Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

進学通信特集号WEB版『Hello! School』

東京成徳大学中学校

完全中高一貫校の強みを活かし
グローバル人材の育成をめざす

岩崎洋二郎先生

岩崎洋二郎先生

校名の「成徳」とは「徳を成す人間の育成」を意味します。この「成徳」の精神を持つグローバル人材の育成が同校の教育目標。その実現に向けて完全中高一貫校の強みを最大限に引き出すキャンパスを訪問しました。

記者プロフィール

埼玉県在住。2児の父で、小学4年生の長男に中学受験をさせようかと検討中。

先生

入試広報部の岩崎です。中高一貫生は、この校舎で6年間を過ごします。では、私がご案内します。

記者

今日は楽しみにしていました。よろしくお願いします。

廊下

先生

最上階の6階からご案内します。

記者

絵がたくさん飾られています。マルク・シャガールですか?

先生

そうです。各階の廊下には、こうした近代絵画の複製など複数展示されています。どれも、校長の木内秀樹が選んだ作品です。毎日の学校生活の中で、名作の数々を目にすることで、感性を豊かに育んでほしいという校長の願いが込められています。

美術室

先生

こちらが美術室です。作品を様々な角度から均等な明るさで見られるように、特別な照明を採用しています。

記者

創作活動に適した環境となっているのですね。

陶芸室

先生

こちらは陶芸室です。高校生の美術の授業で使用します。

記者

窯もあって、作品が焼けるのですね。陶芸室のある学校は珍しいです。

先生

こちらは音楽室です。

記者

広くて明るくて快適な空間ですね。御校が感性を育む教育に力を入れていることがよくわかります。

和室

先生

和室もあります。茶道部がここで稽古をしています。

記者

この部屋も広いですねえ。

先生

百人一首大会の会場にも使用されています。今年はコロナの影響で実施が懸念されていますが、本校では中3の3学期に、全員がニュージーランドに3ヶ月間の留学をします。現地の人たちに日本文化を紹介できるように、この部屋で茶道を学んでから旅立ちます。

先生

和室の外には日本庭園があります。

記者

ここが校舎の5階だとは思えません。

中2の教室

先生

続いて中学生の授業をご紹介します。こちらは、中2の英語です。生徒が前に出て、自分の意見を英語で発表しています。本校では、こうしたアクティブラーニング型の授業の実践に力を入れています。

記者

生徒さんは全員、タブレットを使っていますね。

先生

本校では生徒が自ら学びを深めていく姿勢を大切にしています。中高6年間を通して本校で培ったプレゼンテーション能力や問題解決能力は一生の財産になるはずです。それを実現するツールのひとつとして全員にiPadを持たせています。

記者

与えられた知識は忘れてしまえば、それで終わりですが、自分から学び続ける姿勢を持っていれば、新しい知識を吸収して活用できますからね。

武道体育館

先生

こちらは武道体育館です。高2の生徒が体育の授業をしています。

記者

こちらも広くて快適で、思い切り体を動かせそうです。

中1の「自分を深める学習」

先生

こちらの教室では、中1が「自分を深める学習」に取り組んでいます。これは本校独自のプログラムで、中1は「自分とは何か」、中2は「なぜ学ぶのか」、中3は「どう生きるか」を真剣に考えて模索していきます。

記者

教科書は何を使っているのですか?

先生

今日の授業では、男性がボランティアで高齢者の家庭を訪問した時の体験を述べた文章をテキストにして学んでいます。これを読んで、生徒は「善とは何か」を考えます。

先生

授業が終わった後、生徒は「振り返りシート」に自分の考えを書いてまとめます。教員はコメントを記して生徒に返します。

記者

「ボランティア活動に参加する時は、どのような心構えが必要でしょうか?」という問いかけに、生徒は自分なりの意見を綴っていますね。

コロナ対策1:手を洗う生徒たち

先生

本校の中高一貫コースの教育計画を支える要素のひとつが「安心・安全」です。教員たちが心をひとつにして、生徒たちが健やかに学校生活を送ることができるように努めています。そこで、コロナの感染防止のために手洗いやうがいを徹底しています。

