Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

進学通信特集号WEB版『Hello! School』

帝京大学系属帝京中学校

それぞれの夢に向かって遠慮は無用。
伝統の「帝京魂」で青春を突っ走れ!

久保健太先生

久保健太先生

JR埼京線「十条駅」から帝京へ。勤勉を表すミツバチを、知育・徳育・体育を表す桜の花で囲む校章のように、文武両道に励む活動的な生徒たちの誇りがぎっしり詰まった学び舎です。

記者プロフィール

東京都在住。小5の娘の中学受験を応援する元高校球児のパパ。運動神経に優れた娘を誇りに感じながらも、学業にも手を抜かずに取り組んでほしいと願っている。

先生

社会科教諭の久保です。本日は私が学校案内を担当します。

記者

久保先生、どうぞよろしくお願いいたします。

制服

先生

まずは制服からご案内します。冬制服は、男女共に紺色のブレザースタイルです。男子はグレーのスラックス。女子は赤系と青系、2種類のチェック柄のスカートを合わせます。

記者

スカートが2種類から選べるなんて、きっと娘も喜びそうです。

先生

入学式や卒業式などの行事の際は赤系が正式で、それ以外は赤系でも青系でも大丈夫です。

記者

夏服もバリエーションがありそうですね。

先生

はい。夏服は男女共に色違いのポロシャツで、自由に着こなしが楽しめるところが人気です。特に男子は紺色が好きですね。女子は、紺色のポロシャツに水色のスカート、あるいは、白のポロシャツに水色のスカートというコーディネートが好きなようです。

栄光の軌跡

先生

本校には17の運動部、16の文化部があります。これらのトロフィーや盾、表彰状などは、そんな生徒たちの活躍のほんの一部です。

記者

中学の部活動はどのようなペースで行われているのですか。

先生

本校では「余暇の善用」といいまして、部活動と勉強の両立ができるよう、活動日数は原則週3回と決めています。

記者

なるほど、余暇の善用ですか。いい言葉ですね。

先生

平日は18:00、土曜は16:00が完全下校時間です。一貫特進コースの生徒で86%、一貫進学コースの生徒で89%の部活動加入率があります。

柔道場

先生

こちらが柔道場です。

記者

立派な道場ですね。

先生

男子は中3から「柔道」の授業があります。高校に進学してさらに腕を磨き、卒業時には有段者となる生徒が大勢います。

剣道場

先生

次は剣道場です。私が顧問を務めている剣道部と、少林寺拳法部が放課後に使用しています。

記者

中高合同で活動してるのですか?

先生

剣道部も少林寺拳法部も、中高一緒に活動しています。まだ幼い中1の面倒を、高校生のお兄さんお姉さんが優しく面倒を見ながら共に成長しています。

蜂桜館

先生

校章にちなんで、ほうおうかん・・・・・・という名称がつけられた体育館です。

記者

立派な体育館ですね。

先生

バスケットボールコートが2面取れる広さがあります。保健体育の授業のほか、バスケットボール部、バレーボール部、バドミントン部が放課後、仲良くシェアしながら使用しています。

先生

こちらが校章です。ミツバチは勤勉を、3つの桜は、知育・徳育・体育を表しています。

記者

学業だけでなく、部活動にも一生懸命に励む姿勢が求められるのですね。

先生

そのとおりです。(先生が写真を取り出しながら)ちなみに、これが本校の生徒たちの部活動中の姿です。こちらは「中庭」と呼ばれる狭いスペースでの活動の様子ですが、地面がソフトなラバー仕様になっているので、転んでも負担が少なくなっています。

記者

自分の好きなことに、全力で取り組んでいることがよくわかる写真ですね。

トレーニングルーム

先生

トレーニングルームです。中学生はまだ体力的にも難しいので使うことができませんが、高校生になると正しいレクチャーを受けたうえで、使用することができます。

記者

見た感じ、街中にあるジムより充実しているかもしれませんね(笑)。

視聴覚室

先生

視聴覚室です。どうぞお入りください。

記者

(小声で)失礼しまーす。大型のスクリーンを使って、何やら映像を見ていますね。

先生

保健体育の授業ですが、どうやら危険ドラッグについて学んでいるようですね。社会生活における善悪については、低学年のうちから徹底して教えるよう努めています。

帝京魂!

