Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット高校受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

校訓『愛 知 和』の精神を基本に
さらなる “本物の進学校”をめざす
大宮開成流リベラルアーツの挑戦!

大宮開成高等学校

〒330-8567
埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-615

TEL:048-641-7161

学校情報 学校HP

 大宮開成高等学校の校訓は『愛 知 和』の3つの精神で構成されています。「愛」は「利他の精神」を、「知」は「豊かな知性と知識」を、「和」は「愛と知の調和・多様性」を表わしています。そんな同校は今春(2021年度)の大学入試において、過去最高となる進学実績をあげて注目されています。

苦しくても“目線を下げることなく”
自分を信じて東大へ、京大へ現役合格!

お話を伺った教頭の田口克弥先生。 お話を伺った教頭の田口克弥先生。

今春の合格実績の特徴と、進学指導の要因・成果についてお聞かせください。

 2021年度の大学入試は、大学入学共通テストの2年目ということで、出題内容の難化が予想されていました。事実、数学が非常に難しくなっており、判定もかなり厳しいものとなりました。ただそのようななかでも、東京大学に合格した生徒が2名、京都大学に合格した生徒が1名出ました。

 3名とも大学入学共通テストの段階ではD判定、あるいはE判定と厳しい現実を突きつけられましたが、だからといって彼ら自身ひるむことなく、我々もむしろ果敢に挑戦させていく、これまでの頑張りを信じて背中を押していくことを徹底し、二次試験対策にも力を入れていったのです。大事になるのは自分の今までの頑張りを信じて最後まで妥協しないという姿勢です。簡単に諦めさせないという教員側の粘りも重要です。要は生徒の「目線を下げさせない」ということなのです。

3名とも塾や予備校に通っていないと聞いています。

 全体的に見ても予備校に通っている生徒はほんの1〜2割で、それ以外の生徒は、いわゆる学校完結型の環境のなかで学んでいるのも本校の特徴の一つです。ちなみに早稲田大学と慶應義塾大学、両大学の合格実績も過去最高のものになりました。とくに慶應の文学部の場合、小論文があったり、辞書持ち込み可の英語の試験があったりと、他大学とは異なる方式に戸惑う生徒が多かったのは事実です。ですが、消極的になりがちな姿勢を正し、「一つ上の先輩たちはこうやって合格を勝ち取った」などのポジティブな話を披露しながら、「自分もこの先生についていけば合格できる」という感覚をもってもらえるよう努めました。

早慶の合計だけでなく、国公立大学の合格者数も過去最高だったようですね。

 そうですね。大学入学共通テストの時点で本当に数学の点数が低かった生徒もいたのですが、“諦めずに挑戦させた”という部分が大きかったと思っています。一人ひとりの現状を度数分布表などで分析したり、高3の9月以降は毎月二者面談をしたりと、かなりきめ細やかに進路指導をしてきた結果でもあります。

 一方、本校は埼玉県南部に位置する高校ということもあり、東京の私立、特にGMARCHを希望進路に入学してくる生徒も大勢います。本校は個を大切にすることも指導方針としていますので、のべの合格者数だけでなく、実際にGMARCHや国公立に合格した実人数の割合も学校目標として追求しています。

トップ校への現役合格にも目を見張るものがある大宮開成。部活動も盛んで全国大会で活躍する生徒も多くいます。トップ校への現役合格にも目を見張るものがある大宮開成。
部活動も盛んで全国大会で活躍する生徒も多くいます。

大宮開成流のアクティブラーニングは
その名も『愛知和ラーニング』

高校の3年間でどのような人物を育てていきたいとお考えですか?

 基本的に本校の指導スタイルは、「人間力の器をきちんと作り、その上に学力が宿る」という考え方にこだわっています。その核となるのが、校訓『愛知和』です。人間教育的な部分と学力的な部分の融合といいますか、知識一辺倒の頭でっかちでもいけないですし、逆に人間性に優れていても専門的な知識が不足するようでは困ります。そこで2019年度より、土曜日の新たな学校活動として始まったのが、大宮開成流のアクティブラーニング実践の場でもある『愛知和ラーニング』です。

具体的にはどのようなものですか?

