Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット高校受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

自分の好きなことや
将来の夢に向かって輝ける校風

女子目線で芝工大附属の魅力を語ってくれた、左からHさん(高1)、Tさん(高1)、Nさん(高3)、Iさん(高3)
芝浦工業大学附属高等学校

〒135-8139
東京都江東区豊洲6-2-7

TEL:03-3520-8501

学校情報 学校HP

 2017年の共学化以降、女子生徒からの評判も年々高まっている芝浦工業大学附属高等学校(以下、芝工大附属)。女子生徒から見た芝工大附属の魅力を、高1と高3の女子4人に語り合ってもらいました。

『Arts and Tech』の授業を通して
ものづくり楽しさを実感

━━皆さんが芝工大附属を選んだ理由は?

Hさん(高1)中学の“職業調べ”がきっかけで「デザイン系の仕事に就きたい」と考えるようになり、理工系でデザインの知識も学べる芝工大附属に魅力を感じました。また、姉が芝浦工業大学に在学していることもあり、高校卒業後の進路をイメージしやすかったことも、この学校を選んだ理由の一つです。実際に足を運んでみて、多くの実験室がある恵まれた施設・設備や、都会的な雰囲気もとても気に入りました。自習室が20時まで使えて、集中できる個別のスペースがたくさんあるので自習もはかどります。また、『Arts and Tech』(※)の授業には特に興味をもちました。

※『Arts and Tech』…1年次から3年次まで週2時間ずつ学ぶ授業。芝浦工業大学の教授・大学生・大学院生のサポートを得ながら、ものづくりを実際に行うリアルな体験を経て、工学の楽しさを学ぶことができる。

Tさん(高1)私は幼い頃からものづくりが好きで、将来は“好き”を活かせる仕事に就きたいと考えてきました。小学校の職業調べをきっかけに建築士を夢見るようになり、建築士がめざせる大学に進学したいと考えました。そこで芝工大の建築学部建築学科への進学を見据えて、第一志望でこの学校への入学を決めました。また、学校見学の時に案内をしてくれた女子の先輩がとてもキラキラと輝いて見え、「私もこんなふうに学校生活を送りたい!」と思えたことも決め手になりました。

Iさん(高3)私は高校進学のタイミングで京都から東京へ引っ越しをすることになったのですが、東京の高校に関する知識は全くありませんでした。また、コロナ禍で直接足を運ぶこともできないなかで学校選びをする必要がありました。最終的に「理系に進みたい」という漠然としたイメージで芝工大附属を選びましたが、パソコンを使いこなせるようになったり、プログラミングに興味をもつようになったりして、本当に良かったと思っています。

 Nさんと高1からタイピングの速さを競い合っていたこともあり、パソコンのスキルはかなり上達しました。最初は機械の組み立てなど、ハードウェアに興味をもっていたのですが、情報や『Arts and Tech』の授業を通してものづくりを体験し、自分にはソフトウェアが向いているのではないかと思うようにもなりました。今はITパスポートの資格取得を一つの目標にしています。

Nさん(高3)私もTさんと同じく建築に興味があり、大学進学を見据えてこの学校に入学しました。皆さんが言うように、『Arts and Tech』の授業はとても有意義に感じています。高1はロボットを組み立てたり、プログラミングを実装したりして本当に楽しいので、TさんとHさんも楽しみにしていてくださいね。

 私はIさんとは逆に、パソコンを自作する授業をきっかけに「自分はハード系のものづくりに向いているのではないか」と考えるようになりました。高2からは本格的な知識も学ぶなど、まるで大学の講義を聴講しているような授業になります。芝浦工大の学生の方々と共同で行うプロジェクトも多く、希望する講座を受講できる『理系講座』もあるので、進路を考えるうえでも役立ちます。

文化祭やカナダでのホームステイが楽しみ!

これまでの学校生活で印象に残っていること、これから楽しみにしていることは?

I さん(高3)コロナ禍でイベントや取り組みは自粛・縮小されていましたが、高2になってからはそういった動きも緩和され、文化祭やカナダでのホームステイが実現しました。とても楽しかったです。

Nさん(高3)文化祭ではIさんと一緒にバンドを組んで昼夜祭でライブをやり、とても盛り上がりました。ホームステイもいい思い出です。

Tさん(高1)文化祭については現在クラスで話し合っているところで、とても楽しみです。カナダでのホームステイは英語があまり得意ではないので不安もありますが、ぜひ挑戦したいと思っています。

