Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年特別号

生徒の主体的な活動にフォーカス

東京成徳大学中学校

「創造性」と「自律」を意識しながら
自発的に奮闘する生徒会

お話を伺った生徒会長のT・Оさん(右)と、副会長のR・Wさん(左)。2人とも6年生(高3)です。

お話を伺った生徒会長のT・Оさん(右)と、副会長のR・Wさん(左)。
2人とも6年生(高3)です。

自ら問題を発見し、その課題解決に向けて突き進んでいく同校の生徒会。誰かに指示されてから動くのではなく、自分たちから行動を起こすことで見えてくる世界があることを彼らは知っています。その原動力になっているのは、「創造性」と「自律」でした。

創造性と自律を意識
日々成長する生徒会

 同校の生徒会は、「中学生徒会」と「高校生徒会」の2つの組織に分かれていますが、近年の傾向として、その“垣根”は低くなってきていると話します。

「高校生徒会のスタッフ一人ひとりが、後輩を育てようという思いを抱いて活動していて、一緒に活動することが増えてきています。僕自身が実際に1年生(中1)の頃に感じたことでもあるのですが、イキイキと活動する先輩たちの背中を見て、『格好いいな』と憧れました。今は自分が一番上の学年となり、自分の経験したことを伝えていきたいと考えています」(T・Оさん)

「生徒会の先輩たちの活躍する姿に憧れて、自分も1年生から生徒会に入りました」(T・Оさん)「生徒会の先輩たちの活躍する姿に憧れて、自分も1年生から生徒会に入りました」(T・Оさん)

 中高6年間を通して、上級生と下級生が互いの存在をリスペクトしながら、心身ともに成長していく生徒会スタッフ。そんな生徒会には『創造性と自律』というテーマがあり、スタッフ一人ひとりの思いに浸透しているとT・Оさんは強調します。

「『創造性』という点では、自分たちがやりたいこと、自分たちに求められていることに対して、自分たちで何をするべきなのかを考え、それをどうやって実行するのかを意識して活動しています。特にコロナ禍では、前例がないなかで対応・行動することが求められ、より強く創造性を感じました。
『自律』という点については、先生方から指示があり動くのではなく、あくまでも自分たちで考え、議論し合うことを通じて、行動に移していくことを意識しています。社会をめぐる状況が目覚ましく変化し、個人の価値観が多様化した今日、自ら問題を発見し、課題を解決する力が重要になります。創造性と自律が備わってこそ、生徒からも先生方からも信頼される生徒会になることができると思っています」(T・Оさん)

自らドローンの免許を取り
後輩に技術指導するスタッフも

 同校は、まだ日本国内でも10校ほどしかないApple Distinguished Schoolの認定を受けた学校でもあります。これは、Apple社が、iPadを効果的に活用し教育効果の高さを認定するもので、同校が国際標準のICT先進校であることがうかがえます。入学時から1人1台のiPadを日常的に使いしている生徒たちにとって、ICTを抜きにした生徒会活動はあり得ません。

「例えば、Zoomによるミーティングは、コロナ禍以前から生徒会の会議でも使っていました。生徒会スタッフの生活リズムは、一人ひとり微妙に異なるため、帰宅してからの夕食後、部活がオフの休日など、都合に合わせてZoomによる会議を設定しています。
 また、スタッフの中には、自ら進んでドローンの免許を取得し、体育祭や文化祭での空中ビデオ撮影を担当した生徒もいます。そのスタッフもまた生徒会の後輩に、ドローンの操縦の仕方や撮影ノウハウなどをアドバイスしています」(R・Wさん)

体育祭の様子をドローンで撮影する生徒会スタッフ。こうした高度な撮影ノウハウや技術も後輩に伝えていきます。

体育祭の様子をドローンで撮影する生徒会スタッフ。
こうした高度な撮影ノウハウや技術も後輩に伝えていきます。

 このような行動はすべて他人事ではなく、スタッフ各自が自分事として生徒会活動と向き合っているからに他なりません。

「中学の生徒会と、高校の生徒会とで分かれて活動していますが、体育祭や文化祭のように、高校生徒会が主体となり、中学生徒会がそれに協力して行う行事もたくさんあります。そのような活動を経験する中で、中学生も高校生もそれぞれが自分の役割を意識し、最近では学校の広報活動を中高合同で活動する機会も増えています。学年を越えて仲が良いという雰囲気はこれからも大切にしたいと思っていますし、受験生にもアピールしていきたいです」(R・Wさん)