 土曜日の総合的な探究の時間を活用したもので、90分×2コマです。高1・高2が対象の『PRO(プロ)講座』では、40種類以上の講座を用意しています。講座のジャンルは大きく分けると「探究系講座」と「学習系講座」があります。

 一方、大学受験を間近に控えた高3には、20種類程度の特別講座からなる『大学入試対策講座』があります。英・国・数・理・社それぞれが入試対策に完全対応しており、志望大学はもちろん、より上位の大学への現役合格を勝ち取ることを目標としています。

自己のもつ可能性を拡げるための探究系の学びと、学校完結型で高校3年間を送ることができる実践的な学びが揃っているというわけですね。

 そのとおりで、実は『愛知和ラーニング』を導入する以前は、その枠の中に予備校の講座を入れていたのです。確かにある程度までは進学実績は上がりましたが、それ以上の伸びが期待できないのではないかとの議論が校内で出ていたのです。だとしたら、土曜日は学力面ばかりでなく、もっと“人間の器”という部分の育成を大切にするべきではないかとの結論に至ったのです。もっとはっきり言えば、もう一皮むけた“本物の進学校”になるための新たな挑戦でもあります。

『愛知和ラーニング』に臨む生徒たちの様子はいかがですか?

 いざ始めてみると、非常にイキイキと調べ学習に取り組んだり、自ら進んで発表したり、仲間同士で活発に意見を交換し合ったりと、文字どおりアクティブな学びの時間になっています。やはり10代の子どもたちの可能性というものを、初めから低く見てはいけないと再認識しています。これからもそういった機会を私たちが積極的につくっていかなければと考えています。

『愛知和ラーニング』の新たな取り組みとして、具体的にどのようなものがありますか?

 たとえば、私たちは『CORE(コア)の時間』と呼んでいますが、みんなで学校行事をつくり上げながら、仲間同士の絆を強める時間を設けています。その一つが「プレ体育祭」です。

 体育祭は年に1回が一般的ですが、学年間の枠組みを取り払った貴重な異学年交流の場としてもっとじっくりと取り組むのも、人間力向上においてとても良い効果が発揮できると考えたからです。

 去る4月、さっそく高1と高2だけで半日のプレ体育祭を挙行しました。競技も種目も運営もすべて生徒主体で、一人ひとりが主体的にイキイキと活動し、さまざまなことを自分事として取り組む姿勢が素晴らしかったです。今度は高3だけのプレ体育祭もやる予定です。高1と高2、そして高3がそれぞれのプレ体育祭で培った気づきや体験を、6月の本番でもうワンランク上に昇華させた形で披露してほしいと思っています。

『愛知和ラーニング』の探究系講座には人気の「実験講座」も。自分が興味・関心のあるテーマに絞って主体的に学んでいくことができます。 『愛知和ラーニング』の探究系講座には人気の「実験講座」も。自分が興味・関心のあるテーマに絞って主体的に学んでいくことができます。
放課後には満室になるという自習室。塾や予備校に通うことなく、いわゆる「学校完結型」で志望校への現役合格をめざす環境が整っています。 放課後には満室になるという自習室。塾や予備校に通うことなく、いわゆる「学校完結型」で志望校への現役合格をめざす環境が整っています。

『愛知和ラーニング』と向き合うと
自ずと志望校のランクが高くなる

プレ体育祭、そして本番の体育祭にも取り組み、さらに最難関の大学にも果敢に挑む進学校はあまりないと思います。

 多分ないと思います。さらにもう1つ、コロナ禍でこの2年間開催できなかった『合唱コンクール』を、新たに『合唱祭』と命名して、もうワンランク上の行事へと進化させるプロジェクトも始まっています。実は、生徒の学ぶ意識が高い学校ほど、学校行事が盛り上がるというデータもあるのです。真面目に歌う生徒を揶揄するような負の環境もありません。発表の場は校内ではなく、外部の会場を借りて行う予定です。みんなで声を一つに合わせて歌い上げる感動のシーンがたくさん生まれることを期待しています。ちなみに、これを機に6月の『体育祭』、10月の『文化祭』、2月の『合唱祭』を合わせて、大宮開成の三大祭としていきます。

