Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

「リサーチメソッド」の学びから始まる
「探究」の授業

クエストカップ2022 全国大会チェンジメーカー賞受賞チーム
和洋国府台女子高等学校

〒272-8533
千葉県市川市国府台2-3-1

TEL:047-371-1120

学校情報 学校HP

 2020年度からスタートした「探究」の授業は、今年で3年目を迎えました。「探究」は様々な教科の先生が力を結集させて作り上げた、和洋国府台女子高等学校オリジナルの教科です。

 探究活動は、自分で課題を見つけて考察し、調べて、まとめて、プレゼンテーションをするための練習でもあります。
 そこで高1では「探究基礎Ⅰ」として、探究活動を行うためのメソッドや、グループで協働して課題解決をする方法などをまず学びます。最初に学ぶのは「チームビルディング」、つまりグループ活動を行うルールの勉強です。「相手の意見を否定しない」「人にどう思われるか? を恐れず自己表現をする」など、活発な意見を交換できる環境作りを学んだ上で、プレゼンテーションに必要な「言語技術」も習得します。また、データを収集し、分析するスキルも学びます。これらの中でも特に、重要になるのは「質問作り」のプログラムです。これは「探究」の授業を単なる「調べ学習」で終わらせず、自分なりの考察をして結論まで導き出す「探究学習」にするために、興味・関心をもったことに対して「なぜだろう?」という疑問を抱く訓練をする授業です。これら探究活動を行うためのスキルを、和洋国府台女子では「リサーチメソッド」と呼んでいます。

企業のミッションに取り組み
働く意義や経済活動を知る

 高1の1学期の終わり頃からは、企業へのインターンシップを教室で体験して働く意義や経済活動について学ぶ「コーポレートアクセス」に取り組みます。前半は企業の実務を体験し、後半では企業のミッションに取り組みます。中間発表で企業の方からコメントをいただき、アイデアや企画をブラッシュアップさせながらミッションを遂行します。

「企業からのミッションには難しい言葉もあるので、まずはそれを理解するところから始まります。聞いたことはあっても、どのような事業を展開しているのかわからない企業もあります。企業について調べるのは、社会の仕組みについて学ぶキャリア教育でもあります。大学の学部を選ぶときも、将来どんな企業に就職して、どのような社会貢献をしたいかを考えた上で選択できるはず。また、社会人に意見やアイデアを褒められたり厳しいアドバイスをいただいたりすることは、自分が得意なことや、やりたいことを発見する貴重な機会です」(新教育研究部 探究科主任/村上喜恵先生)

 探究活動は将来的にSDGsを軸にして、世界が抱える課題に目を向けることが目標です。その前段階として、まずは身近な人がもつ課題を解決するプログラムにも取り組みます。

「身近で困っている人を見つけて、その人を笑顔にするための探究学習『君が誰かを笑顔にする日』に取り組んだあるチームは、小さなお子さんのいる美術科の先生を笑顔にしようと探究しました。お子さんが笑顔ならばお母さんも笑顔になれるはず、そのために託児所を作ってあげようなど、忙しいお母さんを笑顔にするためのアイデアが盛りだくさんでした。
 高3では、進路とSDGsを結びつけた論文制作を行います。探究の経験を基に、思考力が問われる大学受験や総合型選抜にも挑戦してほしいと考えています」(村上先生)

日々、各教科の授業で学ぶことが
探究活動にも生きると実感した生徒たち

 これらのプログラムの他にも、生徒達は各教科の先生方が担当する「日本文化ゼミ」に参加します。昨年度の「日本文化ゼミ」は、合気道や琴、和算、着付けなどのゼミが開講されました。ほかにも個性的で多彩なゼミの企画が進行中です。

「探究に取り組むと、各教科で学んだ知識が必要になる場面が何度もあります。そのため生徒たちは日々の授業で学習したことを自分の糧にしようという意識に変わり、普段の授業を受ける姿勢も変わりました。さらに『もっとプレゼンテーションがうまくなりたい』『自分が興味をもった分野についてもっと知りたい』と、一人ひとりが明確な目標をもって、常にチャレンジしようとしています。
「探究」の学習は、調べて知識を増やすだけでなく、自分なりに挑戦するところまでが学習です。来年度は3学年がそろって「探究」に取り組みます。高1、高2での探究活動を踏まえた高3生は、『自分たちにできることを考えよう』という視線で次の探究に取り組めると思います」(村上先生)

 同校の探究活動を通して、生徒たちが大きく成長していく姿に注目です!

ポスター制作の様子 ポスター制作の様子
学内での発表会の様子 学内での発表会の様子
クエストカップ2022  全国大会受賞チームのポスター クエストカップ2022 全国大会受賞チームのポスター
クエストカップ2022  全国大会の様子 クエストカップ2022 全国大会の様子

※同校は、日本最大級の探究学習の祭典「クエストカップ2022 全国大会」に出場しました。同大会は全国294校の中高生が社会とダイナミックに連動し、正解のない問いに取り組んだ集大成を発表するものです。

学校情報

女子校
和洋国府台女子高等学校

〒272-8533
千葉県市川市国府台2-3-1

TEL:047-371-1120

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

2020年度からスタートした「探究」の授業は、今年で3年目を迎えました。「探究」は様々な教科の先生が力を結集させて作り上...

この記事を見る

「Enjoy Classics」と記された小さなホワイトボードを1人が手に持ち、3人の生徒とともに発表しています。「『E...

この記事を見る
「リサーチメソッド」の学びから始まる「探究」の授業授業・カリキュラム

2020年度からスタートした「探究」の授業は、今年で3年目を迎えました。「探究」は様々な教科の先生が力を結集させて作り上...

この記事を見る
創造力や思考力を広げる「和洋コース」の言語の学び授業・カリキュラム

「Enjoy Classics」と記された小さなホワイトボードを1人が手に持ち、3人の生徒とともに発表しています。「『E...

この記事を見る
ページトップ