Hさん(高1)文化祭を通して、クラスメートとの絆が強まるといいなと思っています。ホームステイはとても楽しみですが、私も少し不安があります。

I さん(高3)文化祭の出し物は、高1がクラス企画で、高2からは有志になりますが、ぜひ有志で参加して高2の文化祭も楽しんでほしいと思います。ホームステイは、英語ができなくても身振り手振りでコミュニケーションができるから大丈夫! 食文化や生活習慣の違いを乗り越えるのは大変な部分もあると思います。私たちがステイした家庭では、基本的に毎食ホストファミリーの手作りだったのですが、パスタやパンが多く、おいしい“お米”が中心の日本食が恋しくなる時もありました(笑)。

Nさん(高3)ホームステイに向けていろいろと準備して臨みましたが、実行できなかったこともありました。うまくいかない部分もあると思いますが、成長につながる貴重な体験になることは間違いないですよ。

勉強や部活動についてはどうですか?

Hさん(高1)理系科目の進度が速く、定期テストがどのくらい難しいのかドキドキしています。

Tさん(高1)勉強と部活動の両立ができるかどうかも心配です。

Nさん(高3)芝浦工大への内部推薦では日頃の成績が重視されるので、授業を中心に日頃からコツコツと勉強に取り組んでおくことが大切です。定期テストについては先生によって傾向があるので、中学からの一貫生にアドバイスをもらうのもおススメですよ。部活動は縦のつながりができ、学校生活にメリハリもつくので、ぜひ取り組んでみてください。

I さん(高3)部活動にもよりますが、芝工大附属は勉強と両立しやすい部が多いと思います。私は吹奏楽部に所属しているのですが、部活動があるからこそ勉強に集中できる時間が作りやすく、部活動がないとだらけてしまうかもしれません。女子の人数が少ないので男子だけの部活動もありますが、女子が新しい同好会を発足するケースもあるんですよ。

自分のやりたいことに集中できる
自由でおおらかな雰囲気

TさんとHさんは入学してまだ日も浅いですが、これまでに気がついたことや感じたことはありますか?

Tさん(高1)入学前はパソコンの得意な生徒が多いイメージがあり、「ついていけるかな……」と少し不安もありました。私のようにパソコン初心者の生徒はほかにもいて、『情報』の授業では多少苦労もありますが、パソコンの得意な男子生徒が多く優しく教えてもらえます。そうやって得意な生徒と協力しながら学んでいけるところは素晴らしいと感じています。

Hさん(高1)私もTさんと同じです。機械系が好きな生徒が多くて女子が少ないという環境に「みんなと仲良くできるかな……」と少し心配しましたが、実際は男女仲良く協力し合える雰囲気があり、とても居心地がいいです。

I さん(高3)女子よりも男子の人数が多いからといって、男子の意見が目立ったり優遇されたりすることはありません。例えば球技大会で着るクラスTシャツの色は女子の意見が採用されるなど、レディーファーストの意識が浸透していると思います。この学校の女子は“大切にされている”と感じる場面が多いのではないでしょうか。

Nさん(高3)生徒会でも女子が積極的に立候補するなど、女子生徒が活躍しやすい校風は、この学校ならではかもしれません。また、自分の好きなことや将来の夢を強くもち、キラキラと輝いている生徒が多いようにも感じます。だからこそ芝工大附属は、自分のやりたいことに集中できる、自由でおおらかな雰囲気に満ちているのだと思います。

皆さん、ありがとうございました。これからも充実したスクールライフを送ってください。

話題は部活動や勉強をはじめ、カナダへの海外教育旅行で実施される約1週間のホームステイなど、先輩・後輩の間で大いに盛り上がりました。話題は部活動や勉強をはじめ、カナダへの海外教育旅行で実施される約1週間のホームステイなど、
先輩・後輩の間で大いに盛り上がりました。

学校情報

共学
芝浦工業大学附属高等学校

〒135-8139
東京都江東区豊洲6-2-7

TEL:03-3520-8501

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

2017年の共学化以降、女子生徒からの評判も年々高まっている芝浦工業大学附属高等学校(以下、芝工大附属)。女子生徒から見...

この記事を見る

理系科目が好きで、理系の大学進学を考えている生徒たちのためにカスタマイズされた同校の施設・設備は、“学びが楽しくなるワン...

この記事を見る
自分の好きなことや将来の夢に向かって輝ける校風インタビュー&メッセージ

2017年の共学化以降、女子生徒からの評判も年々高まっている芝浦工業大学附属高等学校(以下、芝工大附属)。女子生徒から見...

この記事を見る
理系マインドを刺激する充実のキャンパスをスクールサポーターが解説します!ハロースクール

理系科目が好きで、理系の大学進学を考えている生徒たちのためにカスタマイズされた同校の施設・設備は、“学びが楽しくなるワン...

この記事を見る
ページトップ