Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2023年11月号

Students' Chat Spot

獨協中学校

先輩も後輩も、みんな仲が良いのが自慢!

男子中高一貫校として、女子とは異なる男子の成長曲線を考慮した教育プログラムを展開する同校。生徒会や部活動などに励み、学校生活を楽しんでいる中3生に、学校生活について聞いてみました。

長尾修杜さん(中3/生徒会副会長)
長尾修杜さん
(中3/生徒会副会長)

「この学校には、ユーモアにあふれた面白い先生がたくさんいます!どの授業もすごく楽しいんです」

時﨑悠さん(中3/体育祭実行委員長)
時﨑悠さん
(中3/体育祭実行委員長)

「硬式テニス部と英語ディベート部の活動が、一番楽しい時間です。どちらも大会で良い結果を出せるよう、日々練習しています」

齋藤悠太さん(中3/生徒会庶務長)
齋藤悠太さん
(中3/生徒会庶務長)

「通訳者になるという夢のため、来年はアメリカ留学を予定しています。そのために、英語を頑張っています」

入学して気づいた
この学校の魅力は?

長尾さん
4階の廊下から出られるテラスで、緑のネットワーク委員会が植物を育てています。箱ビオトープなどもあって季節を感じられますし、4階であっても緑豊かなところが気に入っています。それから、男子校なので気取ることなく、男同士で仲良くワイワイ過ごせるところが楽しいです。

齋藤さん
いじめや仲間外れという行為が全くないことです。そもそも男子校自体いじめが起きにくいと思います。同じ性別なので自分のことを誇張して話す必要もないですし、気楽に付き合えるので、いじめが起こらないんじゃないかなと思います。

時﨑さん
この学校は学年を超えて仲が良いことも特徴です。僕は今、硬式テニス部と英語ディベート部に入っていますが、どちらの部でも先輩や後輩に接する機会が多くて、すごく仲が深まりました。

印象に残っている
授業や学校行事は?

長尾さん
中間テストや期末テストを終えると、「学年企画」という学年ごとの校外学習があり、リフレッシュできます。最近では東京の神社仏閣を観光しました。これは、中3秋の京都・奈良への修学旅行の準備も兼ねていたのですが、テストが終わった解放感もあり、とても楽しく過ごせました。

齋藤さん
僕は、ドッジボール大会が印象に残っています。クラス対抗だったため、それまでまとまりのなかったクラスが、ドッジボールというスポーツを通して一致団結できました。そうした際に見せる団結力は、男子校の強みだと思います。

時﨑さん
僕は、語学の勉強に力を入れたいと思ってこの学校を受験したので、英語の授業は全てとても役立っていると感じます。オンライン英会話の授業では、実際に海外の方と英語で話す機会を得て、英語のスキルアップにつながりました。どの先生方もとても手厚く指導してくださるので、全ての授業を楽しく受けています。

長尾さんと齋藤さんは生徒会役員を務めていますが、
今年度はどんな活動をしますか?
「男子だからこその会話や行動も多くて楽しい!」「男子だからこその会話や行動も多くて楽しい!」

長尾さん
今年は、購買でのIC利用化を進めていこうと考えています。今は現金だけでなく、ICカードを使う人も増えていると思うので、購買でも使えるようにお願いしていきます。

齋藤さん
獨協は、生徒からの要望を取り入れてくれる学校なので、僕たちが積極的に提案していければと思っています。実際に昨年度、先輩たちが自動販売機のICカード利用を実現してくれました。それから、トイレをきれいにする運動も、昨年の生徒会長が行っていました。僕たちの代の生徒会は、まだ発足して日が浅いので具体的な成果は出せていませんが、一つずつ行っていきたいと思います。

生徒会に入ろうと思った理由を
教えてください
「先生との距離も近く何でも話せる関係です」「先生との距離も近く何でも話せる関係です」

長尾さん
僕はアニメが大好きなのですが、アニメの中では生徒会が舞台の作品も多いんですよ。そうしたアニメを見ていて、自分たちで学校を作っていくのはすごく楽しそうに思えて、中1の頃から生徒会に入りたいと考えていました。生徒会長はバッジをつけられるのですが、そのバッジがかっこいいのも理由の1つです。

齋藤さん
僕は今まで生徒会などに縁はなかったのですが、自分を変えたいと思って入りました。

今年度の体育祭実行委員長を務めた時﨑さん
の体育祭の思い出は?

時﨑さん
体育祭実行委員長は、当日までにさまざまな準備があり、実際に大変なこともたくさんありましたが、実行委員のみんなと協力してやり遂げたことはとてもいい経験になったと思います。今年から体育祭が縦割りのクラス対抗になったので、1年生や2年生の後輩たちとも関わることができ、学年に関係なく熱い思いを共有できたので良かったです。

獨協の体育祭の特徴は?

時﨑さん
男子校なので、騎馬戦はとても迫力のある、熱い戦いが繰り広げられます。単に熱いだけではなく、各クラスの団長がユーモアにあふれた挨拶をするなど、笑いもたくさんあります。締めるところは締めて、ユーモアもある。そんなメリハリの利いたところが獨協らしさだと思います。

受験生におすすめしたい
この学校の自慢は?
「体育祭は、迫力満点!盛り上がります」「体育祭は、迫力満点!盛り上がります」

長尾さん
都心部にある学校ですが、植物を育てていて、自然も豊かです。それから、「社会の優等生」になることを目標に掲げる学校でもあります。学校の周りの小学校や障がい者施設の方たちとの関わりも深く、さまざまな社会のことを学べると思います。

齋藤さん
ホームレスの方に炊き出しを行う企画など、社会貢献に向けた活動も行っています。勉強だけでなく、社会との関わり方も学べる学校だと思います。

時﨑さん
ユーモアにあふれた楽しい人たちばかりなので、どの学年の人ともすぐ友達になれます。学校行事などを通して仲もより深まりますし、毎日を楽しく過ごせるのがこの学校の良いところだと思います。

進学通信 2023年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