Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年4月号

今そこ実感!大学附属・付属校ここが好き

文教大学付属中学校

生徒それぞれの希望の進路を叶えるために
学習・受験をサポート!

広報の渡邊先生(右)も同校の高校の卒業生。職員室前の学習スペースで、OB・OG同士の記念撮影。

広報の渡邊先生(右)も同校の高校の卒業生。職員室前の学習スペースで、OB・OG同士の記念撮影。

大切なのは生徒それぞれの
希望に合った進路選び

「人間愛」を教育の基盤に、ICTやキャリア教育にも力を入れている同校。1927年創立の伝統校である同校では併設大学の文教大学も含め、指定校推薦の枠も数多くありますが、「推薦ありき」の進路指導はしないというポリシーです。生徒の9割が外部大学への進学をめざし、多様な道を歩んでいます。

「自分の将来の目標と関係なく『評定基準に達しているから』という理由で推薦入学を選んだ生徒が、大学入学後に意欲をなくしてしまうケースは少なくありません。まずは本人の志望や将来の目標に沿った進路選択をしてもらうことを大事にしています」

 と広報の渡邊雄祐先生は話します。早い時期から社会とのつながりに目を向けさせ、社会貢献を念頭に置いた指導の中で生徒たちは将来の希望進路を決定していきます。

「将来、どのような道に進むのかを考えさせるため、中1から総合学習などでキャリアを意識させるカリキュラムを組んでいます。
 本校では中1・中2を成長期、中3・高1を探究期、高2・高3を飛躍期と位置づけ、キャリア教育の授業や、職業体験などの学校行事を通じて、社会や職業に対する意識を高めています」

 併設大学である文教大学への進学も、進路がマッチングする場合には積極的に活用しています。付属校だからこそ有利な受験システムも用意されており、一定の基準をクリアすれば、文教大学の希望の学部に内部推薦で進学することができます。また、成績優秀者は文教大学への推薦権をもちながら、他大学への入試に挑戦することも可能です。国公立大学に限らず、私立大学との併願もできるため、思い切ってチャレンジ校に挑むことができるのは大きなメリットです。

「難関大学合格を狙う生徒も増えています。近年は東京大学にチャレンジする生徒も出てきました」

2021年度 主な外部大学進学実績(卒業生および、既卒生)
私立大学 国公立大学
早稲田大学 2 國學院大學 5 愛媛大学 1
上智大学 2 成城大学 4 公立鳥取環境大学 1
慶應義塾大学 4 獨協大学 6 千葉大学 2
東京理科大学 10 武蔵大学 4 東京海洋大学 1
学習院大学 1 津田塾大学 1 東京学芸大学 2
青山学院大学 5 日本女子大学 2 防衛医科大学校 1
中央大学 18 東京女子大学 1 神奈川県立保健福祉大学 1
明治大学 21 日本大学 30 国立看護大学校 1
立教大学 19 駒澤大学 7 信州大学 1
法政大学 13 東洋大学 19 東京外国語大学 1
成蹊大学 2 専修大学 14 東京都立大学 2
明治学院大学 8
充実の学習指導で
進学実績が上昇
文教大学は2021年、東京都足立区に、国際学部・経営学部を擁する「東京あだちキャンパス」を開設。新しい選択肢となりました。文教大学は2021年、東京都足立区に、国際学部・経営学部を擁する「東京あだちキャンパス」を開設。新しい選択肢となりました。

 そうした背景には、生徒の希望進路を叶えるための充実の学習指導があります。なかでも『アサガク』と『文教ステーション』は、生徒の学習を強力にサポートしています。

『アサガク』とは、中1から高3の6年間にわたって週3回行われる、朝の5分間テストです。テストの内容は英単語や漢字、計算など学年によりさまざまあり、学力の基礎固めに大いに効果を発揮しています。

『文教ステーション』は、学習塾と提携した放課後の学習支援システムで、全学年の全生徒が利用できます。チューターが常駐し、中学生は19時30分まで、高校生は20時まで利用できます。こうした学習態勢が功を奏し、年々進学実績も上がり続けています。令和3年度入試では国公立に14名、早慶上理に18名、GMARCHに77名という成績を収めました。

「学習指導においては『最低限のラインはここ』としっかりと示し、取りこぼしがないようにフォローしていくことを心がけています」

 と渡邊先生。何よりも生徒の夢や目標を優先した学習指導が、生徒たちの進学へのモチベーションを支えているのです。

卒業生インタビュー
希望進路へのアドバイスに感謝
勉強への安心感も高かったです!
文教大学教育学部特別支援教育専修1年 百川 美衣奈さん文教大学教育学部特別支援教育専修1年
百川 美衣奈さん

 2021年3月に同校の中学・高校を卒業し、4月に文教大学教育学部に入学、教員をめざして学ぶ百川美衣奈さん。聴覚障害のある友人との出会いやボランティアで障害のある子どもたちと触れ合った経験から、特別支援教育の道をめざしました。

