Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2021年7月号

注目! News and Topics

東京家政学院中学校

地域で働く大人の“想い”を表現
「ポスタビ」が育む自立心と自尊心

「ポスタビ」で作ったポスターが2020年度の優秀賞を獲得したチーム「Fine」のリーダー・K.A.さん(右)とメンバーのA.S.さん。完成した時には「達成感いっぱいでした!」と口をそろえます。

「ポスタビ」で作ったポスターが2020年度の優秀賞を獲得したチーム「Fine」のリーダー・K.A.さん(右)とメンバーのA.S.さん。
完成した時には「達成感いっぱいでした!」と口をそろえます。

地域の商店に取材し
多くの学びを得る
犬と猫の専門医を訪れたときの取材風景。想定外の事態が起こっても、生徒たちだけで対処しました。犬と猫の専門医を訪れたときの取材風景。想定外の事態が起こっても、生徒たちだけで対処しました。

 創立者である家政学の権威・大江スミ先生によって1923年に開設された「家政研究所」から数えて100年近い歴史を誇る同校。大江先生の提唱した物事を深く知り、考え、判断する「知識(Knowledge)」、その知識を実社会で活用する「技術(Art)」、他者を思いやる「徳性(Virtue)」の「KVA精神」を建学の精神として受け継ぐ同校では、2014年から「ポスタビ」というプログラムを取り入れています。

「本校では中1から高2まで、SDGsを探究テーマとして活動しています。とはいっても特に中学生には、『世界規模の問題』として考えるよりも、まずは自分の足元から地域を通してSDGsを考えるようにしています。中学生は身近なところからSDGsにアクションを起こし、高校になるとそれを世界規模の課題として探究します。
 その一環であり、キャリア教育として取り組んでいるのが、『ポスタビ』です。もともとは中2で始めたプログラムなのですが、2019年からは中1も参加してチームを組むようにしました」

 そう語るのは、同校で社会科を担当する川邊健司先生です。

取材で感じた獣医師の情熱を表現するためにアイデアを出し合って完成させたチーム「Fine」のポスター。取材で感じた獣医師の情熱を表現するためにアイデアを出し合って完成させたチーム「Fine」のポスター。

 ポスタビは学校周辺の商店などを取材し、地域で働く大人の “想い”を伝えるプログラム。自分たちで撮影した写真にキャッチコピーをつけてポスターを作成します。取材のアポイントも生徒たち自身が行います。

 2020年度の学習発表会で「ポスタビ」部門の優秀賞を獲得したチーム「Fine」のリーダーのK・Aさん(中3)とメンバーのA・Sさん(中2)が、そのときの様子を教えてくれました。

「最初に先生からチームのメンバーと取材先が発表されて、その後チームが集まってどんな質問をするかを話し合いました。人前で話すのが得意でない人もいたので、そういう人にも意見を言ってもらうのが最初はちょっと大変でした」(K・Aさん)

「たくさんの案が出たのですが、どの質問をしたらいいかうまくまとまらないまま制限時間が迫ってきて、かなり焦りました」(A・Sさん)

 そうした準備を経て向かった取材では、想定外の出来事にも見舞われたといいます。

「用意した質問が予定より早く終わってしまい、インタビュー担当の人がどうしていいかわからずに固まってしまう場面もありました」(K・Aさん)

「そのようなときリーダーや上級生がフォローしてくれたので、何とか無事に取材を終えることができました」(A・Sさん)

 そう語る2人も、取材では多くのことを学んだといいます。

「大人はすごい!と思いました。私たちが取材したのは獣医さんだったのですが、動物が好きで勤めていた会社を辞めて大学に入り直したというお話を聞いて、その熱意に感動しました」(K・Aさん)

「事前に想定していたのとは違う内容だったのですが、諦めない心がインタビューを通してすごく伝わってきて、自分も夢に向かって頑張ろうと思いました」(A・Sさん)

生徒の表情の輝きが変わる
成長促進プログラム
「ポスタビ」を担当する社会科/川邊健司先生「ポスタビ」を担当する社会科/川邊健司先生
「『ポスタビ』では、中2は中1の時の経験があることで自信をもって後輩にアドバイスできます。『自分は先輩なんだ』という思いで一生懸命背伸びをすることが、大きな成長につながっていると思います」