記者

保護者の方々は安心してお子さんを御校に預けられますね。

コロナ対策2:ランチは静かに

先生

お昼休みもご覧のように距離を空けて、会話をせずにお弁当を食べるようにしています。これもコロナの感染防止対策の一環です。

記者

本来なら、みんなで楽しくおしゃべりしながら食事を楽しみたいと思いますが、コロナが収束するまでぐっと我慢ですね。

ミーティングコーナー

先生

こちらはミーティングコーナーです。生徒が教員に進路の相談をしています。2階から4階まで各フロアに、このコーナーが設けられています。生徒がくつろいだり、学びあったりすることができます。

記者

職員室が近いので、先生に質問して、ここで教えてもらうこともできますね。

グローバル・ラウンジ

先生

最後にグローバル・ラウンジをご紹介します。ここにはネイティブの教員が常駐していて、生徒は自由にここに来て、英語によるコミュニケーションを楽しむことができます。

記者

ニュージーランド学期留学の前にここに来れば、英会話のトレーニングになると思います。

先生

ええ、ここならリラックスできるので、ネイティブの教員との会話が弾みます。

記者

今回、御校を訪問させていただき、広く明るく開放的な校舎で生徒さんがのびのびと学んでいること、また、御校の教育についても知ることができました。今日はどうもありがとうございました。

先生

前もってお電話をいただければ、このように校内をご案内できますので、多くの受験生や保護者の方々に、本校の生徒の様子もあわせてご覧いただければと思います。

東京成徳大学中学校  

〒114-8526 東京都北区豊島8-26-9
TEL:03-3911-7109

進学通信掲載情報

【生徒に聞く学校生活】ICTを活用した、新しいイベント運営に取り組む
【WEB版『Hello! School』】完全中高一貫校の強みを活かしグローバル人材の育成をめざす
【未来を切り拓くグローバル教育】中3の全員留学を通して自己を確立、主体性を育成
【実践報告 私学の授業】生徒の創造性を引き出す教育でApple社・ADS認定校に
【グローバル特集 留学】ニュージーランド学期留学に中3生全員が参加
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生に相談しやすい校風のおかげでつまずいた問題は学校ですべて解決
【私たち、僕たちが大好きな先生】音楽は心を開くツール 音楽科の授業がグローバル教育にも大いに役立つと思います
【未来を切り拓くグローバル教育】他の留学生とともに学ぶ全員参加の中3学期留学
【実践報告 私学の授業】ICT活用で広がる表現力思考力・創造力を育てる教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】やりたいことをやりたいようにやれば自分の進むべき道が見えてくる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考し話し合う時間を重視しタブレットで授業を効率化
【SCHOOL UPDATE】ICT導入で変わる学び 生徒に1人1台支給タブレット学習で効率化を実現
【Students' Chat Spot】中学での留学制度が進路の決め手に!またニュージーランドへ行きたい。
【目標にLock On!! 私の成長Story】エネルギー問題に興味を持って進路決定 時間の有効活用を考え抜いて現役合格へ
【目標にLock On!! 私の成長Story】今につながる経験ができた中高時代 人生の岐路には先生や友達がいた
【授業見聞録】理科 授業時間の3分の1を占める実験で「自ら考えて検証する」力をつける
【グローバル時代の学び方】中3全員参加のターム留学 2020年に向けて始動
【私学の光輝】入学式 中学生としての誇りと自覚を胸に刻む
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】全員参加の海外学期留学 心を育てることを重視して真のグローバル人材を育てる
【Students' Chat Spot】桐蔭祭への意気込みと学校の魅力
【学校生活ハイライト】「みんなでがんばる喜び」を味わう体育祭
【自立と自律】海外や野外での体験を通してたくましい生徒を育てたい
【キャンパス歩き】「文武両道」を支える充実した施設で創造性と自律心を育む
【めざせ 次代のグローバルリーダー】世界に胸を張って飛び出せる たくましい生徒を信念をもって育てる
【授業発見伝】理科 失敗から学ぶ実験の意味 「なぜ」を深める振り返り
【全人教室│心を育む私学の授業】感じて、行動して、考える… 自分を深める学習で人間力を伸ばす!
ページトップ