生徒会顧問の先生から
生徒会活動を見守り
生徒の成長をサポートします
生徒会顧問を務める安田一平先生生徒会顧問を務める安田一平先生

「生徒会と一言でいっても、『学校行事が盛り上がるように運営をメインで頑張りたい』『広報活動に力を入れたい』などのように、生徒会スタッフ一人ひとりの思いは異なります。また、『校内環境の改善に一役買いたい』という生徒もいます。そんな愛校心あふれる生徒会の生徒たちと日々接していて、私が大切にしていることは、生徒側と大人側のちょうど中間くらいのところを自分の立ち位置とし、生徒を見守ることです。生徒会活動を通して、一回りも二回りも人間としての幅が広がった生徒が大勢います。これからも丁度良い距離感を保ちながら、生徒一人ひとりの成長を見守っていきたいと思っています」(安田一平先生)

主体的ポイント①~学校行事編

 中高の生徒会が合同で企画・運営しているのが、『体育祭』と『文化祭』です。単独では、中学生徒会が『スポーツ大会』と『合唱祭』、高校生徒会が『球技大会』を主体的に運営しています。

「2020年と2021年度の体育祭は、コロナ禍で若干規模を縮小した校内開催に。校内での開催となると、どうしても観戦用スペースに限界があります。そこで、競技の様子をリアルタイムで動画配信したり、競技結果をSNSに投稿したりして、どの場所からでも観戦できるよう工夫しました。そして2022年度の体育祭は、例年通り外部グラウンドを借りて開催することができました」(T・Оさん)

体育祭の名物は団対抗による応援パフォーマンス。下級生と上級生が1つになって盛り上がります。体育祭の名物は団対抗による応援パフォーマンス。下級生と上級生が1つになって盛り上がります。
各競技・種目の様子は、生徒会スタッフがZoomでライブ配信しました。各競技・種目の様子は、生徒会スタッフがZoomでライブ配信しました。
2022年の体育祭は、感染症対策にしっかり取り組み、例年通り、そして無事故で実施することができました。2022年の体育祭は、感染症対策にしっかり取り組み、例年通り、そして無事故で実施することができました。

――文化祭の運営はどうでしょうか。

「例えば、コロナ禍で開催自体が危ぶまれた2021年度の文化祭は、各スタッフが知恵を絞り、ICTをフル活用したオンライン文化祭として実施しました。各学年・クラスで製作したドキュメンタリー番組や映画のパロディ作品などを学校のHPに掲載し、広報活動の一環として楽しめるよう工夫しました」(R・Wさん)

ユニークな出し物が次々と披露される同校の文化祭。オンライン文化祭でもその“熱”は冷めることはありません。ユニークな出し物が次々と披露される同校の文化祭。オンライン文化祭でもその“熱”は冷めることはありません。
中学生による英語のプレゼンテーション大会。予選を勝ち進んだ生徒の決勝戦は文化祭で公開されます。中学生による英語のプレゼンテーション大会。予選を勝ち進んだ生徒の決勝戦は文化祭で公開されます。

主体的ポイント②~環境改善編 その1
軽食を購入できる自動販売機の設置を実現!

「校内には学生食堂がありますが、混雑時や朝練の後、日曜日の部活の合間に“何か食べられるものを買えるようにしてほしい”との要望が出ていました。私は生徒会選挙の際、その声に応えることを公約に掲げ、当選しました。当選後、この公約を形にするために活動を始めました。軽食の自動販売機設置にあたって、業者さんと学校との契約的なことは先生にお願いしないといけません。私たちは、Google Formsを活用したアンケートを生徒に実施し、販売して欲しい品物などを調査しました。また、すでに導入している他校の事例も探りつつ、生徒の考えを要望書の形にしていきました。何度も先生方とその要望書についてキャッチボールをしながら進めていき、パンなどの軽食を購入できる自動販売機を校内に設置することが実現しました。コロナ禍で現金に直接触れずに済むことを配慮し、現金のほかICカードも使える自動販売機としました。公約をすぐに実行に移す生徒会でありたいと思っているので、有言実行できて良かったです!」(R・Wさん)

「生徒会でアクションを起こす際は、必ず生徒一人ひとりの声を聞くことを大切にしています」(R・Wさん)「生徒会でアクションを起こす際は、必ず生徒一人ひとりの声を聞くことを大切にしています」(R・Wさん)
生徒の要望を受けて導入された自動販売機生徒の要望を受けて導入された自動販売機
主体的ポイント③~環境改善編 その2
女子の制服にスラックスを導入!

