Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

第一志望校の現役合格に向けて
『特進コース』も『進学コース』も
文武両道で効率良く学べる共栄学園

共栄学園高等学校

〒124-0003
東京都葛飾区お花茶屋2-6-1

TEL:03-3601-7136

学校情報 学校HP

 教育理念に「文武両道」を掲げる共栄学園高等学校。その基本は勉強とクラブ活動の両立です。しかも、気になる大学受験に関しては、「第一志望主義」「現役合格主義」「学校完結主義」を宣言。つまり、「勉強にもクラブ活動にも全力を傾けながら、塾や予備校に通うことなく、第一志望の大学への現役合格をめざす」高校なのです。

 共栄学園には、難関の国公立・私立大学への進学をめざす『特進コース』と、一人ひとりの実力を確実に伸ばす『進学コース』の2コースがあります。今回は、注目の2コースの概要について、同校の先生と在校生の目線から見ていきます。

文武両道の『特進コース』に在籍し
マーチングバンドに力を入れている

特進コース 特進選抜クラスで学んでいる早川綺美さん(高1)。看護師になる目標を立てて、国立大学への進学を希望しています。 特進コース 特進選抜クラスで学んでいる早川綺美さん(高1)。看護師になる目標を立てて、国立大学への進学を希望しています。

「私が在籍しているのは、特進コースの特進選抜クラスです。共栄学園を選んだ理由は、共学で、マーチングバンドに力を入れている吹奏楽部に入りたかったからです。それともう一つ、父の友人に共栄学園の卒業生がいて、勉強をするにもクラブ活動をするにも、素晴らしい環境が整っている高校と聞いたからです。自分自身でも共栄学園のHPを検索しながら、最終的には“この学校に入りたい”と決めました」(早川綺美さん・高1)

週37時間の授業で
確実に高校課程を修了する『特進コース』

早川さんの担任で、サッカー部の顧問でもある物理の三浦有太先生。「塾や予備校が不要になる学校完結型も本校の魅力です」と語ります。 早川さんの担任で、サッカー部の顧問でもある物理の三浦有太先生。「塾や予備校が不要になる学校完結型も本校の魅力です」と語ります。

 早川さんの担任でもある三浦有太先生に、『特進コース』と『進学コース』の概要について解説していただきます。まずは『特進コース』からです。

「『特進コース』のカリキュラムには、難関大学の現役合格に向けて確かな学力を身につけるための工夫が施されています。まず、3月下旬に5日間、4月上旬に5日間の「入学前講習」があります。大学受験に必須の英・国・数の3科目において、中学範囲の復習と高1範囲の基礎学習を行ってから入学するというイメージです。

 次に、『特進コース』だけに週4日、7時間目の授業があります。また、長期休暇中に『特別授業』を実施することにより、高2までに、中高一貫生の先取り学習の進度に追いつくところにも注目してください。本校の『特進コース』は、高3次に大学受験に関する演習問題だけをやるというものではなく、授業時間数を週37時間にすることにより、1回の授業の進み具合をそれほど速くせず、3年次を迎えた際には高校の学習範囲がほぼ終了できるカリキュラムになっています」(三浦先生)

 三浦先生のお話を、大きくうなずきながら聞いていた早川さんが話を続けます。

「7時間目の授業があるといっても、クラブ活動との両立が可能です。私もほぼ毎日、授業が終わってから19時くらいまで吹奏楽部で活動しています。帰宅するのは平均して20時頃で、夕食を食べたりお風呂に入ったりした後は、必ず机に向かうようにしています。勉強時間は2時間くらいでしょうか。土・日もほぼクラブ活動があるので、そのときは4〜5時間の自宅学習を自分に課すようにしています。テスト期間1週間前にはクラブ活動が一斉に休みになるので、そのときは6時間くらい勉強しています」(早川さん)

より文武両道を実践しやすい
教育課程を整えた『進学コース』

 続いて、『進学コース』です。

「『進学コース』の特徴を一言で言い表すとしたら、それは、自由度が高いということです。週33時間の授業を基本に、自宅のPCやスマートフォンで視聴できるスタディサプリの授業動画や、長期休暇中の特訓講習を、各自の目標とクラブ活動などの予定に合わせて選択することができます。『特進コース』に比べると、より文武両道を実践しやすい教育課程を編成していると言えます」(三浦先生)

 物理を教える三浦先生は、『特進コース』と『進学コース』双方で授業をもっています。

「大学進学を視野に入れながらの“学ぼう”という姿勢は、『特進コース』も『進学コース』も、それほど大きく変わりません。その日の授業でわからないことがあったら、すぐ質問に来る生徒も多いので、そんなときにもていねいに対応するようにしています。早川さんのように、なるべく早期に自学・自習の習慣が身についた生徒は、第一志望校に現役合格できる可能性が高くなることは確かです」(三浦先生)

充実した高校生活を送りながら
自分の希望進路に近づこう!

 間もなく高2になろうとしている早川さんには、すでに看護師になるという目標がありました。

「看護師が目標になったのは中学生の頃です。そのためにも今、理数科目を中心に力を入れて学んでいます。目標とする大学は国公立大学です。自分の学力を知る上でも、模試の受検は欠かせません。共栄学園にはだいたい月に1回程度、模試を受けることができる環境が整っているので、これからも文武両道を基本に、勉強とクラブ活動の両立に励んでいきます」(早川さん)

 生徒一人ひとりの夢の実現や目標達成に向けて、ていねいに寄り添う先生方がいることも、共栄学園の魅力です。

「進路選択に向けたポイントの一つが面談です。つい先日も高1には、高2から始まる文理選択に関する書類を提出してもらいましたが、それまでには担任との二者面談、また必要に応じて保護者も交えた三者面談もじっくりと行ってきました。また、文理選択の結果がミスマッチにならないよう、タイミングを見計らって『進路ガイダンス』なども定期的に開催しています。“勉強か? クラブ活動か?”で迷うのではなく、どちらも全力で取り組むことで味わうことができる充実した高校生活を送りながら、自分の希望進路に近づけるのが共栄学園なのです」(三浦先生)

 最寄り駅の京成『お花茶屋』駅から徒歩約3分。アクセスの良さも抜群の共栄学園です。

職員室に隣接した『Q&Aコーナー』で、勉強や悩み事も気軽に相談できます。職員室に隣接した『Q&Aコーナー』で、勉強や悩み事も気軽に相談できます。

学校情報

共学
共栄学園高等学校

〒124-0003
東京都葛飾区お花茶屋2-6-1

TEL:03-3601-7136

イベント申込
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

共栄学園には、難関の国公立・私立大学への進学をめざす『特進コース』と、一人ひとりの実力を確実に伸ばす『進学コース』の2コ...

この記事を見る

例えば、「勉強か」「クラブ活動か」というような狭い選択肢の中から高校生活を送るのではなく、「やりたい」ことを全力で応援す...

この記事を見る
第一志望校の現役合格に向けて『特進コース』も『進学コース』も文武両道で効率良く学べる共栄学園授業・カリキュラム

共栄学園には、難関の国公立・私立大学への進学をめざす『特進コース』と、一人ひとりの実力を確実に伸ばす『進学コース』の2コ...

この記事を見る
共栄学園は「文武両道」が当たり前!やりたいことをどんどんやって第一志望の大学へ行こう!進路・進学

例えば、「勉強か」「クラブ活動か」というような狭い選択肢の中から高校生活を送るのではなく、「やりたい」ことを全力で応援す...

この記事を見る
ページトップ