記者

進学実績ですね。「それぞれの道で帝京魂」と書いてあります。

先生

一貫生の進路実績は実に多彩ですが、帝京大学グループの3大学(帝京・帝京科学・帝京平成)への進学者は毎年、30%程度います。特に医療系の学部・学科があることで人気があります。

先生

進路閲覧室です。大学案内や過去問のほか、先輩たちが残したさまざまな受験データを閲覧することができます。

記者

面接で何を聞かれたとか…。

先生

そうです。ほかにも、小論文のテーマやその書き方、受験勉強の時間や具体的な勉強の仕方など、年齢の近い先輩たちの生の体験談が受験データとして集められています。

記者

まさに帝京魂で合格を勝ち取った、リアルな体験記なのですね。

図書室

先生

次は図書室をご案内します。蔵書数は約2万5,000冊あります。

記者

奥には学習スペースもあるようですね。

先生

中学生は18:00まで、高校生は19:00まで、図書室を「学習室」として利用することができます。放課後の2時間、各教科の教員が日替わりで常駐していますので、質問対応も万全です。

講義室

先生

こちらは講義室です。本校は分割授業や選択授業が多いので、このような小さめの教室を全部で8つ用意しています。

記者

大学時代のゼミを思い出しました。

先生

なるほど。中学の英語と数学は、習熟度別の分割授業が基本です。生徒一人ひとりをしっかりと、きめ細かく見ています。

ラウンジ

先生

ネイティブ教員の職員室です。お昼休みにここに来て、英会話を楽しむ生徒もいます。

記者

身につけた英語力を、気軽に試すことができる場所があるというわけですね。

先生

時には自信がなさそうな生徒に、ネイティブ教員の方から声を掛け、マンツーマンで指導することもあります。とてもフレンドリーな先生ばかりなので、怖くはありませんよ(笑)。

こだわりのアーチ型

記者

先生、廊下がカーブを描いているのですね。

先生

そうなんです。実は校舎はグラウンドを囲むように建っており、すべての教室に明るい陽が入るよう、こだわってアーチ型にしたと聞いています。

先生

実際にHR教室に入ってみましょう。中1の教室です。

記者

(小声で)失礼しまーす。お、プロジェクターもしっかり整っていますね。

先生

いよいよ2021年度から、1人1台のiPadを使った本格的なICT教育が始まります。楽しみにしていただけると嬉しいです。

化学実験室

先生

実験室もご覧ください。こちらは化学実験室で、このほかに、生物実験室と物理実験室があります。

記者

専用の実験室が3つあるのですね。生徒さんたちの白衣姿も決まっています。

ITルーム

先生

ITルームです。本校の情報教育の中枢を担う拠点で、校内に2カ所あります。

記者

広くて使いやすそうですね。

先生

デスクトップやタブレットを使った授業を行っています。この部屋に入るのを楽しみにしている生徒がとても多くいます。

育まれる科学の心

記者

先生、何やら素晴らしい研究の成果が掲示されているようですが。なになに、“メダカの聴覚と学習行動に関する研究”ですって。

先生

2018年度に、本校の高校生が『ジュニア農芸化学賞』を受賞した研究です。

記者

それもまた素晴らしい功績ですね。

先生

一貫生のあるグループが、中学時代にメダカの行動に興味を持ち、高校でもその研究を続けた結果の栄冠です。本校には個性豊かで多彩な生徒たちが学んでいるという証左でもあります。

キャンティーン

先生

「キャンティーン」という名称がある食堂です。午前の授業が終わった瞬間から、男子を中心にお腹をすかせた生徒たちが駆け込んできます(笑)。

記者

でしょうね(笑)。みんなどんなものを食べているのですか?

先生

お弁当持参の生徒もいますが、キャンティーンならではの特製弁当も好評です。1食当たり平均350円で、各種大盛りはプラス100円です。パンもおいしいと評判で、特にメロンパンが人気ですね。

記者

中1から利用できるのですか?

先生

もちろんです。中1は本当に嬉しそうに食べていますね。お弁当を持ってきているのに、友だちにつられて唐揚げを買って食べたり(笑)。そんなコミュニケーションを楽しむ場所でもあります。

調理実習室

先生

調理実習室です。コロナ禍の今は使用を控えていますが、生徒たちは調理実習ができるようになることを楽しみにしています。

記者

今は制限が多い中での学校生活ですが、何とか楽しく乗り切ってほしいですね。

先生

本当ですね。蜂桜祭(文化祭)では食品団体という形で、大活躍する調理実習室です。あの歓声が戻ることを信じて、これからも徹底して感染拡大対策に努めてまいります。

書道室

先生

書道室です。一貫進学コースの生徒が週1回、「書道」の授業で使っています。また、本校では「書写検定」にチャレンジすることもサポートしています。

記者

チャレンジできる場面が色々あるのって、とてもいいことですね。

生徒玄関

先生

こちらが生徒玄関です。中学生も高校生も、朝は必ずここから各HR教室に向かいます。

記者

あれ? 下駄箱がないような…。

先生

そうなんです。教室まで外靴で行き、教室の後ろにある下駄箱で上履きに履き替えるのが帝京流です。

記者

生徒玄関の正面に掲げてあるのは、校歌ですね。高校野球ファンにもよく知られています。

先生

ありがとうございます。硬式野球部が勝ち進んだ時には「全校応援」という行事があり、中学生も神宮球場のスタンドで、校歌を高らかに歌い上げます。中高一体となっての応援は、とても感動的です。