『愛知和ラーニング』を核に、高校生活のなかで学ぶ領域がどんどん広がっているイメージですね。

 そうです。『愛知和ラーニング』とは、一言でいうと大宮開成流のリベラルアーツ育成の試みです。『PRO(プロ)講座』も『CORE(コア)の時間』も、また『大学入試対策講座』も、それぞれが独立しているのではなく、すべてつながっているとお考えください。大学進学からその先の社会で必ず役に立つ生きる力を、『愛知和ラーニング』を通して学んでほしいと思っています。そうすると自ずと志望校のランクも高くなっていき、3年間の高校生活がさらに充実したものとなるでしょう。

最後に、高校受験に臨む中学生たちにメッセージをお願いします。

 学校の中では失敗することも大事です。失敗を次の成功へとつなげて、よりたくましく成長していってほしいです。大宮開成はそれができる学校です。「自分はこんな人間になりたい」「社会の中でこのように生きていきたい」と、今はまだ漠然とした想いでかまいません。いずれも簡単には答えの出せない問いですが、『愛知和ラーニング』の時間を通して、そのような問いに向き合い、成長し、それぞれが思い描く進路へと歩んでいってもらいたいと思っています。

大学ごとの過去問を集めた「赤本」も充実している図書館。現役合格を勝ち取った先輩たちの体験談を直接聞く機会もあります。
生徒一人ひとりの現状を把握するため、二者面談の機会をなるべく多く設けているのも大宮開成流。先生との距離の近さも自慢です。

■主な『PRO講座』紹介

探究系講座 教科発展型講座 天気予報の基礎、少年漫画の哲学的冒険、数字推理ゲームで学ぶ、東京大学英語探究
実験講座 血液を用いた実験、科学実験、基礎生物実験
教養講座 Rueda de Casino、西洋美術史、プレゼンスキルを磨こう
スポーツ講座 障がい者スポーツ(ボッチャ)、初めてのボクシング、触れてみよう!4つのベースボール型
学習系講座 授業型講座 批評理論入門、リスニング上達のための勉強法、大学入試問題を解く 確率編
検定講座 数学オリンピックを通じて考える楽しさを知ろう、英検2級対策講座、簿記 初歩の初歩講座

■主な『入試対策講座』

英語 数学 国語 理科 社会
英文読解能力向上、英文法対策講座、リスニング対策講座、正誤問題+基本英文100文暗記 総合力が問われる「極限」、入試問題で鍛える「図形と方程式」、図・式で考える「複素数平面」、数列×数列 現代文記述基礎講座、古文読解基礎講座、難関大 古文、漢文句形演習 医歯薬獣看護の生物、地方国公立・GMARCHの生物、化学 理論分野 頻出問題演習、波動〜入試問題の入り口〜 大学入学共通テスト対策演習(世界史)、世界史問題演習(難関私大)、中堅国公立・私大日本史論述、内閣から見る日本史

学校情報

共学
大宮開成高等学校

〒330-8567
埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-615

TEL:048-641-7161

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

東京大学、東京工業大学、一橋大学、北海道大学、東北大学、大阪大学、九州大学をはじめとする国公立大学に今春、130名が現役...

この記事を見る

大宮開成高等学校の校訓は『愛 知 和』の3つの精神で構成されています。「愛」は「利他の精神」を、「知」は「豊かな知性と知...

この記事を見る
東大をはじめとする国公立大学に今春、130名が現役合格!進路・進学

東京大学、東京工業大学、一橋大学、北海道大学、東北大学、大阪大学、九州大学をはじめとする国公立大学に今春、130名が現役...

この記事を見る
校訓『愛 知 和』の精神を基本にさらなる “本物の進学校”をめざす大宮開成流リベラルアーツの挑戦!インタビュー&メッセージ

大宮開成高等学校の校訓は『愛 知 和』の3つの精神で構成されています。「愛」は「利他の精神」を、「知」は「豊かな知性と知...

この記事を見る
ページトップ