました。当時は留学前にさまざまなアドバイスでサポートしていただいたのに加え、帰国後もとてもお世話になりました。私が日本の授業に追いつけていない部分を、先生が放課後に残ってマンツーマンで教えてくださったのです。すごく助かりました」(大陸さん)

「私は高校で留学を経験してから、本校とスイートホームハイスクールの懸け橋になりたいと強く思いました。教員として母校に戻ってきたのも、その夢をかなえるためです」(水野先生)

 水野先生は、現在同校にやってくる交換留学生が不自由なく過ごせるようにサポートする、国際交流委員会の担当をしています。

国際感覚が鍛えられる
10代での留学体験
フライトアテンダントの経験を持つ英語科の水野あいか先生。フライトアテンダントの経験を持つ英語科の水野あいか先生。

 留学への手厚いサポートに加えて、教員と生徒の距離が近くてアットホームな雰囲気があるのも同校のポイントだと大陸さんは話します。

「私が留学中に、留学先のオレゴン州で銃乱射事件が報じられたことがあったのですが、当時の校長先生が心配して連絡してきてくれました。このように親身になってサポートしてくれる先生方ばかりですし、留学先も姉妹校として長年お付き合いのある学校ばかりなので、安心して留学に行けると思います」(大陸さん)

「ホストファミリーとの連携や、現地校とのやり取りなど、国際交流課の教員がすべてサポートしています。帰国後は生徒たちの進路希望にしたがって、担任や各教科の担当がバックアップします」(水野先生)

 高校での留学をきっかけに、海外へ羽ばたく道を選んだ2人に、海外留学の魅力について聞いてみました。

「私は世界100カ国以上の国から集まった人々と一緒に仕事をしていたので、相手の考え方や価値観を理解する適応力がついたと思います。国際社会では国も人種も宗教も異なる人たちとのやりとりが求められますが、日本ではそうした機会があまり得られないので、留学のもつ意味は大きいと思います」(水野先生)

「海外でいろいろな人に出会うことは刺激的です。それまで日本で自分が思っていた “普通”が、実は世界では “普通じゃない”ということを学べるのは良い経験になると思います。10代のうちに安心できる環境でそうしたエキサイティングな経験をすることは、将来必ず役に立つと思います」(大陸さん)

大陸さんの高校時代の留学での1枚。当時の友人との交流は今も続いているといいます。大陸さんの高校時代の留学での1枚。当時の友人との交流は今も続いているといいます。
水野先生の高校時代の留学時の様子。この経験が水野先生の人生を変えたと話してくれました。水野先生の高校時代の留学時の様子。この経験が水野先生の人生を変えたと話してくれました。

大陸さんは、高校留学時に卒業式も体験しました。みんなが帽子を投げ上げる様子は映画の1シーンのよう。

同校では、中3で全員がオーストラリアへの留学を経験します。同校では、中3で全員がオーストラリアへの留学を経験します。
ホストファミリーとの別れでは、思わず涙が。ホストファミリーとの別れでは、思わず涙が。

(この記事は『私立中高進学通信2021年8月号』に掲載しました。)

城西大学附属城西中学校  

〒171-0044 東京都豊島区千早1-10-26
TEL:03-3973-6331

進学通信掲載情報

進学通信 2021年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