グラウンド

先生

人工芝を張り替えたばかりのグラウンドです。

記者

「Teikyo」の白い文字が、鮮やかなグリーンに映えてかっこいいです!

カウンセリングルーム

先生

保健室の中にある、カウンセリングルームもご案内します。

記者

中高6年間を過ごす学校ですから、必要になることもありますからね。

先生

公認心理師のスクールカウンセラーがおり、生徒や保護者の相談にも応じています。直接学校に来られない場合は、電話で相談することも可能です。

作法室

先生

最後にご覧いただくのが作法室です。

記者

どんな時に使うのですか?

先生

茶道部、華道部、百人一首競技かるた部が使っています。震災など非常時の際は、宿泊所としても使用しました。

創立者

先生

以上でご案内は終了です。何かご質問はありますでしょうか?

記者

あちらの銅像は?

先生

創立者の冲永荘兵衛先生です。本校は1943(昭和18)年に、冲永先生が創立した旧制帝京中学校を前身としています。

記者

約80年前ですか…、文武両道の伝統校で学ぶのも有意義かもしれませんね。今度は娘と一緒に伺いたいと思います。今日はどうもありがとうございました。

帝京大学系属帝京中学校  

〒173-8555 東京都板橋区稲荷台27-1
TEL:03-3963-6383

進学通信掲載情報

【集まれ同窓会】どんな生徒も「頑張りたいこと」を見つけて成長していける学校
【WEB版『Hello! School』】それぞれの夢に向かって遠慮は無用。伝統の「帝京魂」で青春を突っ走れ!
【校長が語る 自立へのプロセス】「夢や目標があればがんばれる大切なのは自ら考え行動する力です」
【私学だからできるオリジナル教育】思考力・表現力を鍛える中3の卒業論文
【行ってきました!学校説明会レポート】普段の学校生活について 在校生の"生の声"を聞く
【私学の光輝】壮大なスケールの合同入学式で晴れやかに学園生活をスタート
【SCHOOL UPDATE】AED講習
【SCHOOL UPDATE】夏期希望講習「STOP! 忘災」(災害を忘 れない) いざという時に決断し自分も仲間も守れるリーダーに
【本音で語る保護者座談会】クリーン作戦で地域と密着!生徒だけでなく保護者も楽しんでいます
【熱中!部活動】【居合道部/少林寺拳法部】中高生とOBが世代を超えて助言し合って向上できる
【Students' Chat Spot】自由な校風と伝統、どちらも大切に受け継いでいきたい。
【SCHOOL UPDATE】先生や生徒たちと触れ合い「帝京を感じる一瞬」
【6年間の指導メソッド】ていねいな学習指導が実を結び大きく躍進
【6年間のメンタルケア】学校を挙げていじめを未然に防ぐため『いじめ対策委員会』を設置
【熱中!部活動】【女子ラグビー部】勉強も部活動も“勤勉・努力”一緒にがんばる帝京仲間
【Students' Chat Spot】難関大学突破をめざす「一貫特進コース」 第1期生が語る学校生活や勉強の様子
【私学の光輝】合同入学式 将来の夢を胸に 新しい学校生活をスタート
【学校生活ハイライト】練習を通じて 自主性を高め絆も強くなる合唱コンクール
【10年後のグローバル社会へのミッション】“生きる力” を引き出すイギリス語学研修
【Students' Chat Spot】難関大学突破をめざす「一貫特進コース」の第1期生授業風景
【学校生活ハイライト】同級生と仲良くなって勉強の仕方もしっかり身につくオリエンテーション
【母校にエール!OGOB interview】一貫校ならではの触れ合いが医師の業務に役立っています
【制服Collection】2015年度から新たな制服で始動する「一貫特進コース」への意気込み
【On Going! 進歩する私学の注目情報】難関大学合格をめざす『一貫特進コース』が誕生
【私学の光輝】スケール感を肌身で感じ、世界へのイメージを膨らませる
ページトップ