Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット高校受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
立正祭委員のメンバーと顧問の三浦先生
立正大学付属立正高等学校

〒143-8557
東京都大田区西馬込1-5-1

TEL:03-6303-7683

学校情報 学校HP

まるでテーマパーク!
本格的なエンターテインメントと
アトラクションで大盛況の立正祭

 2023年9月30日・10月1日に開催された『立正祭』(文化祭)。当日を迎えるまでの取り組みや見どころ、感想について、立正祭委員長と顧問の先生に聞きました。

立正祭委員長に聞きました!

「永劫回帰」をテーマに
より良い立正祭をめざして奮闘

立正祭委員長の杉田琉嘉さん(高2) 立正祭委員長の杉田 琉嘉 るか さん(高2)
「初日に正門で来場者の見送りをしていた時に、『とても楽しかった!』『ありがとう!』と笑顔で声をかけてくれる人が多くいて、こんなにうれしいことはなかったです」

 2023年度の『立正祭』は、約4年ぶりの完全通常開催となりました。そこで“何度も回り回って何度でも良いものにできる”を意味する言葉の『永劫回帰』をテーマにしました。

 私は前年も委員を務めたうえで、2023年度は委員長として参加することになりました。委員長といっても上から人を動かしたり率いたりするのではなく、現場の一つひとつを把握して、サポートに徹することが自分の役割でした。

 立正祭委員は装飾・ポスター・宣伝など複数の局に分かれており、それぞれが独立して担当業務に当たっています。自分はその全体像を把握して、人が足りていないところに増員メンバーを配置したり、業務の進捗が遅れていないかをチェックしたり、各局のバランスを保てるように努めてきました。

 準備段階から各団体とも力を入れて活動していたので、展示や企画のどれをとっても素晴らしく、全て見てほしいという気持ちはありますが、なかでもアリーナで行うイベントは規模も大きく、とても見応えがあると思います。とくに『ゴリマッチョ!立正フィジーク大会』は、照明や演出の一つひとつにこだわることで、まるで正式の『ボディービル選手権大会』のようなクオリティとなっています。先生も出場して盛り上がる本校自慢のイベントの一つで、学校の雰囲気や先生と生徒の関係性を感じ取ってもらえる企画なので、「学校のことをもっと知りたい」とお考えの受験生には、ぜひ会場に足を運んでほしいです。

 また、立正祭は中高一貫生と高校から入学した高入生たちが一致団結し、絆をより強固にする機会にもなっています。ちなみに僕は中高一貫生ですが、立正祭委員は中高一貫生と高入生が一緒に活動していて、そこに壁は全くありません。高入生に対して「どんな生徒がいるのだろう」「新しい友達ができるかな」と興味津々で、行事や部活動を一緒に作り上げることを楽しみにしているんです。

 2023年度は4年ぶりの完全通常開催となり、大いに盛り上がりましたが、自分が中1の頃、コロナ禍以前に経験した立正祭はもっと素晴らしいものでした。それに比べると、自分たちはまだまだだと感じます。後輩たちが歴代の立正祭を越えるものを作り上げていってくれたらうれしいです。

顧問の先生に聞きました!

生徒たちの姿から
本校の魅力を肌で感じてほしい

20年間にわたり立正祭委員の顧問を務める三浦慎一郎先生 20年間にわたり立正祭委員の顧問を務める三浦慎一郎先生

 立正祭で最も着目してほしいのは、生徒たちの姿です。中学生も高校生も各クラスで企画や展示を工夫し、「来場者に喜んでいただくためにはどうしたらいいか」と奮闘してきました。

 開催に至るまで多くの苦労がありました。当初思い描いていたようにはいかず、何度もやり直したり試行錯誤を繰り返したり、壁にぶつかって落ち込んだりすることもありましたが、仲間と支え合って“いくつもの困難”を乗り越えながら絆を強め、ともに大きく成長していくことができたのだと思います。

 開催当日の生徒たちは本当にイキイキしていて、楽しそうです。それは立正祭に向けて真剣に取り組んできたプロセスがあってこそのものだと思います。そんな生徒たちの姿を通じて、本校の校風や魅力を来場者の皆さんに感じていただきたいですね。

 特に2023年度はクラス・学年といった“団体の出し物”が多くなっています。中学生が学年ごとに取り組む演劇は立正祭の名物で、今年も大変好評です。また、高校生はクラスでさまざまな企画に取り組んでおり、『ジェットコースター』『回転シーソー』『バイキング』などのアトラクションやゲームなど、バリエーション豊かな体験型のイベントが人気を博しています。

学校情報

共学
立正大学付属立正高等学校

〒143-8557
東京都大田区西馬込1-5-1

TEL:03-6303-7683

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

2023年9月30日・10月1日に開催された『立正祭』(文化祭)。当日を迎えるまでの取り組みや見どころ、感想について、立...

この記事を見る

京都大学や一橋大学、横浜市立大学など国公立大学にこの春、合わせて4名の合格者を出した立正大学付属立正高等学校。早稲田大学...

この記事を見る
まるでテーマパーク!本格的なエンターテインメントとアトラクションで大盛況の立正祭行事

2023年9月30日・10月1日に開催された『立正祭』(文化祭)。当日を迎えるまでの取り組みや見どころ、感想について、立...

この記事を見る
大学から先の将来を見据えたきめ細かな進路指導を展開進路・進学

京都大学や一橋大学、横浜市立大学など国公立大学にこの春、合わせて4名の合格者を出した立正大学付属立正高等学校。早稲田大学...

この記事を見る
ページトップ