Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年4月号

その先に備える キャリア教育

国士舘中学校

iPad導入で広がる可能性
学習環境がさらに充実

2021年度、中1から高2までの全生徒に1人1台iPadを導入し、効果的な学習に活かしている同校。 6年間一貫で、将来的に役立つスキルを段階的に伸ばしていきます。
導入したiPadはキーボード付きの機種。大学での使用や、社会に出てからの実用性を考えました。

導入したiPadはキーボード付きの機種。大学での使用や、社会に出てからの実用性を考えました。

教頭/神山優子先生教頭/神山優子先生

 道徳心や正義感、思いやりの心と、社会の一員として活躍するための力を育てる教育を実践している同校。朝学習や放課後学習など、きめ細かな指導による基礎学力の養成と、さまざまなグローバルプログラムによる英語力の強化など、手厚いサポートに定評があります。2021年度からはiPadを導入し、さらに学習環境を充実させました。

「まず前段階として、2020年度の新型コロナウイルス感染拡大による休校期間に、中学・高校・大学の全生徒にICTの整備費として一人一律8万円を給付しました。これを活用してご家庭の通信環境を整えていただき、2021年度4月より、一人に1台iPadを導入しました」(教頭/神山優子先生)

 現在はGoogle Classroom(※1)やロイロノート(※2)などのアプリを使って、学習教材や教員が手作りした演習問題などを共有し、生徒たちの学習や学校生活に役立てています。

ICT委員会/伊東慎弥先生ICT委員会/伊東慎弥先生

「朝学習では英語の学習アプリを使ってリスニングの問題を解いてもらい、翌日にはその問題をプリントで解く取り組みも始めました。英語科の教員の間では、iPadの導入により『繰り返し学習によって耳が鍛えられる』『発音やリスニングの課題を出しやすい』と好評です。美術の授業ではスケッチアプリを使って絵を描くなど、各教科でiPadを活用しています」(ICT委員会/伊東慎弥先生)

 セキュリティに配慮し、ICT委員会で十分に議論して、Webサイトへのアクセス制限も行っています。

「あくまで勉強のための機器なので、遊びには使えないようにしています。保護者からiPadに関する苦情は出ていません。安心してお任せいただいている状況だと思います」(神山先生)

 中学では授業中のiPadの使用にはルールを設けていますが、高校ではノートに書ききれない板書をiPadで撮影したり、わからない語句をその場で検索したりするなど、教科によって自由に使用できるようにしています。

「段階を経て、正しい使い方を学んでいってほしいですね。最終的にはiPadをノート代わりに使いこなし、さらには自分で考えて行動するために活用してほしいと思っています。生徒のスキルも、教員の指導力も、いっそう高めていきたいです」(伊東先生)

※1 Google Classroom…Googleの授業支援ツール。課題の配布や振り返りなど、教員と生徒の間の連絡をオンライン上で一括管理できます。

※2 ロイロノート…授業支援のためのクラウドツール。課題配布や宿題の提出に利用できるほか、思考力やプレゼンテーション力を育てるための機能も備えています。

生徒一人ひとりが使いこなせるよう、教員が細かくサポートしていきます。操作方法のみならず、ネットリテラシーや使い方のマナーなども、折に触れて指導しています。

生徒一人ひとりが使いこなせるよう、教員が細かくサポートしていきます。
操作方法のみならず、ネットリテラシーや使い方のマナーなども、折に触れて指導しています。

Report社会で活躍するためのスキルを身につけ、発展的な学びにも活かす
ICTフル活用で創造性と自主性を育む

 伊東先生が担当する中2のホームルームでは、中2生全員で訪れるブリティッシュヒルズ語学研修(※3)での目標を、それぞれが書き出して、共有フォルダに投稿していました。

 同校では全教室に電子黒板を導入しています。教員のiPadの画面をそのまま電子黒板に映すことで板書の時間を節約できるほか、ホームルームや授業において、生徒の意見を一斉に電子黒板に表示して、容易に意見の共有ができるようになりました。