『教員になりたい』という希望から、内部推薦で文教大学教育学部に進もうと決め、高1から評定基準をクリアすることを意識して定期考査に取り組んできたそうです。

「一貫校の学校生活の中で、一番よかったのは、高校受験をせずに済んだことです。中学から先取り学習をしているので、高入生より余裕があり、将来のことをじっくり考えることができました。これも一貫生のメリットだと思います。
 付属校といっても学部ごとに枠が決まっていて、評定の上から順に入学資格を得られると聞いていましたので、できるだけ良い成績を取ることを心がけました」

実感する一貫教育の魅力

中高のギャップがなく、スムーズに高校の学習に入れる点が大きなメリットです。

大学で学んでいること

小学校の教員と特別支援校の教員、2つの教員免許の取得をめざしています。

なりたい職業や夢

特別支援教育の場で、一人ひとりに合わせた対応やニーズを考えられる教員になりたいです。

 中高の6年間は水泳部で活躍した百川さん。

「高校受験がなく、中3での部活動の引退がないため、6年間一つのことを極められるところも、一貫校の利点です」

 週5日の練習に加えて大会も多く、部活動はハードでしたが、それでも好成績をキープできたのは、「考査前の学習に加え、普段の授業にきちんと向き合ってきたからだと思います」と言います。

 忙しい百川さんには、先生方のフォローも大きな力になりました。

「ハイレベルクラスに所属していたのですが、英語などは授業以外で教わることも多かったです。職員室前に学習スペースがあるので、そこで勉強もしましたし、授業が終わって質問にもよく行きました。
 質問をすると、先生は必ず放課後に時間を作って教えてくださいますし、教員志望であることを話すと、『さまざまな教科をバランス良く学ぶことが大事だよ』とアドバイスしてくれて、そこでいっそう勉強を頑張るようになりました。
 先生方もアットホームな雰囲気で、サポートも手厚いことが母校の良さだと思います」

(この記事は『私立中高進学通信2022年4月号』に掲載しました。)

文教大学付属中学校  

〒142-0064 東京都品川区旗の台3-2-17
TEL:03-3783-5511

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】今後の社会で活躍できる力を 積極的に育成するGCP
【今そこ実感!大学附属・付属校ここが好き】生徒それぞれの希望の進路を叶えるために 学習・受験をサポート!
【Students' Chat Spot】多様な意見が飛び交う、活発な生徒会です!
【中1の始め方】体系的なキャリア教育と生徒に寄り添う教育活動
【コロナに負けない!私学のアクション】創意工夫あふれる授業を実施受験生向けイベントもオンラインを活用
【生徒の主体的な活動にフォーカス】デバイスの導入を契機とした生徒主体の学校づくり
【みんな大好き キャンパス食堂】午後の活動に向かう生徒を「行ってらっしゃい」とやさしく送り出す
【実践報告 私学の授業】タブレットPCの積極活用で理解力・積極性がアップ
【未来を切り拓くグローバル教育】台湾への大学進学を全面的にサポート
【6年間のメンタルケア】養護教諭とカウンセラーは生徒一人ひとりと向き合い 心身の健康をサポートする“縁の下の力持ち”
【実践報告 私学の授業】プログラミング学習で課題解決力を引き出す
【目標にLock On!! 私の成長Story】やるべきことをしっかりやっておけば自信と結果はついてくる
【キャンパスのビジョン】大海原へ漕ぎ出す前の生徒を見守る“港”をイメージしたモダンなキャンパス
【グローバル時代の学び方】中1から参加できる!セブ島英語研修スタート
【中1の始め方】自己管理能力とチーム力が「主体的に行動する力」への第一歩に!
【キャンパスのVISION】人生という長い航海に備える“港”それが新キャンパスのコンセプト
【グローバル時代の学び方】『世界に飛翔する力』で幅の広い選択肢を実現
【注目のPICK UP TOPIC!】「強い心」でこれまで以上の確かな進学力を育成
【10年後のグローバル社会へのミッション】『既知の未知化』『未知の知識化』『知識の未来化』で、 未来に輝く人材を
【Students' Chat Spot】学校の広報活動を行う『文教コンダクター』のみなさんが学校の魅力を存分に紹介!
【SCHOOL UPDATE】未来への船出!生徒たちを明るく包む新校舎
【未来を生き抜く学力のつけかた】『既知は未知でできている』 考える力を育み知識を活かす人材を育てる6年間
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】学びの円環を作り家庭学習を定着させる
【On Going! 進歩する私学の注目情報】新キャンパスを整備 留学制度の充実など改革が進行中
【私学しゅん報】HERE!中学校 みんなの新校舎“PORT”完成
進学通信 2022年4月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