Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年4月号

目標にLock On!! 私の成長Story

安田学園中学校

中高6年間の充実の日々が
夢へと羽ばたく力になる

6年間の日々の学びや学校生活が“今”につながっていると話す小林さんと畔上さん。安田学園には、学習でも部活動でも、興味のあることに熱中できる環境が整っています。
早稲田大学 基幹理工学部1年 小林 克海さん 上智大学 外国語学部1年 畔上 愛理さん

早稲田大学 基幹理工学部1年
小林 克海さん(左)と

上智大学 外国語学部1年
畔上 愛理さん(右)

「やりたい」気持ちを大切に
何事にもチャレンジ
「クラスメートもみんな仲が良く、とにかく居心地が良い学校でした」という小林さん。「クラスメートもみんな仲が良く、とにかく居心地が良い学校でした」という小林さん。

 小林克海さんは、大学2年時から進むことができる「表現工学科」で学びたいという思いから、早稲田大学基幹理工学部へ進学。大学1年時の現在は、数学や物理学などの基礎を学びながら、楽器演奏を楽しんだり、新たなプログラミング言語に取り組んだりと、学問に趣味に充実した日々を過ごしています。

「表現工学科は、科学技術と芸術表現を横断・融合する『インターメディア』が研究対象です。たとえば、作曲家や映画監督の教授によるプロジェクト学習が展開されています。僕は、中高時代からプログラミングなどを学び、同時に音楽が大好きなので、その強みを伸ばせるだろうと思っています」

 その幅広い興味は、小林さんが掲げる「好奇心」というモットーにも表れています。

「とにかく、自分がやったことがないことにチャレンジすることが好きなんです。安田学園在学中は、吹奏楽やコンピュータ、合唱、軽音楽とさまざまなクラブに参加しました。『やろうかどうしようか迷ったら、とりあえず挑戦してみる。それから後悔すればいい』と考えて行動しています」

 高校時代には、コンピュータークラブで文化祭展示を行い、大盛況を博したことも。

「部員たちと協力して僕が中心になり展示を行いました。ゲームをプログラミングして来場の方々に遊んでもらったり、古いパソコンの部品を分解して展示したりして、たくさんの人に喜んでもらえました。僕自身、小学生の頃からゲームのプログラミングは行っていましたが、ゲームを完成させて、たくさんの方にプレーしてもらうという経験は初めてのことだったので、特に思い出に残っています」

 興味をもったものに積極的に打ち込めたのは、同校のサポートがあったからこそだと小林さんは話します。

「僕は、あまり勉強に熱心なタイプではありませんでしたが、安田学園の先生方はその僕のペースに合わせてくださいました。やりたいことをやらせてくれ、勉強をするとなったら最大限のサポートをしてもらえる。先生方はいつも僕たちを見守って、個性を大事にしてくださいました」

 一人ひとりの生徒の「やりたい」を大切にする環境が、生徒の可能性を大きく広げてくれるのです。

小林さんの思い出 「軽音楽クラブでは、文化祭ステージで友人とバンドを組んで演奏を披露しました。自分たちを十分に表現することができ、楽しい思い出の一つとなっています」(小林さん)

小林さんの思い出
「軽音楽クラブでは、文化祭ステージで友人とバンドを組んで演奏を披露しました。
自分たちを十分に表現することができ、楽しい思い出の一つとなっています」(小林さん)

日々の復習が
成績アップの秘訣
「生徒と先生の距離が近いのも同校の魅力の一つ」と話してくれた畔上さん。「生徒と先生の距離が近いのも同校の魅力の一つ」と話してくれた畔上さん。

 畔上愛理さんは、「英語の教員になりたい」という夢に向かって、上智大学外国語学部で学んでいます。教員という夢をもったのは、同校でのキャリア教育がきっかけだそうです。

「小さい頃からピアノの先生になりたいと思っていたのですが、中学校に入って英語の面白さを知り、安田学園の先生方がすごく楽しそうに授業をされているのを見て、英語教員になりたいと思うようになりました。在学中、キャリア教育の一環で、先生方がどのような思いや経緯で教員になったかを話してくださる授業がありました。それを聞いて、教員という仕事のやりがいを知り、憧れが強くなりました」

「英語が好き」と笑顔で語ってくれた畔上さんですが、決して入学当初から成績が良かったわけではないと言います。

「私は勉強が得意な方ではありませんでした。ですので、入学時もそれほど良い成績ではありませんでしたが、中1の初めての中間テストで、自分が思っているよりも順位が低くて……。元来の負けず嫌いから、本当に頑張らなければならないと思いました」

 それからは、日々の授業内容の定着度を確認するために毎朝行われる「習熟度チェックテスト」で、自分の弱点を知り、そこを重点的に復習するという学習を毎日続けてきました。

「短い単元ごとにチェックテストを行うため、自分が理解できていないところが明確にわかります。自分が苦手な部分を分析して、復習を続けていたら、徐々に成績も上昇してきました」

 さらに、中3の時に参加したオーストラリア語学研修も、畔上さんが英語により興味をもったきっかけになりました。

「ホームステイをして、バディと学校へ行き、一緒に授業を受けました。研修の2週間はすべてが充実していました。そして、英語はコミュニケーションツールとして役立てることができると、その時に改めて実感しました」

 海外研修は、英語を学ぶうえでも、異文化を体験するというグローバル教育の面においても、非常に大きな経験となります。

「そうした研修に前向きに参加できたのも、やはり安田学園だからこそだと思います。学びたいことに集中できたからです」

 同校で過ごした充実の日々が、大学での学びへ通じ、さらには未来へとつながっていくのです。

畔上さんの思い出のモノ 中高6年間、合唱クラブで活動していた畔上さん。「文化祭では部員全員で同じTシャツを着て歌いました。みんなでデザインしたTシャツは、大切な思い出の品です」(畔上さん)

畔上さんの思い出のモノ
中高6年間、合唱クラブで活動していた畔上さん。「文化祭では部員全員で同じTシャツを着て歌いました。
みんなでデザインしたTシャツは、大切な思い出の品です」(畔上さん)

恩師からの応援メッセージ
現在チューターとしても活躍
安心して2人に任せられます
小林さんと畔上さんの代の学年主任を高1から担当していた、増田浩之先生。小林さんと畔上さんの代の学年主任を高1から担当していた、増田浩之先生。

 小林さんは、天才肌のタイプ。いろいろなことに興味があって、こちらも驚くような観点から質問をしてくるので、非常に教えがいのある生徒でした。畔上さんは、大変真面目で、何でも自分で考えて行動する生徒でした。本人も話していたように、コツコツと取り組むタイプで、地道に勉強をしている姿が印象に残っています。今、2人にはチューターとして、放課後の自習室で生徒たちの勉強のお手伝いをしてもらっています。2人は、本校に在学中から、真摯に物事に取り組む生徒でしたので、中1から高3までどの学年のチューターも安心して任せられます。忙しいなかでも、後輩たちのために動いてくれることに、とても感謝しています。
(増田浩之先生)

進学通信 2022年4月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