Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

日本大学付属校と男子校のメリットを活かして

進路指導室では進路に関する資料を閲覧できます。
日本大学豊山高等学校

〒112-0012
東京都文京区大塚5-40-10

TEL:03-3943-2161

学校情報 学校HP

 全国有数の規模と多方面に広がるネットワークを誇る日本大学付属校の1つである同校には、高校に『特進コース』『進学コース』『スポーツコース』の3コースがあり、それぞれが高いレベルの進学実績を誇っています。その陰には、日本大学付属校かつ男子校という特徴に即した進路への理念がうかがえます。生徒一人ひとりが将来をしっかり考えて進路を決める同校の進路指導について、田中正勝先生にお話を伺いました。

特進コースと進学コース

高校の進路について語る田中正勝先生。 高校の進路について語る田中正勝先生。

 一般的に、『特進コース』と『進学コース』とでは、前者がいわゆる難関大学をめざして受験に特化した授業や指導を行うコースだと受け止められがちです。しかし、同校ではそうした意識での指導ではないと言います。

「そもそも進路を考える際には、『○○大学に行く』ということではなく、将来を見据えてどの学部に進むかを選ぶべきです。そして、そのためにはどの教科・科目の学びを重視するかということが決まってきます。例えば医学部に進みたいのであれば、生物・化学などを複数学んでおく必要があります。その場合は高2、高3で理科の2科目を選択できる『特進コース』に進むのが妥当です。
 一方で、1つの科目に絞って深く学びたいのであれが、1科目を週に7時間まで選択できる『進学コース』を選ぶほうが適しています。このように、『特進コース』と『進学コース』とでは、選択できる教科・科目が異なるだけで、授業自体は変わりません。もちろん特進コースのほうが上だといったことは、まったくありません」(田中先生)

 2021年度の進学先を見ると、『特進コース』からは日本大学のほか、東京学芸大学、早稲田大学、上智大学、東京理科大学などへ、『進学コース』からは、日本大学以外に北海道大学、筑波大学、上智大学、東京理科大学などがあがっています。それぞれのコースは入学時に選択しますが、高1から高2に進級するタイミングで、互いのコースに変わることもできます(成績による)。

日本大学各学部への進学状況(2021年度)

日本大学各学部への進学状況(2021年度)

部活動と勉強の両立をめざす

 高校の3年間での進路指導の流れを追ってみましょう。

 高1段階では、高2以降の文系か理系かの選択を見据えながら、視野を広くもって、自分が将来どういう道に進みたいかを考え、どういう職業に適性があるのかを知り、そのためにはどの学部を選択すればよいかを考えるためのガイダンスや、適性検査が行われます。11月に文系・理系の希望を決め、高2以降の学習に備えます。

 高2以降は文系・理系にクラス分けされ、それぞれに即した授業が行われます。そして、自分の進みたい学部・学科を固めていきます。多くの学部・学科を擁する日本大学にその学部・学科があれば、推薦入学をめざすという選択ができます。他大学をめざすならば、その学部・学科の学びを見据えた授業を選択します。

「本校の生徒の多くは、部活動も重視しています。運動系も文化系もレベルが高く、多くの生徒が打ち込めるものを持っています。例えば部活動に打ち込みたいから、あえて授業が早く終わる『進学コース』を選ぶという例もあります。生徒に勉強だけしていなさいという気はありません。運動系でも文化系の活動でもそれをしっかりやって、勉強にも励むようになってほしいと思っています。ちなみに、本校のスポーツコースの生徒も進学実績はほぼ100%です。大学へのスポーツ推薦枠は社会的に非常に少なく、ほとんどは学力で進学しています」

日本大学付属校のメリット

 同校には、日本大学の付属校ならではメのリットが数多くあります。日本大学の付属校は全国に26校(中等教育学校を含む)あり、1学年に約1万人の生徒がいます。全生徒は、高2の4 月と高3の4月・9月の計3回、基礎学力到達度テストを受け、その結果に応じて日本大学への付属特別選抜(推薦)に出願できます。

 日本大学には、理系、文系、芸術系などあらゆる学問領域をもつ16学部87学科、大学院19研究科、短期大学部4学科、通信教育部などがあり、幅広い選択に対応しています。日本大学への進学をめざす生徒は、3回に分けて受験していることになります。基礎学力到達度テストの成績によって、学部によっては日本大学への推薦権を保持したまま国公立大学への受験ができる方式を採用しています。受験生にとっては、安心感を持ったままさらに高い目標にチャレンジできる制度です。

 日本大学の各学部・学科での学びについての情報も多く得ることができます。例えば、理工学部建築学科、生産工学部建築工学科、工学部建築学科がどう違うのかは、外からはなかなかわかりづらいものですが、付属校であれば細かい情報が入ってくるので、進路選択の参考にできます。

 また、高大連携教育として、高校在学中に大学の講義を受けられます。大学生とともに学ぶことで、将来の自分の姿を描くことができ、本来大学で履修する必修科目を履修し、入学後の単位に充当することもできます。さらに、各分野に人材を輩出する日本大学によるつながりは、社会に出てからも活かすことができます。

男子校のメリットを活かす

 日本大学の付属校で唯一の男子校であることは、同校の特色のひとつでもあります。

「男子と女子では発達段階に差があるので、男子に合わせた学習指導ができるのはメリットのひとつだと考えられます。学習面において、女子はコツコツ積み重ねていくことが多く、男子はあるきっかけで勉強へのスイッチが入って急に伸びるという例が多いように思います。例えば海外で英語が通じないという経験をしたことで、英語をがんばろうという気持ちが芽生えるといったことです。進路がブレることもあります。学校は、そのブレに対応できる体制をとっています。
 もちろん、英語のオリジナルプリント作成や、卒業生によるチューター支援プログラムなど、当たり前のことを当たり前にやっていますが、それはどの学校も同じでしょう。本校では、男子校ならではのメリットを活かすようにしています。特進と進学の各コースも、必要以上に受験を意識させようというものではなく、進路の選択がしやすくなるものと考えています」(田中先生)

 こうした体制のおかげで、同校の生徒は好きなことに打ち込みながら、適切な進路を選ぶことができるのです。

蔵書が豊富な図書室は、学習するための良い環境をつくり出しています。
スポーツでも実績のある同校は、各種施設も充実しています。

学校情報

男子校
日本大学豊山高等学校

〒112-0012
東京都文京区大塚5-40-10

TEL:03-3943-2161

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

全国有数の規模と多方面に広がるネットワークを誇る日本大学付属校の1つである同校には、高校に『特進コース』『進学コース』『...

この記事を見る

日本大学の付属校である強みを活かした進路指導や高大連携授業の充実。そして、異性の目を気にせず、のびのびと個性を伸ばせる男...

この記事を見る
日本大学付属校と男子校のメリットを活かして進路・進学

全国有数の規模と多方面に広がるネットワークを誇る日本大学付属校の1つである同校には、高校に『特進コース』『進学コース』『...

この記事を見る
自分の好きなこと、得意なことに自信を持って打ち込める学校インタビュー&メッセージ

日本大学の付属校である強みを活かした進路指導や高大連携授業の充実。そして、異性の目を気にせず、のびのびと個性を伸ばせる男...

この記事を見る
ページトップ