進学通信

2021年6月

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

School Update
ICTや新施設など充実した学びの環境を整え
さらなる教育の質向上をはかる

2020年4月にグラウンドの全面人工芝生化が完了。天候に左右されないため、安全性とともに、より柔軟で活発な活動が可能に。
陸上競技用のトラックは、水はけの良い舗装を採用。クラブ活動や体育祭などで活用される。

公開日2021/7/31
「生徒が活発に発言しやすく、楽しく学べる授業を心がけています。実は私はICT機器に苦手意識がありましたが、使用するうちにとても効率的に授業を進められることに気付きました。もはや黒板にチョークで書くスタイルには戻れません(笑)」(国語科担当:井本和寿先生)

「生徒が活発に発言しやすく、楽しく学べる授業を心がけています。実は私はICT機器に苦手意識がありましたが、使用するうちにとても効率的に授業を進められることに気付きました。もはや黒板にチョークで書くスタイルには戻れません(笑)」(国語科担当:井本和寿先生)

 昨年のコロナ禍における臨時休校下で必須となったオンライン授業。急きょICT機器を導入する学校も多く見られました。そんななか、桃山学院では早くからICT環境を整え、2018年の新入生からは全員がタブレット端末を所持。授業中にインターネットで検索したり、自習でアプリを用いて英語のリスニングや多読をするなど、段階的にICTを組み込んだ取り組みを行ってきました。
「ICT環境が整っていただけでなく、すでにICTの基礎的な知識・スキルを教員や生徒が持っていたことで、オンライン授業もスムーズにスタートできました」(国語科担当・井本和寿先生)
 臨時休校中は、Google Classroomというアプリを用いて、授業動画を配信。授業動画作成において、教員は生徒の理解度を考慮して、話すスピードや声のトーン、電子黒板の使い方に気を配ったと言います。
「Google Meetというアプリでは、お互いの顔を見ながらの双方向授業が可能。保護者の方が在宅中の場合、わが子が授業を受けるようすをそばで見ることができます。新しいカタチの授業参観が実現したと言えるでしょう」
 オンライン授業に対する保護者の評価は良好で、「授業が遅れることがなく安心しました」「桃山学院に進学させてよかったです」という声が寄せられました。
 通常授業に戻ってからも、ICT機器をより積極的に活用するようになり、授業を補完するデータや資料を生徒のタブレットに配信したり、欠席した生徒に授業動画を配信するなど、よりきめ細かな教育指導が実現しました。
「今後は生徒が自主的に授業を振り返ることができるような動画を作りたいです。 またICT環境だけでなく、食堂やグラウンドも新しくなりました。コロナ禍に負けることなく、生徒には充実した学校生活を過ごさせてあげたいという思いでいっぱいです」
 教育や環境のバージョンアップ、教員の意識改革は、生徒の成長に直結します。桃山学院のさらなる躍進から目が離せません。

コロナ禍では各教員が工夫を凝らした授業動画を配信。動画は何度も見直すことができるので、理解度も高まると生徒にも好評。

通常授業においてもICT機器を積極的に活用。電子黒板の文字や画像は、生徒の手元にあるタブレットで同時に確認できるため、快適に授業を受けることが可能。視覚的な授業の効果は高く、生徒たちの理解力もアップ。

学校生活がさらにアップデートする
新施設が誕生!

2020年9月、『聖アンデレ礼拝堂』が完成。キリスト教に基づく人間教育を行う桃山学院の象徴であり、『クリスマス礼拝』や、卒業生が集う『成人祝福祭』の会場にもなっている。

2020年10月、新食堂がオープン。大学と共用の施設で、1階から3階が中高専用となっている。3階が食堂で、ランチメニューやお弁当も販売。自習ステージやクラブ活動で放課後も頑張る生徒のために、16時過ぎにも軽食類の販売を行っている。

interview★
オンライン授業も、対面授業も
楽しい雰囲気で学べます

昨年入学してすぐに休校、不安はありませんでしたか?

HIさん
入学当初からオンライン授業で、最初は上手くできるかな?と思いましたが、各教科の先生が個性的で、楽しい雰囲気で教えてくださるので、あっという間に不安が解消できました。自然と夢中になって学べました。

KSさん
オンライン授業でも親切に、ていねいに教えてくださるところが気に入っています。なかでも井本先生の授業は、声が大きく聞き取りやすかったです(笑)。

休校明け、実際に登校して感じたことはありますか?

HIさん
最初のうちはドキドキしましたが、休校中もオンライン授業の中でクラスメートたちと話す機会があったり、生徒同士が仲良くなれるきっかけを作ってくださっていたので、人見知りすることもなく、いつの間にか気の合う友だちがたくさんできました。

KSさん
オンラインでもそうですが、やはり先生たちがわかるまでとことん教えてくれるのが良いです。対面だと質問もどんどんできますし、高校の内容も先取りして教えてくれたりもするので、より理解しやすいです。

素敵な笑顔でインタビューに応じてくれた
中2のKSさん(左)とHIさん(右)

大学合格実績も大躍進!

教育内容・環境の充実に比例して、大学合格実績も年々躍進しています。生徒のために次々と新しい取り組みを実践する成果が出ているといえるでしょう。

2021年度大学合格実績(卒業生550名)
国公立大学 私立大学
京都大学 5 同志社大学 101
大阪大学 12 立命館大学 114
神戸大学 13 関西学院大学 103
北海道大学 2 関西大学 76
九州大学 2 早稲田大学 5
大阪市立大学 5 東京理科大学 6
国公立大学計 110 産近甲龍計 339

※既卒生含む

Copyright © Educational Network Inc. All rights reserved.