進学なび

2021年9月

目標にLock On!! 私の成長STORY
先生のサポートのもと“学ぶ楽しさ”を知ることで
「学力」と「学び続ける力」が身につきました

藤田 葵子(あいこ)さん
京都大学医学部・人間健康科学科1年生

公開日2021/10/31
基礎をしっかり定着させることで
自信を持って上にチャレンジ

中学校から開明に通っていたそうですが、入学した理由を教えてください。

 大きく分けて3つあります。自宅から電車一本で通えること。子どもの頃から習っている水泳を続けたかったので水泳部があること。それから私は男女の双子なのですが、一緒に通える共学校がよいこと。こうした条件が揃った学校として、親がすすめてくれたのが開明でした。進学校だと知ったのは、入学からしばらく経ってから。おかげで中高6年間でしっかり勉強できましたし、部活動や行事でも楽しい思い出や良い経験がたくさんできました。

中高を通じて『スーパー理数コース』で学んだそうですが、もともと理数科目が好きだったのですか?

 小学校時代は算数が得意で、開明に入学後は、数学が好きな気持ちが大きくなっていきました。基礎の定着に力を入れている指導のおかげだと思います。学んだ知識を組み合わせることで、まずは初級の問題が解ける。それを応用することで中級、上級の問題が解けるようになっていくので自信がつきます。まるでパズルを解くような感覚で取り組めるんです。それに毎回、授業の終わりに宿題が出されて、次の授業で理解度をチェックすることと、学習内容の節目に行う小テストで、学び漏れを防ぎ、学力を伸ばすことができました。
 学年や学科を問わず、どの先生も熱心に指導してくださったことにも感謝しています。放課後や休憩時間には、授業の範囲だけでなく、個人的に使用していた参考書や問題集についての質問にも親身になって解説してくださいました。

学校行事が多いことも開明の特徴ですよね。

 入学直後の『オリエンテーション合宿』に始まり、『校外学習』『スキー実習』『弁論大会』『文化祭』『体育大会』『音楽発表会』『夜間歩行』など、いろいろな行事があります。どれも楽しかったのですが、特に印象に残ってるのは『林間学校』(中1)です。登山や池めぐりなど、豊かな自然を体感しながら、集団行動におけるルールなどを学びました。高校では修学旅行(高2)が思い出に残っています。北海道でのファームステイで農作業のお手伝いなどをさせてもらい、現地の人々との交流や暮らしを体験できたことは貴重な経験でした。

勉強と部活動を両立!手厚いサポートに感謝

現在は、京都大学の1年生ですよね。京都大学に進学を決めた理由を教えてください。

 京都大学のオープンキャンパスへ参加し、広いキャンパスや、そこで過ごす学生など、学内のあちこちに自由でアカデミックな雰囲気が漂っていて、「ここなら自分らしく過ごせそう。ここで学びたい」と感じたからです。開明の先生にアドバイスされた通り、高1のときにオープンキャンパスへ参加したのですが、早めに目標が定まったおかげで、しっかり受験対策ができました。

大学受験に向けて、どのように勉強したのですか?

 開明では1日の授業が終わった後、自由参加の放課後学習会があり、教室で宿題や自習ができます。仲間と一緒に頑張れるので、モチベーションを高く保ちながら取り組めます。私は水泳部に所属していたのですが、活動は週3回までと定められていて、「今日は部活動を頑張る日」「勉強を頑張る日」と、生活にメリハリを持つことができたのもよかったです。放課後学習会には部活動が終わった後でも間に合うので、ほぼ毎日参加していました。高3になると土曜日も授業があり、日曜日も教室の利用が可能。先生も交替で出勤されているので、わからないところや不安な点を納得できるまで指導していただきました。
 受験が近づいてくると、大学別対策講座がスタートします。京都大学を受験する生徒に向けたカリキュラムも実施され、過去問題を解いたり、模擬試験を受けたりするうちに、一歩ずつ合格へと近づいた手応えがあります。合格を先生に伝えたときは、自分のことのように喜んでくださいました。双子のきょうだいも、神戸大学の海洋政策科学部に合格しました。

計画を立てて
着実に実行する力が身に付いた

大学では何を学んでいるのですか?

 私は医療従事者を目指しているので、医学部人間健康科学科を選びました。この学科には3つのコースがあり、今後は、看護師を目指す『先端看護科学コース』と、リハビリのプロを目標とする『先端リハビリテーション科学コース』のどちらかに進みたいと考えています。現在は一般教養を幅広く学んでいます。
 私自身は看護師か作業療法士を目指しているのですが、いずれにせよ医療の現場では医師や薬剤師、理学療法士とのチームプレーが重要となります。私は中高時代、水泳部で部長を経験しており、チームワークの大切さを人一倍理解し、またメンバーをまとめることの難しさも十分理解しているつもりです。ですから、新人として現場にデビューしたときも、将来的にまとめる立場になった際にも、これらの貴重な経験を活かせたらと思います。

卒業してあらためて、「開明で良かったな」と思うところは?

 個人の頑張りをきちんと評価してもらえるので、学ぶ楽しさを実感できたところです。
 自ら計画を立てて必ず実行する習慣が身についたことも、開明だからこそ習得できたスキル。ふだんの学校生活において課題が多く、長期休暇中の宿題もたくさん出るなど、決してのんびり過ごすことはできません(笑)。でも、だからこそ提出までの日数や時間を逆算して、スケジュールを管理できるようになり、目標を達成できるようになったのです。入学と同時に配布されるダイアリーも大いに役立ちました。目標や進捗度などを書き込むのですが、週に一度の割合で先生がチェックし、コメントを書き込んでくださるので、とても励みになりました。今後、医療従事者としてレベルアップを図るには、仕事をしながらも継続的な勉強が必須ですが、自主的に学んでいけると考えています。
 大学卒業後はどんな道に進むとしても、開明で身に付けた多くのスキルを活かして、人の役に立つことができればと思います。

進学なび 記事検索

記事カテゴリ
地域
学校区分
学校名
検索

Copyright © Educational Network Inc. All rights reserved.