Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2022年特別号

熱中!部活動

東京成徳大学深谷中学校

自分を見つめ、仲間と支え合う
チームで好成績を収める
パワーリフティング部

パワーリフティング部の皆さん。仲の良さが伝わってきます。前列の右から2人目が顧問の福田雅貴先生。

パワーリフティング部の皆さん。仲の良さが伝わってきます。
前列の右から2人目が顧問の福田雅貴先生。

 東京成徳大学深谷のパワーリフティング部では、部員たちが一丸となって、日々自分自身と闘いながら、それぞれの目標達成をめざして鍛錬を重ねています。

力だけではなく頭も使う競技

「パワーリフティング」は、あまりなじみがない競技かもしれません。それもそのはず、全国でも15の高校にしかないという珍しい部活動なのです。競技会では、体重別の階級に分かれ、スクワット・ベンチプレス・デッドリフトという3種目それぞれでバーベルを持ち上げる試技を3回ずつ行い、各種目での最大重量の合計で順位を競います。

スクワット・ベンチプレス・デッドリフトの3種目で、重いものを持ち上げられるよう練習に励みます。

 競技名に「パワー」とあるように、力の強さが求められますが、それだけで好成績を収められるわけではないと、顧問の福田雅貴先生は強調します。

「競技は体重による階級別で行われますが、同じ重量を上げられるなら、体重の軽いほうが上位となります。そのため、体重を軽くしながら重いものを上げることが求められるわけです。力を得ようとやみくもに筋肉をつけると体重が増えてしまうので、栄養面など食生活も考えなければなりません。自分の体をどう管理するかが重要です。トレーニングの方法についてもいろいろと勉強する必要があります。力というより頭が重要な競技なのです」

 競技会では個人で競いますが、1人だけではなかなか記録は伸びません。持ち上げる重量を増やすときに、1人では重さに耐えきれない危険性もあり、仲間のサポートが必須です。また、フォームをほかの人に見てもらってアドバイスを受けることも、成長するためのポイントのひとつです。

お互いに支え合うことが大切な競技です。お互いに支え合うことが大切な競技です。

 個人競技ではあるものの、パワーリフティングとは、実はチームワークがとても重要な競技なのです。

 同校のパワーリフティング部は、県大会や全国大会で優秀な成績を収めてきました。コロナ禍で現在は世界大会への出場は自粛していますが、以前は世界大会に日本選手団のメンバーとして参加した選手も輩出しています。

■パワーリフティング部の最近の主な成績 第19回全日本選抜高等学校パワーリフティング選手権大会
男子
74kg級 優勝(文部科学大臣賞受賞) O・Rさん
53kg級 4位 W・Hさん
女子
47kg級 優勝 K・Mさん
第27回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会
男子
74kg級 優勝 O・Rさん
第82回埼玉県高校パワーリフティング選手権大会
男子
74kg級 優勝 O・Rさん
66kg級 6位 M・Kさん
59kg級 10位 W・Hさん
女子
63kg級 2位 U・Aさん
47kg級 優勝 I・Kさん
43kg級 優勝 K・Mさん
自己管理とチームワークの大切さを学ぶ

 重いバーベルを持ち上げる競技なので、ちょっとした気の緩みが大きな事故につながることもあります。練習中の雰囲気は和気あいあいとしていますが、要所要所で高い集中力と真剣さが伝わってきます。

 パワーリフティング部では中学生も交え、男女一緒に活動しています。中学生は競技会にはまだ出場できませんが、高校生になってから優秀な成績を収めることをめざして、基礎から先輩たちの指導を受けています。

「重いものを持ち上げるわけですから、当然つらさはありますが、そこで手を抜けば自分に跳ね返ってきます。そのため、自己管理をしっかりするようになります。自分をしっかり見つめ、その時々の長所・短所を考えていくことで、自分自身への理解につながります。一方で、仲間から客観的なアドバイスをもらうことで、チームワークも深まっていきます」(福田先生)

 日々の練習は、部員たちで話し合い、毎日のテーマを決めて進めています。自らの目標を定めて取り組むことで、自主性が育まれます。単に体を鍛えて重いものを持ち上げる競技ではなく、人としての成長にもつながる奥深い競技なのです。

部長にインタビュー
パワーリフティング部部長/I・Kさんパワーリフティング部部長/I・Kさん

 パワーリフティング部の部長を務めるI・Kさんに話を聞きました。

「高校生になって、体を動かすことにチャレンジしたいと思い、部活動体験で面白そうだったので入部しました。その頃、女子はいませんでしたが、何人かで一緒に入部し、次の代でも女子が入ってきてくれたので、今は男女半々くらいです。夜はプロテインを摂るなど、普段から体づくりに気をつけています。この競技は、姿勢や上げ方も重要で、そうした部分に頭を使うところが面白いです。先輩・後輩の関係もなごやかで、みんな仲良く、楽しんで活動しています。これからもケガのないよう、しっかり目を配っていきたいと思います」

ページトップ