「さまざまな授業や学校活動のなかで、意見交換やレポート発表、プレゼンテーションの機会を意識して増やしています。そうした積み重ねによって、人前で発言するのが苦手な生徒も自分の意見を述べられるようになってきています。自ら進んで発言する積極性も育ち、授業がさらに活気づいた実感があります。
 教員もICTをどのように授業に活かせば効果的なのか、常に試行錯誤しています。いずれは動画アプリなどを導入し、生徒による動画制作なども行いたいですね」(伊東先生)

※3 ブリティッシュヒルズ語学研修…中2生を対象に、イギリスの街を再現した英語研修施設「ブリティッシュヒルズ」で行われる、2泊3日で体験する英語学習プログラム。

取材した日、ほかの教室ではディベートの授業を実施。グループごとに相談しながら、積極的に意見交換が行われていました。取材した日、ほかの教室ではディベートの授業を実施。グループごとに相談しながら、積極的に意見交換が行われていました。
まずは一人ひとりが熟考してiPadに目標を書き込み、その後、電子黒板にクラス全員の目標が表示されます。まずは一人ひとりが熟考してiPadに目標を書き込み、その後、電子黒板にクラス全員の目標が表示されます。
瞬時にクラス全員の意見を集約できるのもICT授業の大きなメリット。友達の意見を知って、自分の視野も広がります瞬時にクラス全員の意見を集約できるのもICT授業の大きなメリット。友達の意見を知って、自分の視野も広がります

(この記事は『私立中高進学通信2022年4月号』に掲載しました。)

国士舘中学校  

〒154-8553 東京都世田谷区若林4-32-1
TEL:03-5481-3114

進学通信掲載情報

【校長先生はこんな人!】柔道を通して得た努力の大切さとあきらめない心を、生徒の個性に目を配り見守る教育へと昇華
【その先に備える キャリア教育】発展 iPad導入で広がる可能性 学習環境がさらに充実
【中1の始め方】笑顔と喜びに満ちあふれた『校外オリエンテーション』
【生徒に聞く学校生活】生徒会主導の新たな企画で学校を盛り上げる!
【WEB版『Hello! School』】何事にも全力で挑む国士舘の青春!充実の6年間をきみの手で、いざ!
【コロナに負けない!私学のアクション】一律8万円を給付 どんな状況下にあっても学びの機会を担保する
【先達の意志】「誠意・勤労・見識・気魄」を重んじる伝統が息づく
【その先に備える キャリア教育】挑戦 さまざまな職業体験で社会への興味を広げる学外研修
【中1の始め方】6年間の学びを受け入れる器をつくる
【本音で語る保護者座談会】一人ひとりの生徒をよく見てくださる先生がたくさんいらっしゃいます
【私学の校外学習・学外交流】フェスティバルに参加・運営してインクルージョンの理念を学ぶ
【SCHOOL UPDATE】人工芝グラウンド&食堂 新しくなった施設とともに“真の心”と健康な身体を育む
【グローバル時代の学び方】ブリティッシュヒルズで国内にいながら“海外体験”
【私たち、僕たちが大好きな先生】礼儀を重んじる武道を6年間指導することで 社会に出た時に真価を発揮する人間を育てる
【熱中! 部活動】【吹奏楽部】音楽の楽しさを実感 仲間と作り上げる演奏会
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】食べることが、生きる基本!残さず食べて、強い肉体と感謝する心を育む
【こどもの自立を促す教育】「有意義な失敗」と「欲張りな文武両道」で人としての在り方を学ぶ
【The Voice 新校長インタビュー】失敗を恐れず行動することで社会に役立つ自分が見えてくる
【SCHOOL UPDATE】校外学習 首都・東京や日本文化に深く触れ人間力を高め、知識の幅を広げる
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】「文武両道」を支えるのは先生たちの熱意と愛情 「人としての心の在り方」を学ぶ学校生活
【Students' Chat Spot】「生きる力」を養いバランスのとれた人材の育成をめざす
【10年後のグローバル社会へのミッション】日本を、日本人であることを世界に向けて発信できる生徒を育てたい
【授業発見伝】武道 創立以来受け継がれる伝統校の理念を込めた『心の教育』
【Students' Chat Spot】伝統ある武道を中心に、学力だけに偏らない総合的な力を育成
【部活レポート】吹奏楽部/剣道部
【注目のPICK UP TOPIC!】先生、友人、保護者への感謝を込めて 一人ひとりが飛躍を誓う卒業式
進学通信 2022年4月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