「動きやすく、夏は日焼け対策に、冬は防寒対策にもなる、女子の制服でのスラックス導入は、かねてから女子生徒を中心に上がっていた要望でした。そこで生徒会では、Google Formsを活用したアンケートを全生徒に実施し、あがった集計結果をもとに生徒会内外で様々な話し合いを重ねました。その結果女子の制服にスラックスが導入されることが決まったのです。
 私は女子の制服にスラックス導入の活動をきっかけに、LGBTQに関わることに興味を持ちました。そのテーマを探究した研究が外部のコンテストで高く評価され、3位入賞しました」(R・Wさん)

「動きやすい」と好評の女子スラックスです「動きやすい」と好評の女子スラックスです
「学年を越えた交流も盛んな生徒会です」(R・Wさん)「学年を越えた交流も盛んな生徒会です」(R・Wさん)
東京成徳大学中学校  

〒114-8526 東京都北区豊島8-26-9
TEL:03-3911-7109

進学通信掲載情報

【私学だからできるオリジナル教育】教養を身につけ、予測不能な現代社会で自走する力を育む「自分を深める学習」
【生徒の主体的な活動にフォーカス】「創造性」と「自律」を意識しながら自発的に奮闘する生徒会
【未来を切り拓くグローバル教育】語学力と海外経験を基にグローバル人材を育成
【私学だからできるオリジナル教育】ICTを活用し、「未来を見据え、世界を知る、自分を拓く」
【生徒に聞く学校生活】ICTを活用した、新しいイベント運営に取り組む
【WEB版『Hello! School』】完全中高一貫校の強みを活かしグローバル人材の育成をめざす
【未来を切り拓くグローバル教育】中3の全員留学を通して自己を確立、主体性を育成
【実践報告 私学の授業】生徒の創造性を引き出す教育でApple社・ADS認定校に
【グローバル特集 留学】ニュージーランド学期留学に中3生全員が参加
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生に相談しやすい校風のおかげでつまずいた問題は学校ですべて解決
【私たち、僕たちが大好きな先生】音楽は心を開くツール 音楽科の授業がグローバル教育にも大いに役立つと思います
【未来を切り拓くグローバル教育】他の留学生とともに学ぶ全員参加の中3学期留学
【実践報告 私学の授業】ICT活用で広がる表現力思考力・創造力を育てる教育
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考し話し合う時間を重視しタブレットで授業を効率化
【SCHOOL UPDATE】ICT導入で変わる学び 生徒に1人1台支給タブレット学習で効率化を実現
【Students' Chat Spot】中学での留学制度が進路の決め手に!またニュージーランドへ行きたい。
【目標にLock On!! 私の成長Story】エネルギー問題に興味を持って進路決定 時間の有効活用を考え抜いて現役合格へ
【目標にLock On!! 私の成長Story】今につながる経験ができた中高時代 人生の岐路には先生や友達がいた
【授業見聞録】理科 授業時間の3分の1を占める実験で「自ら考えて検証する」力をつける
【グローバル時代の学び方】中3全員参加のターム留学 2020年に向けて始動
【私学の光輝】入学式 中学生としての誇りと自覚を胸に刻む
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】全員参加の海外学期留学 心を育てることを重視して真のグローバル人材を育てる
【Students' Chat Spot】桐蔭祭への意気込みと学校の魅力
【学校生活ハイライト】「みんなでがんばる喜び」を味わう体育祭
【自立と自律】海外や野外での体験を通してたくましい生徒を育てたい
【キャンパス歩き】「文武両道」を支える充実した施設で創造性と自律心を育む
【めざせ 次代のグローバルリーダー】世界に胸を張って飛び出せる たくましい生徒を信念をもって育てる
【授業発見伝】理科 失敗から学ぶ実験の意味 「なぜ」を深める振り返り
【全人教室│心を育む私学の授業】感じて、行動して、考える… 自分を深める学習で人間力を伸ばす!
ページトップ