 取材を終えて帰ってきた生徒の表情は、取材前と輝きが違うと川邊先生は言います。

「中学生は家族や教員を通してしか大人を知らない場合がほとんどですから、全く知らない大人に取材をするというのは、とても大きなハードルです。その分、取材後の達成感は大きいようで、生徒たちがグンとしっかりしたように感じますし、学習発表会でのプレゼンは実に堂々としています。3学期にポスタビに取り組む間に、2年生は上級生としての自立心が育ちますし、1年生は先輩と一緒に活動する経験を通して成長を感じさせる機会がすごく多くなりますね」

 ポスタビで完成したポスターは、生徒たち自身が取材先へ持っていって披露します。そのポスターを店頭に飾ってくれるお店も少なくないといいます。

「ポスタビでは、緊張やプレッシャーを乗り越える達成感はもちろんですが、ポスターを取材先に持って行った時に大人から感謝されるという経験も重要なポイントです。そうした経験は中学生の自尊心を養うもので、生徒の成長にとって大きなプラスになる部分だと思います。生徒たちが『ポスタビをやってよかった!』と感じる一番のポイントなのではないでしょうか」(川邊先生)

3月の学習発表会「GPA(Global Presentation Award)」での発表シーン。中1と中2は混合チームでポスタビの成果を発表します。3月の学習発表会「GPA(Global Presentation Award)」での発表シーン。中1と中2は混合チームでポスタビの成果を発表します。
3学期の総合的学習の時間は、ほぼすべてポスタビに費やされます。3学期の総合的学習の時間は、ほぼすべてポスタビに費やされます。

(この記事は『私立中高進学通信2021年7月号』に掲載しました。)

東京家政学院中学校  

〒102-8341 東京都千代田区三番町22
TEL:03-3262-2255

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】地域で働く大人の“想い”を表現「ポスタビ」が育む自立心と自尊心
【制服物語】75周年を機に先輩たちがつくった制服コーディネートできる自由度の高さが大人気
【WEB版『Hello! School』】「知」「徳」「技」を兼ね備えた女性を育てるキャンパスを探訪
【熱中!部活動】「自立した女性」の育成を部活動も主体性を重視
【私学の光輝】創立80周年を迎え、より存在感を増す建学の精神「KVA」
【私学だからできるオリジナル教育】家庭科実習で養う生きる力と協働の心
【中1の始め方】学校生活の基礎を築くための見守りを
【SCHOOL UPDATE】キャリア教育の集大成 シンガポール修学旅行 見る世界を広げ世界に羽ばたく女性へ
【Students' Chat Spot】少人数だから先生との距離が近い 気軽に相談できます!
【注目のPick up TOPIC!】シンガポールへの修学旅行で実現するグローバル女子教育とキャリア教育
【その先に備えるキャリア教育】結実 興味を深め、人間性を育みながら女性のライフプランを考える
【熱中!部活動】【料理部/ソフトテニス部】みんなで一つの目標に向かう喜びを知る
【子どもの自立を促す教育】商店を自分たちで取材 新しい環境でも物怖じしないコミュニケーション力を培う
【目標にLock On!! 私の成長Story】医療とは別の立場で患者をサポートしたい 夢に向かって次の一歩へ
【熱中!部活動】目標と役割を意識した練習で人間的な成長をも促す/部活動を通して学び身につける「社会的な役割意識」と「生きる力」
【未来を生き抜く学力のつけかた】eポートフォリオを活用したICT教育で主体性を育成
【中1の始め方】学ぶ意欲を高めるタブレットの新しい使い方
【学校生活ハイライト】すべてを自分たちの手で!自立した女性を育成する学校行事
【学びのプロセス】生徒の自尊心を育むeポートフォリオ
【母校にエール!OGOB interview】『ごきげんよう』のあいさつとともに大切に育てられた中高6年間
【その先に備える キャリア教育】中学からのキャリア教育で6年間の学びも充実
【制服Collection】創立75周年生徒の投票で決定!今までの伝統を残す清楚で上品な新制服
進学通信 2021年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